新卒の転職事情

新卒で転職することのメリットとデメリット

更新日:

Pocket

新卒入社した会社を1年目などで早期退職・転職をする場合、メリットとデメリットが必ずあります。人によって感じ方が違うので、メリット/デメリットが反転することもあります。

第二新卒の転職は、今や活発化していて非常に動きやすいことは確かです。ですが、新卒で入った会社を早期で転職するということは、リスクあってのことだということを理解しておいてください。

ここでは、僕自身が入社1年で転職をしたときに感じたことや面接官をしてきたことを踏まえて、新卒が転職することのメリット/デメリットをお伝えしておきます。

 

新卒で転職することのデメリット

履歴書に一生消えない傷がつく

新卒1年目や2年目などで辞めてしまうと、履歴書には一生残るであろう傷がつきます。書類選考でふるいをかける会社や、履歴書で判断してしまう会社に遭遇してしまうと圧倒的に不利な状況になってしまうでしょう。

転職する会社選びでは、「人で取る」ような企業を選ぶことが理想ですが、選考の仕方は様々です。きちんとした理由があったり、面接には強い人でも、履歴書で判断する企業であった場合は、不利になるということを覚悟しておいてください。

僕は履歴書に傷がつくことになんのためらいもありませんでしたが、それは言ってしまえば、あなたは履歴書を守るために働くのか?というふうに考えたからです。

たとえ履歴書に傷が付いていることで面接すらしない企業に行こうとすら思いません。逆にそうまでして転職をしたことを、プラスに取ってもらえる企業もありました。

ただの思い上がりかもしれませんが、それをデメリットと捉えるかは自分次第だということです。

 

世間の目は厳しい

いくら第二新卒の転職市場が活発であっても、やはり一般的に企業側や世間では転職は厳しいものだということを理解しておいてください。新卒採用1年目で辞めてしまうと、転職する自由度は相当下がります。

面接側の目線で考えれば、「またすぐに辞めてしまうのでは」「根性ないな」などと思ってしまいます。会社とは、仕事を選べる場所ではありません。採用後すぐに本人の希望通りの仕事を割り当てられることはまれです。

また、新人を育てるのには大きなコストがかかります。1年目は育てる期間で利益を生んでくれるわけではないので赤字です。2年目ではトントンになるくらいで、3年目でようやく利益が出るくらいです。

「赤字の前科」があると、本人の志向と会社の方向性に少しでもズレがあれば、辞めてしまうかもしれない。そうなれば、うちも赤字になる。そう考えます。だからこそ、新卒で面接を受けにきた人には、今度こそ3年以上働いてくれるのかということを、慎重に何度も何度も確認します。

「世間のイメージはよくない、それでも自分のやりたいことをやる」くらいの覚悟がなければ、転職することは考え直したほうが良いでしょう。

絶対にうまくいかないということはありませんが、新卒が早期退職で転職する場合は、通常の転職よりも難しくなることを知っておきましょう。

 

辞めグセ、逃げグセがつく場合がある

新卒で転職する理由が、自分のやりたいことや夢を追うようなポジティブなものであればいいのですが、「今の会社がつらいから」「誰々が嫌だから」というネガティブな理由で退職をしてしまうと、辞めグセ(逃げグセ)がつきます。

僕もそれを経験したから言えることですが、「前の会社が嫌だから」「自分はこの仕事に向いていない」と目を背けてばかりでは何も変わりませんし、嫌なことに直面したらすぐに逃げ出そうとする癖がつきます。

どこに行っても、何をやっても、自分の意向に合わないことや嫌なことは出てきます。しかし、嫌なことから目を背けてばかりでは何もよくならないし、乗り越える力が身につきません。弱くてずるい人間になってしまいます。

もしもすでに早期退職をしてしまっていたり、何かから逃げてしまっているのなら、これからいくらだって挽回できます。すぐに逃げずに最善を尽くすことはできます。僕も早期退職をした一人なのであまり偉そうなことは言えませんが、面接官をしてそう感じることが多々あります。

最初の会社で3年間耐えられなかった場合、「逃げているだけの人」と思われたら終わりです。たとえ今が逃げ出している状況でも、資格を取るなり、業務や人との接し方を変えたり、数字に現れにくいものであっても、自分は何かを努力したと証明できる武器を、在職する間や転職する前に用意しておきましょう。

