はじめまして。私は新卒で入社した会社をわずか1年で退職し、そして転職をしました。その後も早期退職や転職を経験し、今では人事で面接をする立場になっています。

このサイトは、新卒入社1〜2年目で転職を考えている人の参考になればと立ち上げました。私の経験や知識をもとに正しい転職方法や気をつけるべきポイントなどをまとめています。

要点だけを読みたい人はこちらへ!

 

入社1年目の転職|知っておくべきリスクと可能性!

まずはじめに知っておいてほしいことは、新卒や入社1年目でなくとも転職をするということは、少なからずあなたの人生を変えます。

それは、良くも悪くも今の現状には戻れないということです。

「新卒」、つまり入社してからおおよそ3年以内に「第二新卒」として転職することは、今ではそれほど珍しくなくなりました。それは良いことでもあり、悪いことでもあると思います。新卒を捨て、入社半年〜1年目で転職をするということは、それ相応にリスクが伴います。

ですが反面、その決断で見える可能性があります。

リスクをきちんと理解した上で、自分がどうして転職をしたいのか、リスクを負っても成したいことなのかをよく考えてみてください。

 

入社1年目で転職するデメリット

転職するリスクとデメリット

すぐ辞める人間だと思われる

履歴書に傷がつき、職歴はないに等しい

転職先が必ずしもよいとは言えない(転職先の環境が悪い)

新卒で入社した会社を1年目で転職するということは、リスクは付き物です。ほぼ職歴はなく、転職する際に大きなデメリットになります。

いかなる理由があろうと履歴書には早期退職をした経歴がつき、書類審査などでは不利になる場合が多いです。

日本の世間一般ではわずか1年ほどで会社を辞めてしまうと、理由にもよりますが「嫌なことから逃げ出す人間」「また次の会社でもすぐにやめてしまうだろう」というレッテルを貼られてしまいます。

最近では、第二新卒の転職市場もよくなってはいますが、まだまだ悪いイメージがつきやすいのが現状です。

また意外に多いのが、転職したとしても状況が改善されなかったという場合です。

入社1年目で辞めてしまうと、会社での在り方や働き方、社会人としての強さも未熟なため、すぐに嫌なことに目がいってしまいます。会社を見る目も不確かなため、ブラック企業や状況が変わらない会社へ入社してしまいます。

また、受け入れてくれる会社もブラック企業ではないかの注意が必要です。

しかし、ブラック企業だけでなく、新卒でも転職したことを評価する企業もありますし、若手を欲しがる企業は中小から大手まで幅広く存在します。

また、やりたいことや目的があるのならそれに向かって進むことができます。自分の人生ですから、それに向かって行動することで見える可能性(メリット)は大きいです。

 

入社1年目で転職するメリット

転職するメリットと可能性

自分のやりたいことをやれる

早く動くことで、吸収できることが多い

人生という限られた時間を無駄にしなくて済む

体を壊すことを回避できる

気持ちをリセットできる

決断力、行動力がつく

新卒入社1年目で転職するということは大きなかけでもありますが、転職することで見える未来もありますし、自分のやりたいこと・できることの可能性を見ることができるのです。

新卒での転職はまだ早いと思う方もいるでしょうが、それが異業種であるならば早いうちに転職した方がいいです。早ければ早いほど吸収できるものも多いですし、自分が望まない職種でかけた時間は戻りません。

人生は限られていますので、どこに時間をかけるかということは大切なことです。何でも若い(早い)うちと言いますが、その時にしかできないこともあります。

また、今まで憂鬱な気持ちで身体を壊しそうだったなら、それをリセットし、新たな気持ちで再スタートすることができます。生きていれば何度でもやり直しできますが、身体を壊してしまっては本末転倒です。

乗り越える力も大切ですが、健康でいることが一番です。

リスクを犯してまで早くに行動することは、決断力や行動力が身につきます。逃げの転職ではなく、きちんと目的を持った意味のある行動であれば、勇気を持って行動したことは後の自信に繋がります。

 

 

