職種

第二新卒の未経験から「Webデザイナー」に転職する方法と成功の秘訣!

未経験でも「Webデザイナー」を目指す人は意外と多いものです。デザイン関係の仕事がしたい!クリエイティブな仕事がしたい!と胸に秘めた思いがあるのではないですか?

けれど、新卒で未経験でも転職はできるのか、異業種での転職でなんのスキルや経験もない。ましてや文系でWebデザイナーに向いてないのでは。

そんな不安と悩みにWebデザイナーへの道を諦めてはいませんか?

Webデザイナーのような技術系の仕事は経験を求められる場合がほとんどですが、第二新卒だからこそ挑戦できる道もあるということも知っておいてください。

Webデザイナーの仕事

インターネット内のホームページを「Webサイト」と呼びます。このWebサイトをデザインするのが「Webデザイナー」です。

各Webサイトでは、見る人を惹きつけるための工夫やアイディアを投入し、画面の構成や機能の向上を図っています。これらサイトの運営に関わるが「Webディレクター」で、このWebディレクターの指示を受けて具体的な作業を進めるのがWebデザイナーです。

Webデザインの内容には、使いやすさやわかりやすさを向上させる「インターフェースデザイン」と、視覚的な美しさやおもしろさに関わる「グラフィックデザイン」の2つに分けられます。

Webデザイナーはグラフィックデザインに関わる仕事がメインで、画面を構成する文字の大きさや書体、レイアウト、色使いを考え、画像やアニメーションを組み合わせながら魅力的なページを作り上げていきます。

Webデザイナーの仕事の流れとしては、まずクライアント(依頼主)とどのようなサイトにするか打ち合わせをします。その打ち合わせをもとにコンセプトや内容、方向性などを企画していきます。

企画が完成したら、設計図やサイトに使う画像やイラストなどの素材を集めていきます。これらはクライアントに渡されることもありますが、Webデザイナーはこれらをデジタル変換し、インターネット内で使えるようにします。

これらの素材やPCソフトなどを使って、板のデザインを作成していきます。クライアントに確認し、OKが出たら本デザインへと着手するわけです。

デザインの作成後は、デザインを忠実に再現するためプログラミング作業(コーディング)を行い、テストなどを繰り返し完成させます。

Webデザイナーには新卒未経験や文系出身からでもなれる?

正直、Webデザイナーになるのに、文系も理系も関係ありません。

確かにプログラミング言語などは理系の分野ではありますが、サイトを作ったり実務で使えるレベルではありませんし、文系でも勉強すれば普通に身につきます。

むしろ、文系の方が文章構成や色彩感覚が優れているため、デザインに関しては有利です。

ただ、Webデザイナーになるには必要な資格などはありませんが、どのようなアプリケーションソフトを使うことができるかなど、これまでサイト作成の経験が問われることがあります。

Webデザインは独学で学んだ人でも転職することは可能ですが、美術系の大学やデザイン専門学校で体系的に学ぶのが一般的です。

また、Webデザイン専門の学校もありますので、そこで基本的な知識から、サイト作成に必要なアプリケーションソフトの使い方やプログラミング言語を学ぶことができます。

新卒や文系で未経験である場合は、独学や専門学校等で勉強して、サイト作成をしたりある程度の知識や技術を学んでおくようにしましょう。

文系新卒や未経験でWebデザイナーになるには?

Webデザイナーに転職するためには、制作現場での即戦力になる人を求めていることが多いため、独学でもサイト作成をしていたなどの経験は必要です。

時間がない人でも「1ヶ月の集中短期で学べるスクール」といったものもあるので、そういったところで技術を習得するのもいいですね。

面接等でも自作のサイトを持ち込んだり、勉強していることを伝えることができれば、採用の可能性は高くなります。新卒や文系で未経験であるなら、努力している証を証明することが大切です。

まずは独学でHTML・CSSの勉強をする

Webデザイナーを目指すのであれば、仕事内容や業界知識だけでなく、基本となるHTML・CSS・JavaScriptなどのコーディング知識を身につけましょう。

WebデザイナーはHTML・CSS・JavaScriptなどの言語を用いて、コーディングと呼ばれるプログラミング作業が主な仕事となります。

デザインや色彩関連は二の次で、コーディング知識を知らなければ正直話にもなりません。

とはいえ実務レベルのことを覚えることはないですが、基礎的なことを知っている、基本的なコーディングができるレベルまでは、専門書や無料の書き方ツールなどを使って独学で勉強しておきましょう。

Webスクールを利用する

独学にも限界がありますし、自分で勉強することが苦手な人は、1ヶ月〜半年ほどのWebスクールを利用するのがおすすめです。

Webスクールなどではコースごとに分かれ、基礎からサイトが作れるようになるまでゼロから学ぶことができます。

学費はかかりますが、勉強する環境は整っていますし、わからないことも聞くことができます。また、同じ道を目指す仲間ができるのもメリットでしょう。

Webスクールによっては、Webスクールから就職できる環境があるところも多いです。

就活生であれば学業の合間に、転職であれば転職活動中に短期で身につけることでWebデザイナーの道も開けるでしょう。

ポートフォリオを作成する(できれば)

ポートフォリオとは、Webデザイナーの世界では「作品集」を意味します。要はWebサイトなどですね。

ポートフォリオは独学で自作する人もいますが、Webスクール等の中間制作や卒業制作などの作品を提出する人も多いです。

つまり、自分の実力や力量を示すアイテムとして企業側に見せることで、採用される可能性を大きく引き上げます。口で言うよりも明白で、何も知らない未経験者よりも基本的なことができる未経験者の方がよっぽど魅力的ですからね。

何ができるか、どんなことができるか、を証明することができますので、未経験でもWebデザイナーになりたい場合は、このくらいの気持ちと努力をアピールしましょう。

第二新卒の未経験でWebデザイナーに転職するには

未経験でも、第二新卒として若手を欲しがる企業はあります。

Webデザイナーは珍しい職業ですが、独学で勉強し未経験でも転職をした人はたくさんいます。何より「異業種への転職がうまくいく3つのポイント」でも述べていますが、未経験の転職ならなるべく早い方がいいです。

新卒でも異業種への転職をしたいなら、転職エージェントと共に進めることをおすすめします。業界の情報や持っている求人も、第二新卒を受け入れる企業ばかりです。まずは、情報収集から始めてみてはいかがですか?

新卒1〜2年目の第二新卒におすすめの転職エージェントを教えよう!現在、新卒での転職をする人は全体の3割にもなります。世間一般では新卒での転職は厳しいものとされていますが、一度リタイヤしてしまった人や辞...

第二新卒として「Webデザイナー」を目指すあなた、その仕事内容をもう一度確認し、自分の気持ちを再確認してください。新卒でも未経験でも関係ありません。絶対にムリということはありません。

最後は、あなたの思い一つと努力次第なのですから。

 

〜入社一年目の転職講座〜
こちらの記事もおすすめ