 

新卒で転職することのメリット

自分のやりたいことに向かっていける

自分のしたくもない仕事に時間をかけず、自分のやりたいことができることが最大のメリットでしょう。

毎日毎日、自分の気持ちを押し殺してまで嫌な仕事を続けるストレスから解放され、自分がやりたいことに向かって進んでいける。自分の気持ちに素直に生きることは難しいことですが、それに向かっていけることは毎日が楽しく、イキイキとしていられます。

若いうちにしかできないことはたくさんありますし、今だからこそできることもあります。新卒で転職することでのリスクがありますが、挑戦するということはそういうことです。

リスクを恐れていては、何もできませんし、ずっと自分の気持ちに嘘をつき続けて生きることになりますよ。自分の人生ですから、もっと素直に生きてもいいのでは?

 

嫌なことやつらい現状を改善できる

毎日毎日、朝起きるだけでも吐き気や頭痛に悩まされていた日から解放されます。

嫌な仕事も、見たくもない上司も、ストレスな人間関係もすべてにおさらばできます。会社に行くことすらつらくて苦しい、会社以外でもストレスを抱え続ける人生になんの価値があるでしょうか。

確かに逃げずに立ち向かって行くことは大切ですし、自分という人間を強くすることができます。時には耐えるということも学ばなければなりません。

しかし、身体を壊すようなことがあっては、そもそも生きる意味すら見つけることはできません。耐えて乗り越えることで見えるものもありますが、その先に将来を感じることすらできない会社にいても、ただ時間を浪費するだけです。

確かに逃げるだけの転職はよくありませんが、行動したからこそ見える未来があります。自分の人生を決めるのも、生きるのもあなたです。時には逃げることも必要だと知っておきましょう。

 

第二新卒は転職市場では人気

世間の目は厳しいとデメリットでお伝えしましたが、それはあくまで世間一般での話です。

若くてフットワークの軽い人材は、転職市場ではかなり重宝されます。辞める人間もいるように、人手不足の企業はたくさんあります。企業側に採用するリスクもありますが、それだけ若い人材は欲しいのです。これは新卒が転職するのに、大きなメリットになります。

理由については、「第二新卒が転職市場で人気の理由」で詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

また、すでに退職していたり、転職する意志が強ければ、すぐに入社して働いてもらえるというメリットもあります。他の会社を辞めたくて来ているので、内定が出れが確実に入社してくれるなどのフットワークが軽いことも、会社側としては大きなメリットと言えます。

 

デメリットを乗り越えて転職をするには?

新卒で転職を考えることは決して悪いことではありません。確かに新卒1年目や2年目で転職するデメリットはありますが、自分の中に目標や軸があるなら、それを成さずに生きる人生こそデメリットになることもあるでしょう。

とはいえ、新卒で転職するデメリットは怖いですよね。第二新卒の転職は初めての人がほとんどでしょう。それら転職のデメリットを乗り越えて転職するには、「転職エージェント」などで相談することが成功への近道です。

第二新卒の転職の悩みを解決し、あなたに合った最適な企業をピックアップしてくれます。入社できるまで丁寧にバックアップしてくれるので、デメリットを払拭してくれるでしょう。

特に求人や業界動向などの情報収集は、転職においてもっとも重要です。一人ではできないことや幅広い情報収集は、転職エージェントを利用することで可能になります。特に近年では、第二新卒向けの転職エージェントがあるため、転職成功への可能性が大きく広がりました。

 ⇒20代専門第二新卒の転職ならマイナビジョブ20's!!







おすすめ記事一覧

1

現在、新卒での転職をする人は全体の3割にもなります。世間一般では新卒での転職は厳しいものとされていますが、一度リタイヤしてしまった人や辞めたくてつらいという人を応援する風潮も高まっています。 そこで新 ...

2

新卒で入社して、まだ数ヶ月や1年で転職ってできるの?と考えている方は多いです。僕自身も新卒入社してわずか1年で転職をしました。新卒で、早いうちに転職をしておいて本当によかったと思っています。 新卒で転 ...

3

転職活動を行うときって、在職中にするか退職してからするかによって日程調整などのスケジュール管理が大変ですよね。ましてや企業によっては平日のみ、面接や説明会などがあるところもあります。 しかし、それらス ...

-新卒の転職事情

Copyright© 入社1年目の転職 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.