職種

第二新卒の未経験から「アパレル業界」へ転職する方法と成功の秘訣!

更新日:

Pocket

第二新卒として転職し、「アパレル」で働きたいという方もいるのでしょう。新卒で入社し、実際に働くことで見えるものってありますよね。「昔からアパレルで働くことに憧れていた」「一度諦めたアパレルの仕事をしたいと思うようになった」など、転職してアパレル業界で働きたいという人はたくさんいます。

しかし、「アパレル業界の将来の不安」や新卒の未経験でもアパレルで働けるのかということ、今の会社で経験を積んでからの方がいいのかなど、新卒で転職することに足踏みしてしまいますよね。でも、今だからできることもあるということを、知っておいてください。

ここでは、アパレル業界へ転職するということやその転職方法をご紹介します。

 

アパレルの仕事

アパレル業界の仕事にも種類があり、アパレルの華形でもあるショップスタッフなどの「販売員」、各地から売れる商品を仕入れて値段やレイアウトまで決める「バイヤー」、あらゆる服を企画・デザインして短らトレンドを生み出す「デザイナー」、デザイナーがデザインした服を形に興す「パタンナー」、市場調査や動向を管理する「MD:マーチャンダイザー」、マーケティングなどの広報を担当する「プレス」など、アパレルと言っても実に様々な職種があります。

【アパレルの職種】

  • ショップスタッフ
  • ショップマネージャー(店長)
  • ブランドマネージャー
  • ファッションデザイナー
  • パタンナー
  • マーチャンダイザー(MD)
  • プレス
  • バイヤー
  • 生産管理、在庫管理
  • etc…

アパレル業界で働きたいといっても、たくさんの職種があり、どこの仕事をしたいのかをはっきりさせておいた方がいいでしょう。ただ、ショップスタッフからは様々な道が開けており、ショップスタッフからのし上がるというキャリアステップが基本でもあります。

この記事では、アパレルの代表格とも言える「ショップスタッフ:販売員」をメインに内容をまとめていきます。これからアパレルに転職したいという人は、まずショップでアパレル業界の全体を学んでいきましょう。

 

アパレルの魅力

アパレルの仕事といえば、華やかで女性はもちろん、男性でも憧れを抱く人が多い仕事です。女性は「ファッション」には敏感ですし、毎日着たい服やかわいい服を着てお仕事できるというのは魅力的です。オシャレを楽しみながら働けるというのは、アパレル業界ならではでしょう。

アパレルの仕事は接客がメインであるため、日々のお客さんとのコミュニケーションが楽しく仕事ができる魅力でもあります。会社員などのオフィスワークにおいてもコミュニケーションは取りますが、アパレルの仕事は一対一であるため、自分と顧客との会話です。誰かに気を遣いながらコミュニケーションをとるのではなく、自分本位で話ややり取りを進めることができます。

また、アパレルの販売にはノルマ等がありますが、自分の実力次第で上を目指せるというのも魅力でしょう。普通の会社で働く場合、組織で動くため必然的に自分本位では仕事ができません。そのため自由な立ち回りができず、評価もされにくいデメリットがあります。しかし、アパレル販売の仕事は個人での評価がされやすいというメリットがあります。

いつまでも自分を高めていける、美意識を保ち、いつまでもキレイでいられるというのも魅力です。

 

アパレル販売員に向いている人

アパレル販売員には未経験でも第二新卒でも転職することはできますが、その中でも向き・不向きはもちろんあります。向いていないからアパレルで働けないというわけではなく、あくまで続けられるかどうかの「相性」になります。

アパレル業界は、販売員はもちろんのこと「コミュニケーション能力」が必須になります。人と話すことが好きであったり、接客することに抵抗がないことが絶対とも言える条件です。ただ話すことが好きということではなく、相手の話をきちんと聞き、会話の成り立つコミュニケーションが取れる人は向いています。

相手の気持ちに立ったり、気配りができる方もアパレル販売員には向いていると言えるでしょう。接客は相手の立場に立って考えることが基本であり、服を買ってもらうにはお客さんの気持ちを理解してなければなりません。これはスタッフ同士でも言えることになります。

