転職成功への道

25歳のフリーターは第二新卒になる?より確実に再就職する方法

「第二新卒」といえば新卒が転職する際に呼ばれることが多いですが、年齢やフリーターという立場の微妙なラインで悩む人も少なくありません。

現に、「25際のフリーターだけど第二新卒扱いになる?」といった質問を受けることもあります。

今回の記事では、この質問の回答に加え、フリーターという立場や25歳という微妙な年齢の方へ、就職・転職をより確実にする方法をご紹介します。

25歳フリーターだけど「第二新卒」になるの?

そもそも「第二新卒」とは、「新卒として就業3年以内」もしくは「25歳くらいまで」という人を指します。

ただ、世間一般でいう第二新卒とは、一度でも就職していることを前提としているため、アルバイト経験のみだと「第二新卒」扱いにはならないことがほとんどです。

しかし、第二新卒というのは実は曖昧で、厳密な定義はありません。

企業や雇用条件によっても採用基準が異なるため、アルバイト経験しかないフリーターでも25歳くらいまでの年齢なら第二新卒扱いになることもあります。

ただし、第二新卒は一度でも就職し、社会人経験があるものとして見なされるため、相応のビジネスマナーや教養、社会人としての自覚が必要となります。

就職活動と転職活動の違い!第二新卒の採用基準と注意点とは?第二新卒として転職や再就職をする場合、職歴がないことや短いことで、学生時代の就活と何が違うのか疑問に思う方もいると思います。 しか...
第二新卒が転職するときに身につけておきたいビジネスマナー!第二新卒の転職は年々増え、人手不足の企業では20代若手の取り合いになっています。 一方で、新卒が転職しやすくなったとはいえ、まだま...

フリーターは第二新卒枠でアルバイトの経験を活かせる?

フリーターとして再就職・転職を考えている方は、第二新卒枠での採用を望んでいる方も多いです。

第二新卒枠は、一度でも就職したことがあるフリーターの方であれば、応募することができます。「第二新卒歓迎」と書かれた求人にも応募できれば、就職の可能性が広がりますからね。

ただし、フリーターからの転職となると、不安になるのが「職歴」などのキャリア部分です。

通常の正社員からの転職者であれば、職務経歴書に職歴として書くことができますが、フリーター間のアルバイトは職歴として書くことができません。(履歴書には書けます)

だからと言って、「じゃあ何もしてこなかったの?」とはなりません。

アルバイトで経験してきたことは、しっかりとアピールすることができるからです。

アルバイトで何を経験し、何ができるようになったのか

ただ闇雲にアルバイトをしていたと伝えるのは避けましょう。

あなたはそのアルバイトで何を学び、どんなことができるようになったか」といったことを面接で聞かれることは多いです。

ただ普通にアルバイトでしていたことを話すだけでは、学生のアルバイトと何ら変わりません。年齢や社会人としての自覚をきちんと持ち、仕事に対する責任感や社会に身を置く意識がきちんとあるかを示す必要があります。

そのためにも、具体的なエピソードなどを交えて、自己アピールをすることが大切です。

例えば飲食店でアルバイトをしていたとしても、スタッフをまとめる立場であれば、現場でのコミュニケーション能力をアピールしつつ管理者としての責任感や裁量が伺えます。

また、人手が足りないときにうまくお店を回していた話などがあれば、社会人には必須の問題解決力や工夫を凝らす考え方などが身についていることをアピールできます。

フリーターであったとしても、社会的責任感を持っていたことや仕事に対する考え方がしっかりしていれば、「社員として迎えても適応してくれるだろう」と採用側も納得します。

次の職場でどう活かせるか

前述の話とも少し重なりますが、応募した企業でどう役に立てるかがカギとなります。

もっとも就職しやすいのは、アルバイトの経験を活かした職種へ応募する場合です。

関連する業務や業界に携わっていれば、入社してからも適応しやすく、即戦力としても期待できます。アルバイトといえど行ってきた仕事で、会得したスキルや学んだことを職場で活かせるということを積極的にアピールしましょう。

一方で、全くの未経験業種・業界に応募する場合は、当然ライバルはその道の経験者が多いので、ある程度の差がついていることは認識しておく必要があります。

その上で、異業種からの異なる視点で活かせることや、熱意とハキハキした態度などを積極的にアピールしましょう。

経験者同士ではキャリアやスキルで差はつけずらいですが、未経験である場合は違う視点での採用基準となるため、そこが経験者に差をつけるポイントになります。

 