入社1年目の転職|転職活動の基本

入社一年目の転職というと、「はじめての転職」になる人がほとんどだと思います。

基本的には学生時代に行ってきた就職活動のように、在職中、もしくは一度退職をしてから就職先を探す活動=転職活動を行います。

メモ

下記は、転職をするまでの一連の流れになります。会社の状況や仕事内容などで順序の入れ替わりはありますが、一般的な会社員での転職するまでの流れになります。

転職活動は在職中と退職後のどちらでも自由ですが、在職中にされる方が多いです。

一般的な転職までの流れ

  1. (転職活動)
  2. 退職の意思表示
  3. 退職の了承
  4. 後任者への業務の引継ぎ
  5. 有給休暇の消化
  6. 退職
  7. (転職活動)
  8. 転職

転職活動は在職中に行うのが基本

入社一年目の新卒に限らず、転職活動は「在職中」に行うのが基本です。

仕事後や休日を使って、転職サイトや求人情報を見ながら情報を集め、求人への応募や面接などを行っていきます。

在職中であれば、転職先がなかなか決まらなかったとしても、生活に困ることはありません。何より無職になるリスクが少なく、そのとき転職できなくてもいつでもチャンスがあります。

情報収集や迷いを捨てるために、まずは行ってみるということも大切です。

はじめての転職で失敗しないための準備マニュアル!

 

退職後の転職活動は可能性が大きい

一方で、会社を辞めてから転職活動を行う場合、無職の期間を作ることにはなりますが、転職できる可能性が大きく上がります。

在職中の転職活動は、できる活動に限りがあります。ブラック企業などに勤めていたり、土日休みの会社に勤めていると、面接や選考に行く時間がほとんどありません。

しかし、すでに会社を辞めていればいつでも選考にいけますし、情報収集や転職エージェントへの相談などもいつでもできます。できる活動が広がることは、それだけ転職の成功率を大きく上げます。

また、求人を出している会社側からすれば、内定を出しても来てくれるかわからない在職中の人よりは、すぐにでも来てくれる離職中の人を採用します。

何より、「自分」と真剣に向き合い、自分の人生や仕事観をしっかり考えることができます。

 

新卒の転職に有利な転職サイトを利用する

転職活動の基本は、「転職サイト」「転職エージェント」に登録し、求人の情報や業界の動向などの情報を集めることからスタートします。やりたい仕事や転職したい会社が見つかったら、応募し面接などを進めていきます。

転職サイトや転職エージェントにも、向き不向きや相性、対象となるターゲットが異なります。特に新卒や入社歴が浅い人はキャリアが短いため、普通の転職市場では不利です。

なので、第二新卒などに強い転職エージェントを利用するのがです。

「転職エージェント」は、求人情報や業界の情報を集められるだけでなく、進め方や求人の応募、面接対策などのすべての転職活動を無料でサポートしてくれます。

転職活動において、最も重要になるのが「情報」です。情報は「どんな仕事があるのか」「転職する方法・条件」「転職するタイミング」「転職の成功率」などすべてを左右します。

はじめての転職でどうしたらいいのかわからないという人でも、自分はどうするべきなのかを相談することから始めることもできます。

 

第二新卒におすすめの転職エージェント!

僕も利用してよかった転職サイト・転職エージェントをご紹介しておきますので、転職に迷ったときや、転職をサポートしてもらいたい人は利用するのがおすすめです。

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20's

大手「マイナビ」が運営する、第二新卒などの20代を専門とする転職エージェント。他の転職エージェントにはない有名大手企業や、登録者だけが見れる非公開の求人も多く揃えています。エントリーや日程調整などの企業とのやり取りも全て代行してくれるため、在職中の転職活動が難しかった人でもスムーズに行うことができます。

もちろん、20代の転職市場を熟知したアドバイザーが一人一人に専任で付き、はじめての転職を一からフルサポートしてくれます。就活でもお世話になった人も多い大手マイナビの安心感と情報網は、ぜひとも利用しておきたいところです。

 

いい就職.com

全国14万人が利用する国内最大級の第二新卒転職サイトで、「いい会社を探すより、自分に合ったいい就職」を心情にしている転職エージェントです。

最大の特徴は取り扱う求人企業で、高離職率の企業や働きづらい環境のブラック企業を徹底的に排除し、働きやすい企業に絞っています。

扱っている企業や求人数は少ないですが、専門のスタッフが実際に足を運んで調べた働きやすい企業だけを厳選してるため、転職のしやすさやに不安がある人におすすめです。

 