中にはコミュニケーションを取ることが苦手な方もいますが、続かなかずに転職したり、キャリアアップでアパレル販売員ではなく違う職種に就く方が多いです。

また、上昇志向が強く、成長意欲の高い人はアパレル業界には向いています。アパレルほど実力主義の業界はないでしょう。個人の成績や努力次第で上にも下にもいける体制が強いため、生き残るには個人の能力や気持ち次第というところが大きいでしょう。

 

転職で活かせる職業やスキル

アパレルへの転職を考える場合、アパレル販売員は基本的に、未経験から始める人がほとんどなので、特に必要な資格やスキルありません。学歴も必要ないので、高卒でもなれます。

ただ、アパレルでなくても販売職の経験や営業職、飲食店など、対人スキルやサービス業の経験は活かせることが多いのは事実です。アパレルはサービス業なので、メインは接客になります。そのため、違う職種でもコミュニケーション能力を磨いてきた人は、大いに活かせることでしょう。

例えそれらの経験がなくても、ある程度のコミュニケーションが取れる人であれば全然働けるのがアパレル販売員です。

 

アパレル販売員は未経験からが基本

前述しましたが、アパレル販売員の仕事はそのほとんどが未経験からのスタートです。お店やブランドごとの特徴はありますが、すべての基本はその店で学ぶというのが基本です。

接客業などで働いた経験がなくても始められるのが、接客を基本とするサービス業です。そのため、正直「誰でもなれる」というのがアパレル販売員ですので、未経験だからと不安にならずに、挑戦してみる価値は十分にあるということです。

 

覚悟しておかなければならないこと

一見、華やかに見えるアパレル業界ですが、その裏実は厳しい現実があることも理解しておかなければなりません。

最も挙げられるのが「給料」などの賃金面です。基本的にアパレル業界の賃金は低く、企業にもよりますが「ボーナス」や「手当て」などもほとんどありません。さらに、アパレル販売員は自社製品を着用しなければならないため、社員割引があるにしろ、毎月の出費は大きいでしょう。

贅沢はできない仕事であるため、アパレルで働くやりがいや意志をしっかり持っていなければ、続けることは難しいでしょう。普通の企業から転職する場合、お金の面では厳しくなることを覚悟しておきましょう。

 

アパレル(販売員)というと、お店に立ち、お客さんの相手をしていればいいと思う人もいますが、それはあくまで表向きであり、地道な作業や体力のいる仕事でもあります。

店舗や企業によっても多少の違いはありますが、商品の袋向きから商品陳列、在庫管理、ディスプレイやレイアウトの変更、ノルマ達成や顧客一人一人の相手までたくさんの業務があります。1日立ちっぱなしで店の中を歩き回り、商品の入った思いダンボールやディスプレイ用の備品を運んだりと、体力的にもきつい仕事です。

また、アパレル販売は休日や連休が勝負所になるため、休みは平日で、連休といったものはほとんどありません。周りの人とも休みを合わせづらく休みも少ないため、プライベートを重視する人には向かない職業でしょう。

 

正社員からのスタートは一般的にはあまりない

アパレル販売員として働く場合、基本的に「正社員スタート」はないと思った方がよいでしょう。というのも、アパレル業界は人の出入りが激しく、誰でも始められるため、「正社員」からスタートさせることは企業にとってリスクが大きいのです。

高級ブランドやスーツ店、一部のブランドでは「正社員」からの求人はありますが、品性や社会性を問われるので一般的なアパレルブランドよりも、ハードルが高いです。

アパレル業界で正社員として働くには、派遣社員や契約社員、アルバイトなどからキャリアアップするというのが一般的です。また、中途でのスキル重視の転職という形になります。

第二新卒として転職する場合も同様で、アパレル業界で正社員を目指すのなら、正社員募集をしている一部の企業か、派遣社員などから地道に正社員を目指すことが多いです。

とはいえ、正社員での募集している企業もありますので、まずは転職サイトや転職エージェントで求人を探してみるとよいですね。

>> 転職サイトで正社員の求人を探してみる

>> 転職エージェントで正社員の相談をしてみる

 

派遣からスタートしてみたいという方はこちら!

>> アパレル派遣なび

 

アパレル業界に転職する方法と採用されるコツ

アパレル業界に転職するには?