フリーターの就職・転職をより確実にする方法

己の弱点を受け入れる

フリーターからの就職・転職をより確実にするためには、まずは自分の弱点や欠点を受け入れることがはじめの第一歩です。

やむを得ない事情でフリーターをしていた方は説明する理由ができますが、なんとなくでフリーターをしていた方は、「社会からの逃げ」と捉えられてしまう可能性が高いです。

そのため、通常の就職・転職活動よりも状況は厳しくなりますし、書類選考で落とされることもザラです。

まずはなぜそうなったのかを自問自答し、しっかり自分の弱みや欠点を受け入れましょう。

転職フェア・就職イベントには極力参加する

フリーターからの正社員って意外とハードルが高いものです。

一度でも就職したことがある人はご存知かと思いますが、「立場が変わるだけでこんなにも変わるのか」というくらい、仕事も立ち振る舞いも、周りとの接し方でさえ変わります。

しかし、長くフリーターをしていると、アルバイトという立場から「楽」「適度でいい」という無意識の自覚や甘さが、正社員へ就職するための壁を作ってしまうことがあります。

だからこそ、転職フェアや就職イベントなどに参加し、刺激を受けつつ、自分を成長させるヒントを学びに行く必要があります。

というのも、転職フェアや就職イベントでは、企業との関わり方、参加者の服装や話し方、業界情報や就職・転職のポイントなど、学べることがたくさんあります。

フリーターの自分に自信がない人やなかなか就職が決まらない人は、積極的に参加して自分を見直してみましょう。モチベーションアップにもつながります。

また、無料の転職相談や写真撮影などもあるので、行くだけでも充分意味があります。

無料の就職・転職エージェントをフル活用する

フリーターからの就職・転職をより確実にする方法として、就職支援サービスの転職エージェントは必ず利用しておきましょう。

就職・転職エージェントは無料で利用できるサービスでありながら、サービス内容はかなり充実しています。

特にフリーターからの就職となれば、選ぶ企業や面接での受け答えはかなり重要です。

一人の就職・転職活動では、何がいけないのか、どうすれば採用されやすいのかがわかりません。

しかし、エージェントを利用していれば、自分がどんな職業についたらいいかの悩み相談から、求人探し、書類添削、面接対策、内定後のフォローまでマンツーマンでしっかりサポートしてくれます。

フリーターからより確実に就職・転職が不安な人や、なかなか就職先が決まらない人はぜひ利用することをおすすめします。

 

フリーターからの就職・転職におすすめのエージェント!

ハタラクティブ

求人企業 関東・名古屋・大阪・福岡
企業数 2300以上
利用方法 無料登録

フリーター・既卒・第二新卒の20代を対象に、「社会人経験のない人でも正社員を目指せる」就職支援を行っています。一度リタイヤしてしまった人や未経験の業界に挑戦したい人など向けに、常に2000以上の求人を扱っています。

利用者はすでに15万人以上にもなり、「早期退職の経歴が心配」「次こそは本気で働きたい」といった第二新卒の転職特有の悩みを、プロの就活アドバイザーが寄り添った転職サポートをしてくれます。

ハタラクティブの特徴は、学歴や経歴ではなくやる気や人柄で採用する企業やサポート体制が充実していることにあります。

ですが、サービスや求人企業が関東圏と大阪・愛知・福岡なので、利用できる人には限りがあるのがデメリットでしょう。しかし、現在フリーターやすでに退職してしまった人には利用しておきたいおすすめの転職エージェントです。もちろん全て無料です。

ハタラクティブの登録はこちら

就職shop

求人企業 東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫・京都
企業数 8000社以上
利用方法 無料面談

店舗が遠い、少し雰囲気が合わないという方は「就職Shop」がおすすめです。

ハタラクティブ同様に、フリーターや就業未経験者を対象に就職サポートをしており、はじめての転職や就職に関する悩み相談などもマンツーマンで行っています。

書類選考なしで面接に進めるため、職歴などの経歴に自信がないフリーターの方には就職しやすいのが特徴です。

保有する求人は、100%訪問取材した企業の求人だけを扱っており、ハローワークや一般転職サイトには出ていない8,000社以上の非公開求人を揃えています。

経営者の考え方から、職場の雰囲気、待遇などをすべて網羅しているため、安心して働ける企業に就職することができます。働くことから遠ざかったニートの方には優しい待遇ですね。