ハタラクティブ

ハタラクティブ

フリーター・既卒・第二新卒の20代を対象に、「社会人経験のない人でも正社員を目指せる」就職支援を行っているエージェントです。

「早期退職の経歴が心配」「次こそは本気で働きたい」など、一度リタイヤしてしまった人や未経験の業界に挑戦したい人など向けに常に1000以上の求人を扱っています。

ただ、サービスや企業が関東圏、名古屋、大阪、福岡のみなので利用できる人には限りがあります。ですが、現在フリーターやすでに退職してしまった人には利用しておきたいおすすめの転職エージェントです。

 

転職するか、続けるべきか迷ったら

新卒1年目で転職するということは、リスクもありますし、一つの選択肢です。転職をするか迷っている人は、状況や動機によっては今の職場を続けた方がいいです。

将来の目指すものや転職したい業界が今と少しでも関連があるのなら、転職は踏みとどまった方が良いでしょう。また、迷わなくなるタイミングがきっとどこかにあります。

たとえ職種が違っても業界が同じであれば、見える視野が広がりますし、そこで得られる経験は必ず無駄にはなりません。

反対に、「将来どうなりたいのか」「どういう人生を送りたいのか」が明確で、転職により目標に近づくのであれば、入社して数ヶ月でも1年でも早くに動いた方がいいでしょう。

人生の時間は限られているので、どこに時間をかけるかをよく考えるべきなのです。

 

目指すもの、その先を見据える。

僕自身、目指すべきものがあったからこそ新卒で入社した会社をわずか1年で退職し、後に転職することができたのだと思います。

あのまま転職をせずに前職を続けていたら、今の人生はありませんでしたし、早く行動したからこそ得られるものがありました。新卒を捨ててまで転職をしたことで、リスクを先にとったからこそ叶えられる未来があるのだと知りました。

もちろん、目的も持たずにただただ現状が嫌で逃げ出していたら、転職は成功しなかったですし、何からも逃げる人間になっていたかもしれません。

あのとき「やりたいことがある」という強い思いがあったからこそ、入社1年目でも転職に成功できたのではないかと思います。あなた自身にやりたいことがあるのなら、目指すべきものがあるのなら、必ずそれを軸に行動をしていくことが転職成功の秘訣です。

「やりたいことをやる!」23歳の新卒入社1年目で転職した話

「入社1年目で転職してもいいものか」「そもそもできるのか」「周りになんて思われるだろう」 やりたいことがあったり、今の会社に馴染めなくて転職を考えている人は、そんな風に思っているのではないでしょうか。 ...

続きを見る

 

新卒1年目で転職をしたその後

転職したその後、僕の人生は大きく変わりました。

転職できた会社は大手の企業で福利厚生もしっかりしていましたが、何よりも仕事が本当に楽しかったです。以前の会社は、仕事に何も充実感などは感じませんでしたから。

転職を決意してからでしょうか。自分の価値観や考え方がガラリと変わりました。以前まではなんでもネガティブで、転職することのリスクやその先のありもしない心配ばかりしていました。

今では、その価値観や考え方は人生をつまらなくするだけでなく、損する人生を送ってしまうような気がします。

なんでもやってみなければわかりませんし、挑戦することで見えてくるもの・得るものがあります。何より自分の人生ですし、人生の主役は自分です。誰かの評価を得るための人生ではありません。

自分の人生の舵を取る」そんな行動ができたからこそ、変わるのが人生だと僕は思います。待っているだけでは、不満を言うだけでは何も変わりません。

そう気づけたのは、履歴書に傷がついても、世間一般に批判されても、自分の道を信じて「転職」に踏み出したからだと思っています。

 

あとがき

学生を終え、新卒として会社に就職したものの「会社をやめたい」「転職したい」と悩む人はたくさんいます。

その反面で、「新卒だけど辞められる?」「入社1年目だけど転職できる?」と不安になるのが当然です。現に私がそうでした。

けれど、新卒入社1年目で転職をした経験は、その後の考え方から人生までをも大きく変えてくれました。あのとき転職に踏み込まなければ、今の私は存在しなかったでしょう。

もちろん、たくさん悩みましたしそれなりに苦労もありましたが、後悔は一つもありません。それは、自分自身で人生の舵を取り、自分に正直に生きたからだと思います。

早期退職の転職はリスクもありますし、入社1年目からの転職が必ずしも良いとは言えません。正解は人それぞれです。

あなたがもし、新卒で入社した会社から「転職」を考えているのなら、きちんと自分自身や状況と向き合ってみてください。

 

Copyright© 入社1年目の転職 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.