新卒の転職事情

第二新卒が転職しやすい業界・業種とは!未経験でも大丈夫?

投稿日:2019年3月17日 更新日:

Pocket

新卒で転職を考えている人の中には、一度は失敗してしまったが、今度は新しい業界・職種で再スタートを切りたいと考えている人は少なくありません。

でも、だからこそ未経験でも入れる業界・職種はあるのか不安になってしまう。実際、自分がどの業界・職種に行ったらいいか迷っている人もいるでしょう。

特に第二新卒の場合、職歴が短く即戦力とはなりえないため、異業種への転職には躊躇してしまいますよね。

今回の記事では、第二新卒が入りやすい業界・職種と、転職で迷う人も多い異業種へ未経験でも転職できるのかを解説していきます。

 

第二新卒が転職しやすい業界

第二新卒が転職しやすい業界は、業界全体で人手不足なところや比較的スキルや経験を必要としない専門職ではないところによります。

下記は第二新卒向けの転職エージェント「マイナビジョブ20's」が保有する求人の業界別グラフですが、飲食などのサービス・レジャー系が最も多く、次いで若手を欲するメーカー系、業界全体で伸びているIT・通信系が多いですね。

求人が多いということはそれだけ間口が広く、転職しやすい業界ということです。さらに第二新卒や20代専門の転職エージェントが保有している求人なので、第二新卒や20代の若者を企業が求めているということです。

飲食などのサービス業界は経験やスキルよりも、元気や体力を求められるため若手は入りやすいですが、過度な労働やブラックなどの評判が立ちやすいためおすすめしません。

ですが、それ以外のメーカー系、IT・通信系、不動産・建設系などは未経験の新卒でも転職しやすく、一度挫折している人でも将来性を含めておすすめです。

 

第二新卒が転職しやすい職種

職種はどの業界でもそれぞれにあり、今は多種多様な職種があります。業界に特化した職種もありますが、第二新卒が転職しやすいのはやはり未経験から始める人が多い職種です。

先ほどの業界別グラフのように、今度は職種別の割合をグラフで表したものが上記になります。

保有する求人数が多いほど入りやすいので、やはり営業は転職しやすい業種の一つですね。営業は会社の売上の要なので確かに大変ですが、全ての仕事に通じ、学べることが多いです。

正直言うと、新卒は全員営業から始めた方がいいくらい社会人の基礎や応用、仕事のノウハウが全て詰まっています。もちろんつらいこともありますが、人生で一度は経験してほしい職種です。

入りやすさで言えば、やはりIT・インターネット・通信に関わる職種でしょう。業界も広く幅がききやすいですし、今後もITは無くならない業種です。また、ほとんどの人が未経験で入り、会社や業界と一緒に成長していくことがほとんどです。

反対に金融やコンサル、クリエイティブ系はスキルや経験を重視されるため、転職するのは難しいでしょう。ただ、絶対ではないので、若い今のうちに挑戦してみるのもよいでしょう。

 

新卒の転職におすすめの業界・業種

第二新卒が転職する場合は、スキルや経験はどうしても不足しているので、全くの異業種や未経験からスタートしやすい業種がおすすめです。

特におすすめなのは、「IT・インターネット・通信」の業種です。

今の日本や世界でも最も注目されている業界であると同時に、今後もますます伸びてくるでしょう。今の時代からITやインターネットがなくなることはまずないです。

インターネットなしで現代の発展はなかったですし、ITでの開発や発展は終わることがなく次々に新しいものが世に登場していますよね。同時に働き方も働く人もどんどん増えています。

その一方で業界の発展に人手が追いつかず、人手不足が深刻化しています。

IT業界と聞くと、一見「何も経験ないしスキルもないのに入れるの?」と思うかもしれませんが、IT業界はほとんどが未経験で入社しています。経験がない分、余計な知識や経験が成長の邪魔をせず、なんでも吸収して成長していけるからです。

年齢を重ねると物覚えや感覚、吸収できることも難しくなるため、どこの企業も未経験であっても若手を求める傾向が強いです。

生まれた時からパソコンやスマホ、インターネットがある世界で生きてきた今の第二新卒にとって、これほど適した業種はないのではないでしょうか。

>> 未経験からIT分野に転職ならWORKPORTがおすすめ!

