面接のポイント

久しぶりの面接はどうする?ブランクがあったときの面接必勝術!

更新日:

Pocket

再就職や転職にブランクがある場合、理由や面接に悩みますよね。

特にブランクが1〜2年以上あるときは、面接も久しぶりだし、受け答えに慣れないといけません。ブランクである空白期間の理由も、しっかり考えなければ再就職・転職は厳しくなります。

そこでここでは、私自身の経験をもとに、久しぶりの面接におけるポイントとブランクがある場合の面接攻略の秘訣を記述しておきます。数年のブランクって大きいです。面接も久しぶりで、自分が思っているよりも上手くいきません。

久しぶりの面接はどうするべきか、ブランクの理由はどう説明するのかを参考にしてみてください。

 

まずは応募!業界や職種は1〜2まで絞る!

久しぶりの面接の前に、まずは面接に進むまでが第一歩です。

ブランクが数年単位である場合は、面接はもちろん、書類審査で落とされることが多いです。数打ちゃ当たるではないですが、一社でも多く求人に応募しておきしょう。

応募する求人は、ある程度やりたい職種や業界は絞っておきます。

できれば前職の経験やブランク期間に関連した職種・業界がいいです。志望動機や自己PRにつながりやすく、面接での受け答えでも一本筋が通った話ができるはずです。

再就職・転職する求人は、少しでもやりたいことや興味があることでないと理由が書けません。その業界に興味を持つ理由はなんなのか、なぜその仕事がしたいのか、といった未来につながるイメージをさせることができればいいのです。

できる求人をたくさん見ながら、自分がやりたい職種や業界を絞っていくことをおすすめします。

 

1社目は練習?失敗に利用する!

書類が通ればいよいよ面接ですが、ブランクがあると「面接」という特殊な場は久しぶりです。

普段からコミュニケーションを取っている人でも、「誰かに評価される」「自分を試される」という場面はそれほど多くありません。そのため、自分が思っている以上に面接での受け答え、筋の通った話は意外にできないものです。

本当に受かりたい会社で面接を成功させるには、練習と自己分析が大切。久しぶりの就職を成功させるには、一社目の面接を練習に利用するのです。

自分の課題、問題点が見えてくる

「面接」という自分が試される特殊な場面では、面接官という人を通して「自分」を見つめ直すことができます。緊張というものが相まって、意外と自分の本音がポロポロと出てきます。

「こんなこというはずじゃなかったのに」「なんか自分のやりたいことと違うな」というような自分の本音や、客観的に見た自分を見ることができます。

自分の本音とは意外にわからないものです。人は、緊張や崖っぷちのところで本音が見えてくる生き物です。ある程度は初めから考えてはいても、「自分は本当は何がしたいのか」「どんな働き方がしたいのか」というような「本当の自分」を知ることができるのです。

また、「なぜ落ちてしまうのか」「こんなところがダメだった」といった面接における自分の問題点もハッキリするため、次の面接や本命に活かせるメリットがあります。

 

答えられない、苦手な質問がわかる

面接な苦手な方は、自分がいつもつまずく質問や苦手なやりとりがあるでしょう。面接が得意な方も、これを聞かれると「止まってしまう」質問や、いつも曖昧な答えになる質問があるのではないでしょうか。

面接というのは、どこの企業もある程度は同じ内容の質問をします。中にはかなり特殊な質問をする会社もあるでしょう。

たった一つの質問が、面接の合否に関わることは大いにあります。すべての質問に答えられるようになる必要はありませんが、苦手な質問や答えられない理由はなぜなのかを知る必要があります。

それがわかると、自分の根っこの部分、つまり根本的に面接が成功しない理由がわかります。

 

久しぶりの面接に慣れる

やはり、面接に慣れておくというのは重要です。面接というのは、自分が思うほど上手く話せないものです。久しぶりならなおさらでしょう。

普段の友人や知り合いとコミュニケーションを取るのとは訳が違います。面接というのは、自分を売り込むために行う「営業」のようなものです。いわばプレゼンです。

面接は何度やっても緊張しますし、うまく話せないことは当然です。

しかし、練習や面接という場面に慣れておくと、「話せない」「答えられない」といった内容以前の問題で弾かれてしまいます。面接で伝えたいことは、あなたの人柄や経験、本当にやりたいんだという熱い想いですよね。それ以前で失敗してしまうのは、本当にもったいないです。

スムーズな受け答えと堂々とした姿勢は、しっかりと人柄をアピールし、あなたという人間をより価値のある人材へと引き上げてくれます。

久しぶりの面接で大切なことは、何度も言いますが、面接という特殊な場面に慣れておくことです。

 

きちんと面接の練習や攻略法を知りたい場合は!

場数で面接慣れをしていくことは勇気がいる方もいるでしょう。

きちんと面接の練習をしたい人や、面接でのポイントを知りたい人は、就職・転職エージェントを利用することをオススメします。転職エージェントでは、求人の紹介から内定するまでをマンツーマンでサポートしてくれます。

エージェントでは、企業ごとに面接対策をカスタマイズしてくれるところも多く、一社ごとにしっかりと練習と面接でのポイントを教えてくれます。

就職・転職エージェントでは、必ず就職先を決めなければならない訳ではないので、面接対策や情報収集として利用する人もたくさんいます。もちろんエージェント側でも、そういった利用も進めています。

数年単位でブランクがある人は、「ハタラクティブ」がおすすめです。既卒・フリーターなどの中心に、ブランクがある人でも安心して働けるようにサポートをしてくれます。求人は大手から中小まで幅広くあるため、まずは相談してみるといいでしょう。もちろん無料です。

ハタラクティブ

 

未経験でIT系に絞りたい人は、「WORKPORT」がおすすめです。やはりIT系の求人数や他社にない紹介企業数はダントツで多いですし、少しでも強みになるところを絞り出してくれます。ワークポートももちろん無料なので、求人を見てみるところからスタートしてもいいかもしれませんね。

ワークポートテック







おすすめ記事一覧

1

現在、新卒での転職をする人は全体の3割にもなります。世間一般では新卒での転職は厳しいものとされていますが、一度リタイヤしてしまった人や辞めたくてつらいという人を応援する風潮も高まっています。 そこで新 ...

2

新卒で入社して、まだ数ヶ月や1年で転職ってできるの?と考えている方は多いです。僕自身も新卒入社してわずか1年で転職をしました。新卒で、早いうちに転職をしておいて本当によかったと思っています。 新卒で転 ...

3

転職活動を行うときって、在職中にするか退職してからするかによって日程調整などのスケジュール管理が大変ですよね。ましてや企業によっては平日のみ、面接や説明会などがあるところもあります。 しかし、それらス ...

-面接のポイント

Copyright© 入社1年目の転職 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.