転職サイト

第二新卒の転職におけるリクナビNEXTの使い方!リクナビとの違い

大手リクルートが運営する就活歳と「リクナビ」は、新卒の就活のときにも利用していた人も多いのではないでしょうか。

しかし、第二新卒で転職する際に『リクナビNEXT』が使えるのか、普通のリクナビとどう違うのか疑問に思う人も少なくありません。

このページでは、リクナビとリクナビNEXT(ネクスト)の違い、第二新卒が転職で成功するための「リクナビネクストの使い方」をご紹介します。


「リクナビ」と「リクナビNEXT」の違い

就活サイト「リクナビ」

「リクナビ」とは、人材会社としても有名なリクルートが提供する「新卒向けキャリア支援サービス」です。

一般的な「リクナビ」は、学生の就活などでも利用していたことがある就職情報サイトとして有名ですが、つまるところ”学生”が対象の求人サイトです。

つまり、第二新卒や転職者には利用できません。

転職サイト「リクナビNEXT」

リクナビNEXT 」は、主に中途採用をメインとした転職者用の求人掲載サイトで、もちろん第二新卒でも利用できます。

毎週2.6万人が新規登録していると言われており、転職者の8割が利用しています。求人は8.5万件以上も登録されており、リクナビNEXTだけの限定求人も多数掲載しています。

自分の経歴や希望条件を登録しておくだけで、企業側から選考オファーが届き、様々な企業と出会うことができます。

転職する気がまだなくても利用できるので、自分の可能性を広げる機会としても活用できます。

登録・利用はすべて無料で、「グッドポイント診断LP」サービスを利用すれば、じぶんでは客観的に判断しづらい自分の強みを知ることができます。

リクナビとリクナビNEXTの違いは、対象が「就活する学生」「転職する社会人」かということです。

リクナビNEXT公式サイトへ

リクナビNEXTは第二新卒の転職にも使える!

リクナビNEXTは経験やスキルのある人が利用するイメージがある方もいますが、「第二新卒」特集などもあり、新卒の転職にも利用できます。

未経験OKや第二新卒者を対象にした求人を多く取り扱っていて、掲載枠には「リクナビNEXT取材担当者のコメント」として「向いている人」「向いていない人」の参考コメントが記載されています。

仕事で忙しくても、第二新卒としてのオファーが届くこともあるため、自分から求人を探さなくても転職活動が可能です。

また、転職ノウハウや第二新卒の転職事情などの情報も掲載されているので、情報収集としての使い方もできますね。

登録方法は簡単で、連絡を受け取るメールアドレスを登録し、現在の自分の状況や経歴を入力していくだけです。

5分程度で済むので、登録して求人を眺めるだけでも充分役に立ちます。

リクナビNEXTに無料登録

第二新卒の転職におけるリクナビNEXTの使い方!

第二新卒がリクナビNEXTをうまく使うコツは、転職エージェントと併用することです。

リクナビNEXTはあくまで求人掲載型の転職サイトなので、求人の応募から企業との面接スケジュール調整などは自分一人で行う必要があります。

そのため、はじめての転職で不安な第二新卒や仕事が忙しくて転職活動がなかなかできないという人には心もとないでしょう。

しかし、リクルートエージェント などの転職エージェントでは、利用者一人ひとりに相談やカウンセリングで聞いた条件や求職者に合った求人を紹介してくれ、履歴書等の書き方、面接対策、企業とのスケジュール調整などをすべて無料で行ってくれます。

第二新卒の場合はまだまだ視野が狭く、転職経験が少ないため、リクナビNEXTなどの転職サイトで視野を広げ、転職エージェントで転職ノウハウやサポートを受けて転職する方が効率的ですし、勝ちパターンでもあります。

転職活動のすべてをサポートしてくれるので、スムーズに転職活動を進めることができますし、転職エージェントでしか見れない「非公開求人」も多いので、転職サイトには出てこない優良企業と出会うこともできますよ。

リクルートエージェント

リクナビエージェントの評判は?第二新卒にはどうか?

先ほどの話でも出てきた「リクルートエージェント」は、リクナビNEXTで登録した内容で合わせて登録できる転職エージェントです。

業界最大手だけに転職実績はNo.1で、担当コンサルタントの営業力が高く、決断を迫られる場面が多くありますが、本当に優秀です。

魅力は「非公開求人」数の多さで、リクルートエージェントでは約10万件以上の求人を扱っており、応募が殺到する求人や企業戦略として一般公開できない求人などに出会えます。

ただ、対象年齢が全年齢の転職者であるため、キャリアやスキルも経験豊富な人たちと争うことになります。

経験の少ない”第二新卒”ではライバルと戦うには少し厳しいデメリットがありますが、転職ノウハウや求人数は圧倒的なので登録しておいて損はないでしょう。

リクルートエージェント公式サイトへ

第二新卒の転職には「マイナビジョブ20's」もおすすめ!

そんな第二新卒の転職におすすめなのが、新卒No.1メディアのマイナビが運営する「マイナビジョブ20's 」です。

マイナビジョブ20'sはリクナビエージェント同様、転職サイトではなく転職エージェントです。

特徴は、第二新卒などの20代に対象者を絞った専門の転職エージェントだということです。

保有する求人数は一般の転職サイトやエージェントに比べると多くはありませんが、第二新卒や20代を採用したい企業に絞っているため、第二新卒でキャリアが短くても転職しやすいのが強みです。

登録・利用できるのは20代までで、主にキャリアや経験に自身のない第二新卒の人たちが多く利用しています。

そのため、経験が少ない第二新卒の未経験者でも、20代の転職市場を熟知したキャリアアドバイザーが、大手マイナビのパイプと手厚いフォローで転職をサポートしてくれます。

キャリアアドバイザーは実際に転職経験のある人たちばかりなので、実際に悩んだことや経験をもとに、転職活動の先輩としてアドバイスをくれます。

マイナビ独自の「適性診断」により客観的に自己分析ができるので、転職活動の指針としても活用できるのもポイント!

リクナビNEXTなどの転職サイトでは、様々な求人企業に触れることで視野や可能性を広げ、「マイナビジョブ20's」の転職エージェントで本格的に転職活動を進めると、第二新卒でも転職がスムーズにいきますよ。

マイナビジョブ20's公式サイトへ

第二新卒の転職ではリクナビNEXTとエージェントを両方使おう!

第二新卒の転職活動にもっとも必要なのは、情報とノウハウです。

リクナビNEXT の求人数やノウハウ情報はかなり充実しているので、スキマ時間などを活用して視野を広げていきましょう。

一方で、本格的に転職活動をするには「リクルートエージェント 」「マイナビジョブ20's 」などの転職エージェントを利用します。

実際に動き始めると何から手をつけていいかわからないことも多いですが、転職エージェントのアドバイザーが基本から丁寧に教えてくれます。

うまくこの2つを併用することで、効率的に、確実に転職を成功させることができます。

ちなみに、転職エージェントは必ず転職しなくてもOKなので、わからないことを何でも相談してみましょう。

こちらの記事もおすすめ