 

第二新卒の転職は未経験の業界・職種に挑戦しやすい

早期退職をしてしまった人や3年以内で辞めた第二新卒は、職歴が短いためどの業界・職種でも経験は少ないです。

そのため、同じ業界・職種ではスキルや経験を求められるので、転職しずらい場合が多いのです。そのため、新しい業種でチャレンジしたいと考える第二新卒はけっこう多いものです。

確かに新しい業界・職種となると、経験やスキルなどを求められ即戦力を期待されることを想定します。しかし、第二新卒には経験がない分、若さと将来性があるため未経験でも転職しやすい一面があります。

第二新卒の転職で、企業側はやる気やポテンシャルを含めた可能性に期待します。

別記事でも第二新卒が採用される理由については書いていますが、たとえ未経験であろうと、今後の将来性や定着性、意欲を感じさせられれば転職することができるのです。

 

歳を重ねるごとに未経験では挑戦しにくくなる

反対に、歳を重ねるごとに未経験での異業種への転職は厳しくなります。

年齢を重ねるごとに物覚えや感覚が鈍くなり、新しいことを吸収しずらくなります。そのうえ、他社や業界での経験を積んでいる分固執した考えを持ち、育てづらくなるデメリットがあるからです。

ある程度の年齢になった転職者に求めるのは「即戦力」です。そのため、今までの実績や経験などを重視しますが、第二新卒や20代前半の転職者には実績は見れません。

実績が見れない分、今後の成長次第ではどんな方向にも成長できます。経験やスキルを積んでから転職した方がと思うのも間違いではないですが、その間に歳を重ね、未経験の業種へは挑戦しづらくなってしまいます。

なので、もし未経験でも異業種への転職を考えているなら、早めの決断をおすすめします。

 

別業界・異業種への転職を成功させるポイント

異業種への転職を成功させるポイントとして、業界・職種の情報収集は必ずしておきましょう。

どんな業界でどんな職種があって、どんな働き方をしているのか、どんな能力が必要なのか、調べられることはたくさんありますし、独学で学べるスキルもあるはずです。

未経験の転職の場合、やる気と関連する自主的な行動が高く評価されます。要はどれだけ本気かということです。未経験であっても未経験なりの努力の方法があります。

そこに正解はないですが、やれることはできるだけやっておきましょう。

また、転職する理由も大切です。異業種へ挑戦するからには何かしら理由があるはずです。今できる自分の努力と理由を納得させることができれば、転職はきっとうまくいきます。

業界・職種の情報収集や転職理由などは、転職エージェントを利用して対策するのがおすすめです。転職のプロなのでその道に詳しいですし、履歴書の書き方から面接対策までしっかりサポートしてくれます。どこも無料なので、安心して利用できますよ。

求人のグラフで紹介した「マイナビジョブ20's」を始め、私も実際に使用していた第二新卒におすすめの転職エージェントをご紹介していますので参考にしてくみてください。

 







おすすめ記事一覧

1

現在、新卒での転職をする人は全体の3割にもなります。世間一般では新卒での転職は厳しいものとされていますが、一度リタイヤしてしまった人や辞めたくてつらいという人を応援する風潮も高まっています。 そこで新 ...

2

新卒で入社して、まだ数ヶ月や1年で転職ってできるの?と考えている方は多いです。 僕自身も新卒入社してわずか1年で転職をしました。新卒で、早いうちに転職をしておいて本当によかったと思っています。 新卒で ...

3

転職活動を行うときって、在職中にするか退職してからするかによって日程調整などのスケジュール管理が大変ですよね。ましてや企業によっては平日のみ、面接や説明会などがあるところもあります。 しかし、それらス ...

-新卒の転職事情

Copyright© 入社1年目の転職 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.