転職成功への道

新卒入社1年目の転職はいつからすればいいの?

更新日:

Pocket

「今の職場がつらい」「転職してやりたいことがある」「いつなら転職していいの?」

新卒で転職を考えている人は以外に多い。けれども、新卒の転職っていつすればいいのだろうか。入社1年目で転職することを考えているなら、いつがいいかなんてタイミングがあるのか。

僕自身、新卒で入社した会社を1年で辞め転職をしましたが、会社の人たちとも波風立てずに、意外にも転職はうまくいきました。新卒で転職をすることは怖いことかもしれませんが、転職をして本当によかったなと思います。

ただ、いつ頃がいいかは人によりますので、その辺をお伝えしていこうと思います。

僕が経験してきたことや新卒社員を見てきた立場をもとに、入社しての期間でどんな状況にいるのか、いつ転職してもいいものなのかをお伝えしていきます。新卒で転職を迷われている人の、少しでもお役に立てれば幸いです。

 

新卒入社2〜3ヶ月目

新卒での転職を考える場合、入社して2〜3ヶ月目で辞めることはあまりおすすめできません。

その頃に初めて会社が嫌だなとか、ここの職場や人間関係は合わないなと感じる時期ですが、それは先入観や第一印象であって本当にはわかっていません。自分がどのように振る舞ったらいいか、どんな風に思われているのかもわからないのは、会社側も上司も同じです。あなたのことがまだ全然わからないのですから当然です。

また、入社してはじめの数ヶ月といえば、仕事うんぬんではなく、まずはビジネスマナーや社会人としてのあり方を学ぶ時期でもあります。第二新卒の転職で企業が求めるのは人格を第一にしますが、ある程度のビジネスマナーや社会人としてのあり方が身についている前提です。

いつ辞めるにしても、ある程度のことが身についていないと企業が取ってくれることは難しいと考えた方がよいでしょう。たとえ同じ1年以内で辞めて同じやる気の持ち主でも、ある程度常識が身についた方を選びますからね。

入社しはじめの数ヶ月は、社会に少しでも慣れる意味でも、退職・転職することをもう少し様子を見てもいいかもしれません。最低でもマナーや常識を少しでも身につけておいた方がいいでしょう。

 

新卒入社「半年」では?

社会人としてのあり方やビジネスマナーも少しずつ付いてきて、やっと仕事や環境に向き合える時期だと思います。はじめは雑用というほどのことでも、半年くらいになるとその会社でどんなふうに仕事が周っていて、少しずつ仕事というものを理解して来る頃ではないでしょうか。

たとえ、まだ仕事らしいことをさせてもらえていなくても、会社の雰囲気やその会社の仕事や内容、どんな人間関係で仕事が回っていくのかを見てこれたはずです。

 

新卒で、退職をする最も多いのがこの半年くらい。入社した会社の仕事や人間関係に少しでも触れ、早い人だと限界を感じている人もいると思います。中には仕事を任される人もいるでしょう。そのため、ここに見切りをつけて辞めていく人も多いです。

異業種であれば転職は早い方がいいので、やりたいことや将来を見据えているのなら一歩を踏み出して見てもよいでしょう。しかし、そうでない場合や仕事内容に対する不満で転職を考えているのなら、もう少しその仕事を続けてみてもよいでしょう。1年経ってようやく仕事のサイクルを理解できますから、そのとき本当に自分に合わなければ転職をしてもいいでしょう。

また、いじめや精神的に限界を感じ、身体を壊しそうな人は辞めた方がいいかもしれません。

ここから挽回する強い意志を持っているなら、半年ならばまだあなたへのイメージを挽回することは大いに可能ですので続けるのも良いです。しかし、あまりにもつらい場合は、身体を第一に考えて行動しましょう。

転職時期としても、秋か春にさしかかっていますので、転職はしやすいです。新しく新人が入社してくる時期でもあるため、会社側としても一緒に育てられるのでやりやすい時期でもあります。また、会社や人間関係への未練も少なくて済みます。

 

新卒入社1年

一連の仕事のサイクルがわかり、社会人としてのあり方もビジネスマナーもある程度身についた時期になります。正直、新卒1年目で転職する場合はこのときがいいと感じています。いつ転職しようか迷っているのなら、最低でも1年は頑張った方がいいというのが正直な感想です。

一連のサイクルを終えて見えてくる景色や学べることがありますし、転職するにも少しは会社というものがどんなものか理解している方が有利です。

まだまだ社会人としても未熟ですが、社会を知っている新卒と知らない新卒には差があります。自分がどうなりたいのかも少しは見えてくるでしょう。そうした意識の違いや目的を持つことは、転職する際にも大きく影響が出ます。目的のない転職は必ず失敗します。

数ヶ月や半年で辞めてしまう人よりも、1年は頑張った人の方が退職する理由に中身がありますし、理由も様々なので聞いてみなければわからないという面接官の心理が変わります。

「半年も1年も同じ」という人もいますが、実際半年と1年では社会人としての振る舞いや理解に大きく差が出ます。やりたいことがあるという目的を持って転職をする人も多いので、転職するときに動きやすくなります。

このときすでに、退職から転職するまでの計画を立てておくことが一番スムーズに進みます。

 

「いつ」に正解はない

つまるところ、転職にいつが正解というのはないです。上記は特にこだわりがなく、いつに転職すればいいのか迷ったときのあくまで目安です。

あなたが本当に辞めたい、転職したい理由があるのなら、「いつ」ではなく「今」が正解です。いつと考えられるのは、まだ先の目標が定まっていないか、まだ耐えられる状況にいるからです。転職するタイミングというのは、自分の気持ちが決まったタイミング次第なのです。

どのタイミングで辞めてしまっても、そのタイミングの対策や生き方がありますし、正直な話どこで辞めても転職はできます。ただそれが、求めるものかどうかはあなたの想いによるところが大きいからです。

 

どうしても迷う時は、エージェントに相談する

どうしても答えが出ない時は、その道のプロに相談することも正解です。フリーターや第二新卒向けに特化した転職エージェントもありますので、転職事情や悩みを相談しながら転職を進めることができます。転職を決めるのは自分自身ですが、ときには誰かに頼るのも自分で決めた正しい選択の一つです。

⇒第二新卒に特化した転職エージェントを選ぶ!

 







おすすめ記事一覧

1

現在、新卒での転職をする人は全体の3割にもなります。世間一般では新卒での転職は厳しいものとされていますが、一度リタイヤしてしまった人や辞めたくてつらいという人を応援する風潮も高まっています。 そこで新 ...

2

新卒で入社して、まだ数ヶ月や1年で転職ってできるの?と考えている方は多いです。僕自身も新卒入社してわずか1年で転職をしました。新卒で、早いうちに転職をしておいて本当によかったと思っています。 新卒で転 ...

3

転職活動を行うときって、在職中にするか退職してからするかによって日程調整などのスケジュール管理が大変ですよね。ましてや企業によっては平日のみ、面接や説明会などがあるところもあります。 しかし、それらス ...

-転職成功への道

Copyright© 入社1年目の転職 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.