アパレル販売員として転職するには、店舗での求人広告や転職サイトを利用するのが一般的です。アパレル業界は入れ替わりが激しく、時代の変動が大きいため、求人を出している企業は多いです。

特に物がよく売れる秋・冬や、新生活をスタートさせる春頃は、求人の数も増え、転職するには活動しやすい時期になります。通常の転職と同じような時期ではありますが、アパレル業界の求人は年間を通して募集している企業が多く、割といつでも転職できるのが特徴です。

お店やブランドとの相性などもあるため、まずは転職サイトや求人広告に応募してみることから始めましょう。

また、ショップスタッフ以外の「パタンナー」や「バイヤー」などの専門職は、中途での募集がほとんで、第二新卒として転職するのはかなり難しいでしょう。

経験やスキルがものを言う職種であるため、経験のない第二新卒や異業種からの転職は不可能に近いです。まずは販売員としてアパレルの基礎や経験を積み、そこからキャリアアップを目指すというのが王道になります。

 

アパレル業界に入るための注意点

アパレル販売員としての転職は未経験からでもそう難しくありませんが、お店やブランド(企業)ごとの”色”や”イメージ”というものがあります。

実は、これがアパレル業界へ転職するハードルを上げている要因になります。

面接や就職に失敗した人には、もちろん「人柄」や「意識」などの人間的魅力で落ちることはもちろん、そのブランドイメージに合わないという理由で落ちることがあります。

極端な話ですが、女子高生や10代の若者が着る服の販売員が、20代後半や30代の人ではイメージに会いませんよね?また、控えめで清楚系のようなブランドに、派手なギャルやパンク的な人が採用されることはありません。

アパレルなどの感覚的な商売では、”イメージ”というものが非常に重要で、これこそが売れる売れないの根本になるからです。アパレル販売員(ショップスタッフ)は、「歩くマネキン」とはよく言ったもので、人は服を買うときに着たときのイメージで選びます。

そのため、自分が働きたいアパレルのブランドやそのイメージをきちんと理解していなければならないのです。

 

採用されるコツ、アピールポイント

ただ「アパレル」で働きたいという理由では、転職できる確率は下がります。自分が働きたい企業やブランドイメージ、その店の特徴といった研究は必ずしておくことが大切です。

とはいえ、あまり意識しすぎて行動できなくなることは避けましょう。自分がそのブランドに合っているかを決めるのは店側(採用側)になるので、ある程度の企業研究はしておいて、堂々と応募しましょう。

採用されるコツとしては、そのブランドイメージに合っていることと、コミュニケーション能力があることをアピールしましょう。

アパレル業界で働くためには、「コミュニケーション能力」は必須能力になります。お客さんに対して、「明るく振る舞えるか」「人と話すことに抵抗はないか」ということは必ず見られます。暗い印象や卑屈なイメージは、ブランドによっては合うこともありますが、基本的にNGだと思っていいです。

特に「笑顔」や「豊かな表情」というのは、お客さんに安心感と買いやすい売場を提供できるため、明るくハキハキとした面接態度で臨むようにしましょう。

ブランドに合わせるという意味では、「知的な印象」などもアピールすることも有効的です。

 

新卒未経験でもアパレルに転職はできるが、

アパレルの仕事は決して楽な仕事ではありません。表向きの明るく楽しそうな現場の裏には、隠れた努力と地道な作業があります。

第二新卒として「アパレル業界」を目指すのならば、その仕事をもう一度確認し、自分の気持ちを再確認してください。新卒でも未経験でも関係ありません。どうにでもなります。最後は、あなたの思い一つと努力次第なのですから。

 







おすすめ記事一覧

1

現在、新卒での転職をする人は全体の3割にもなります。世間一般では新卒での転職は厳しいものとされていますが、一度リタイヤしてしまった人や辞めたくてつらいという人を応援する風潮も高まっています。 そこで新 ...

2

新卒で入社して、まだ数ヶ月や1年で転職ってできるの?と考えている方は多いです。僕自身も新卒入社してわずか1年で転職をしました。新卒で、早いうちに転職をしておいて本当によかったと思っています。 新卒で転 ...

3

転職活動を行うときって、在職中にするか退職してからするかによって日程調整などのスケジュール管理が大変ですよね。ましてや企業によっては平日のみ、面接や説明会などがあるところもあります。 しかし、それらス ...

-職種

Copyright© 入社1年目の転職 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.