転職成功への道

第二新卒がアルバイトから正社員をどう目指す?就職・転職のコツ!

新卒の会社をすぐに辞めてしまったり、学業卒業から就職しなかったなど、第二新卒として転職活動をしている方も多いでしょう。

しかし、中にはアルバイトでの職歴しかなかったり、アルバイトの経験を活かして正社員を目指そうか悩んでいはいませんか?

ここでは、第二新卒としての転職活動でアルバイト経験の活かし方や、アルバイトの経験しかなくても正社員を目指す方法をご紹介していきます。

今まさに、アルバイトをするか就職活動をするか悩んでいたり、アルバイトから正社員を目指そうと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

アルバイトの経験しかないけど第二新卒なら正社員になれる?

→第二新卒なら十分可能!

「今までアルバイトしか経験がない」「正社員として働いたことがない」と悩んでいる人は多いですね。

さすがに今のままではヤバいと感じ、正社員への転職を目指そうにも、自分の経歴に不安を感じてしまうでしょう。

しかし、結論から言うと、たとえアルバイトの経験しかなくても”第二新卒”であれば、正社員になることは十分可能です。

第二新卒とは、一般的には25歳くらいまでの新卒や就業3年以内の20代前半を言います。

あなたがまだ第二新卒であるうちは、正社員への転職は難しくありません。

→正社員を目指すなら今しかない

この”第二新卒”が世間的にも需要が高く、採用されやすい理由は「若さ」と「ポテンシャル」にあります。

「若さは武器」であるため、吸収力や将来に対する期待性も高い20代前半の人は人手不足の現代では非常に価値が高く、未経験やアルバイトの経験しかなくても会社で育てていこうという企業も多いのが特徴です。

”第二新卒歓迎”の求人もよく見かけるようになりましたね。

しかし、ある程度の年齢(20代後半〜)にいってしまえば、採用担当が見るのは職歴やスキルです。

そのため、第二新卒を終えてもアルバイトの経験しかない場合は、「働く気がないの?」「将来をきちんと考えているのか」と企業側は不信感を抱きやすいため、正社員への転職はかなり厳しいものになることを覚悟しておきましょう。

今のあなたがアルバイト経験しかなくても、正社員になるなら今がチャンスだということです。

第二新卒の転職でアルバイトは職歴として書類に書ける?

今までアルバイトしかしていなかったり、就職せずにアルバイトしていた期間が長い場合に、悩むのが「履歴書」などに書くかどうかですね。

アルバイトって「職歴」になるのか、不安に思ってしまうのも当然です。

→アルバイトも立派な職歴

結論から言ってしまえば、アルバイトも立派な「職歴」です。

アルバイトという立場は確かに責任も軽く、時給制なので職歴にカウントされるか不安に思う方も多いでしょう。

しかし、アルバイトもたとえ数ヶ月でも職歴なので、きちんとアピールできます。

ただし、ただ生活のために仕事をしていたとしても、そこから何を学んで、アピールしたい職種でどう活かせるかを考えておく必要があります。

学校を卒業した時点で、あなたは「学生」ではなく「社会人」です。

「〜を頑張った」といった学生のアピールではなく、企業にとってどんなメリットがあるか、経験をどう仕事に活かせるかを明確にしておきましょう。

→注意点:履歴書には書けないが職務経歴書には書ける

転職活動において、悩むのが「履歴書」や「職務経歴書」でしょう。

基本的にアルバイトも職歴として書けるのは「職務経歴書」です。

職務経歴書は、仕事の実務内容や経験・スキル等の詳細を伝え、仕事への適性をアピールするためのものなので、アルバイトでの経験は重要です。

一方、「履歴書」はあくまで個人を特定するものなので、アルバイトの経歴を書くのには適していません。ただし、アルバイトの経歴が1年以上など長い場合は、履歴書にも書くことをオススメします。

アルバイト経歴が長い場合や他に書くことがない場合に限り、履歴書にも書くとよいでしょう。

アルバイトしながら就職・転職活動するのはアリ?

