履歴書・職務経歴書

新卒の転職成功率を上げる志望動機の書き方と3つの注意点!

更新日:

Pocket

早期退職をしてしまった場合や、第二新卒として転職したいと考えている人にとって難しいのが「志望動機」。履歴書や面接でも必ず問われる志望動機ですが、この書き方で採用を大きく作用します。

これは主観ですが、この志望動機の書き方をわかっていない人はことごとく落とされていました。新卒が転職する上で、志望動機の書き方には大事なことが3つあります。第二新卒の転職でうまくいかない人や、これから転職を考えている人はこの3つのことを心に書き留めておいてください。

 

⒈志望動機は「退職理由」じゃない

これは意外に多いんですが、志望動機の欄に書き出しで「退職した理由」などを書いてしまう人がいます。志望動機とは、その会社に入りたい動機や選んだ理由です。「自分がどうして退職したから御社を選びました」みたいな理由は、志望動機ではありません。

過去の経過や今までやってきたことを書くのもNGです。その志望動機を見ただけで面接する側としては、はっきり言ってつまらないです。会ってみたいと思いません。何より、当社を志望した情熱ややる気といったものが感じられないからです。

志望動機の意味をきちんと理解していない人が多いんです。大事なことなのでもう一度言いますが、志望動機とは、その会社を志望した動機や数ある会社からそこを選んだ理由です。

自分の志望しようと思った動機や選んだ理由はなんなのか、もう一度自分に聞いてみてください。

 

⒉志望動機では、働くイメージと未来を見せる

志望動機で見せるポイントは、このやる気と未来、つまりその会社でのこれからをイメージさせることです。精神論のようなことを言ってますが、これが伝わるかどうかで転職成功の確率は大きく変わりますよ。

新卒の転職で大事なことは、経験やスキルがない分、「やる気」と「その会社での定着性」が大事です。採用する側が第二新卒や早期退職をしてしまった人に思うのは、期待半分と不安半分だからです。

特に早期退職をしてしまった人は、「うちに来てもすぐに辞めてしまわないか」という懸念材料が必ずあります。それを払拭するほどの「なぜ、その会社に入りたいか」「そこで何を成したいか」「仕事を通して、どう貢献できるのか」というような、具体的な将来性が大切です。

ポイントは、その会社での仕事や未来に結びつけた具体的な目標や成したいことを伝えること。

また、やる気といっても「精一杯頑張る」といった精神論だけの表現ではなく、それら熱意を裏付ける行動や実績を示します。前職での実績や評価、現在努力していることなど、熱意の裏付けをしっかりと示すようにしましょう。

 

⒊その会社でなくてはならない理由を明確にする

志望動機を書くポイントとして、志望理由の根っこは「その企業独自の魅力」だということです。

「業界に対する志望動機」を書いてしまうこともありがちなパターンですが、それでは「同業他社でも構わないのでは?」というふうに思われてしまいます。

「他社とは違う御社の魅力」「御社だからこそ実現できる仕事」「御社でかなえたい目標」を明確にして、入社意欲を訴えることが重要です。以下の視点も参考にしてください。

  • 自分が活躍、貢献できる仕事、環境、市場がある
  • 独自の技術力、ブランド力がある
  • 魅力的な商品の開発を行っている
  • 顧客重視の姿勢やサービス体制が整っている
  • 海外発展や新規事業参入のプランがある
  • 能力主義の社風から実力相応の評価を得られる職場だ
  • 独自の企業理念・経営トップに魅力がある

 

第二新卒の転職は志望動機と適性

第二新卒の転職で重要なことは、あなたが転職をしようとする動機と志望動機、企業に価値を提供し定着できるかの「適性」が大切です。

当然ではありますが、企業もコストをかけて人材を募集し、育てていきます。あなたが企業で貢献できることや、利益になることを加味した上で書く内容を考えましょう。くれぐれも、自分視点ばかりにならないように注意しましょう。

そのために必要なのが、自分の強みや活かせることなどの自己分析や、攻略するべき企業の情報収集です。自分だけでじっくり精査してもよいのですが、限界があります。また、やはり気づかない自分や客観的な視点というのが新卒の転職を成功させます。

マイナビジョブ20's」では、一人一人につくアドバイザーと独自の適性診断プログラムなどを駆使して、あなたに合った最適な企業や志望動機などの攻略法を提供してくれます。また、多くの企業独自のパイプを持っているため、企業情報は幅広く深いです。

また、具体的な志望動機や職務経歴書など、あなたと志望する企業に合わせた書き方を教えてくれます。利用はすべて無料なので、転職を考えたら一度相談してみましょう。








おすすめ記事一覧

1

現在、新卒での転職をする人は全体の3割にもなります。世間一般では新卒での転職は厳しいものとされていますが、一度リタイヤしてしまった人や辞めたくてつらいという人を応援する風潮も高まっています。 そこで新 ...

2

新卒で入社して、まだ数ヶ月や1年で転職ってできるの?と考えている方は多いです。僕自身も新卒入社してわずか1年で転職をしました。新卒で、早いうちに転職をしておいて本当によかったと思っています。 新卒で転 ...

3

転職活動を行うときって、在職中にするか退職してからするかによって日程調整などのスケジュール管理が大変ですよね。ましてや企業によっては平日のみ、面接や説明会などがあるところもあります。 しかし、それらス ...

-履歴書・職務経歴書

Copyright© 入社1年目の転職 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.