プランニング

新卒こそ知るべき転職によるキャリアアップで大切なこと!

入社1年目の新卒だとしても、転職することでキャリアアップを望む人はいます。転職してキャリアアップを望むことは悪いことではありません。むしろ良い意識の持ち方です。

しかし、目的のない転職はキャリアアップどころか、全く意味のないマイナスになります。転職をしてマイナスにならないためにも、キャリアアップに対する大切な考え方をご紹介します。

転職によるキャリアアップで大切なこと

理想となる”ビジョン”があるか

自分なりの考えというのは、目的を持つことで明確になります。その最終的な目的こそが「理想」であり、自分はこうなりたいとか、こんな人生を送りたいという「ビジョン」を持つということです。

よく「今の会社が合わないから」「もっと自分を活かせる会社がある」という理由で転職を考える人がいますが、それは必ず失敗します。

反対に、転職したいけれど踏み出せない人は、具体的な目標やビジョンが見えていないのではないでしょうか。

何も見えずに転職するというのは、宝を探しに大海原に船出してしまうようなものです。

進むべき方向も見えないためなかなか漕ぎだすこともできず、目的がないので転職先となる企業へもたどり着けない、そんな状態です。

ですが、こうなりたいという「目的」や「ビジョン」があれば、進むべき方向がわかります。進路が決まります。途中の港によれば、遠い先の理想をしっかりと捉えることができます。

いわば、仕事は目的に到達するための手段、つまり自分が乗る船です。

どんな目的がいいかは、未来の自分の姿をイメージできるものがいいでしょう。来年はこんな自分になっていたいとか、こんな仕事をできるようになっていたいなどです。

車を買いたいとか旅行にいきたいという目的は、目先の目的になり金銭や感情に左右され、行き先を見失ってしまいます。

目的までの距離を測る

大切なのは、目的を達成するために、今の自分からの距離をしっかりと考えることです。

なかなか目的にたどり着けないのなら、一体何が問題なのでしょうか。

今の仕事、つまり自分が乗る船に問題があるのなら、船を修理すればいいのか、船を乗り換えればいのかをよく考えてください。船の修理は職場の状況の改善であり、乗り換えることは転職です。

自分の目標にたどり着くためには、今の自分に必要なことがなんなのか見えてくるはずです。

今いる職場でキャリアは積むべきか

キャリアアップで転職するために、今の会社でキャリアを積んでおくということも大切なことです。

反対に、目的を達成するために「転職した先でキャリアを積む」ことも手段です。

正社員でいうならば、営業職で「セールス」を学び、事務職で「経理」を学び、サービス業で「接客」を学ぶ。時間は限られていますし、若いうちにしかできないこともあります。

こうなりたいという理想や目的があるのなら、そのためにするべきことが明確になります。

人によっては、自分の履歴に傷がつくと転職を嫌う人がいますが、目的を持って転職したのなら、面接の際にそれを伝えることができれば問題はありません。

新卒で入社して、1年目で転職するのは無謀だとか根性がないと言う人がいますが、それはただ会社が嫌で辞める人の場合です。きちんとビジョンがあって目的を達成するためであれば、それはとても意味のある選択です。

キャリアアップを考えているのであれば、どこでキャリアを積むことが自分の目的に近づくのかをよく考えてください。

自分がどうなりたいのか、どんな風になっていたいのかをビジョンがしっかりと見えれば、自分がどうするべきかが見えてくるはずです。

転職でキャリアアップを実行するなら

転職によるキャリアアップを実現したいのであれば、早いうちに行動するべきです。

今の仕事で自分の理想となるキャリアを積むことができないならば、その時間はムダになります。費やした時間は戻ってこないのです。

反対に早くに目的を見つけて、積むべきキャリアを見つけたならば前に進むべきでしょう。未経験であっても、新卒など若ければ若いほど吸収できることは大きく、早くに業界知識や現場を知ることは今後のキャリアに影響します。

初めての転職は怖いかもしれませんが、実現したいキャリア設計、叶えたい未来があるのなら「第二新卒」という武器はあるうちに使っておくべきでしょう。

転職で不安なことがあっても、今は第二新卒専門の転職エージェントがあります。

転職エージェントでは、転職相談などのカウンセリングから始まり、自分に合った求人を見つけてくれたり、書類選考や面接対策もマンツーマンでサポートしてくれます。

新卒のキャリアアップ相談も乗ってくれるので、まずは転職相談からスタートしてみてはいかがですか。

ちなみに、僕がおすすめする第二新卒専門の転職エージェントはこちらでご紹介していますので、参考にしてみてくださいね。