これから正社員での就職・転職活動を始める人の中には、アルバイトで経験を積むか、アルバイトをせずに就職・転職活動に打ち込むべきか悩む人もいるでしょう。

どちらがいいかはケースバイケースなので、自分の状況に合わせて判断するようにしてください。

→希望職種と関連業務ならアリ

希望する職種・業界に関連するなら、アルバイトで経験を積むのもアリです。

いきなり就職する場合は、経験やある程度の知識がないと採用してもらえない職種や業界ももちろんあります。

そのために少しでも経験や知識を深めて、正社員への就職に挑戦するのは悪くありません。

ただし、きちんと第二新卒や未経験でも入れる企業がないか、入念に調べてからアルバイトで経験を積む選択をしてください。

→できるだけアルバイトする時間も就職・転職活動に使うべき

というのも、前述した通り”第二新卒”という就職しやすい立場は今しかありません。

はっきり言ってしまえば、アルバイトしている時間が経てば経つほど、第二新卒として就職しやすいあなたの価値を下げてしまうからです。

確かに経験や知識があるに越したことはないですが、アルバイトで得られる経験やスキルは正直即戦力にはなりえませんし、関連するアルバイトも見つかりにくいでしょう。

であれば、第二新卒として未経験でも入れる企業に就職する方がはるかに堅実的ですし、その分早く経験を積むこともできますからね。

正社員登録のあるアルバイトをする際の注意点!

職種によっては、アルバイトからの正社員登録があるところもあるでしょう。

場合によってはその道を選ぶ方が確実なこともありますが、アルバイトから正社員になれるのはほんの一握りだということを覚悟しておきましょう。

正社員登録アリと書いてはいても、実質は正社員にする気はなくアルバイトとして使い潰される可能性の方が高いからです。

アルバイトであれば支払う給料も安く済むため、企業側としては低コストで人材を確保することができます。

アルバイトからそのまま正社員を目指す場合は、登録するまでの期間が明確であるか、ある程度の期限を設けてアルバイトをするようにしましょう。

第二新卒としてアルバイトから正社員に転職する方法

アルバイトから正社員を目指すのであれば、第二新卒であれば難しくありません。

ただし、がむしゃらに就職・転職活動をするのでは、書類選考や面接で質問された際にほとんど相手にしてもらえない可能性があります。

ポイントとしては、自分と企業との適性を見極め、とにかく視野を広げて応募すること、自分の弱みを強みとしてアピールできるかにかかっています。

そのためには、第二新卒や20代の就職・転職に強いプロの力を借りましょう。

ハタラクティブ

関東・名古屋・大阪・福岡エリアでサービスを展開している「ハタラクティブ」は、若年層の就職・転職支援サポートに特化しており、強みを活かした就職が可能です。

実際にスタッフが足を運んで厳選した優良企業の求人が多く、正社員未経験でも80%以上が内定しているのは強いですね。

フリーター・既卒・第二新卒の20代を対象に、社会人経験のない人でも正社員を目指せる就職支援を行っているエージェントなので、アルバイト経験のみの人でも就職しやすいおすすめの転職エージェントです。

ハタラクティブ公式サイトへ

マイナビジョブ20's

一度でも就職した経験があり、第二新卒として転職活動を進めている場合は「マイナビジョブ20's」を利用するのがおすすめです。

マイナビジョブ20'sは、大手「マイナビ」が運営する第二新卒などの20代を専門とする転職エージェント。

他の転職エージェントにはない有名大手企業や、登録者だけが見れる非公開求人も多く揃えており、エントリーや日程調整などの企業とのやり取りも全て代行してくれるため、在職中の転職活動が難しかった人でもスムーズに行うことができます。

もちろん、20代の転職市場を熟知したアドバイザーが一人一人に専任で付き、はじめての転職を一からフルサポートしてくれます。

就活でもお世話になった人も多い大手マイナビの安心感と情報網は、ぜひとも利用しておきたいところですね。

マイナビジョブ20's公式サイトへ

まとめ!第二新卒ならアルバイトからでも正社員になれる!

フリーターや第二新卒としての就職・転職活動がうまくいかないとき、今のままで現状を打破するのは難しいときもあります。

だからと言って、考えもなしにアルバイトへ逃げるのはおすすめしません。

あなたがまだ第二新卒や20代という若さがあるのなら、正社員には十分なれるからです。

たとえアルバイトの経験しかない人でも、アルバイトで得た経験やスキルはあなたを作る立派な要素です。それらをアピール材料として、自信を持って就職活動することも大切。

今しかできないことや今だからこそできること何なのかをよく考えて、最善の選択ができることを心から祈っています。

〜入社一年目の転職講座〜
こちらの記事もおすすめ