転職サイト

第二新卒におすすめの転職サイトとは?登録するメリットもご紹介!

新卒で入社して、「まだ数ヶ月や1年だけど転職できるの?」と悩んではいませんか?

僕自身も当時は悩んで苦しかったのを覚えていますが、新卒入社してわずか1年で転職することができました。結果、新卒早いうちに転職をしておいて本当によかったと思っています。

しかし、転職をするにはそれなりの準備と転職サイトで得られる「情報」が大切です。

ここでは、僕自身も使っていた、新卒が転職するために登録しておきたいおすすめの転職サイトをご紹介します。

第二新卒は転職におすすめ?

新卒で入社した会社を半年や1年ほどで退職をすると、入社3年以内であれば「第二新卒」としての転職が可能です。

第二新卒の定義はあいまいですが、原則として新卒入社3年以内とされていて、実はこの3年以内の退職・転職は多く、企業でもこの層が一番の人材不足になっています。

あなたも辞めたいと思っているように、第二新卒で転職を考えている人は少なくありません。

そのため、「すぐに辞めるんじゃないか」という企業にリスクがあるとしても、人手不足を補うために第二新卒を欲しがる企業は多く、転職市場は明るいのが現状です。

第二新卒世代の人材がいなければ、熟年層が退職した時に社員がいなくなってしまいますからね。

また、第二新卒の転職事情と市場価値でも詳しく解説していますが、第二新卒は以前の会社に染まっている可能性が低く、自社でも育てやすいというメリットがあります。

おすすめだから皆が転職した方がいいというわけではないですが、現職がブラック企業であったり、自分にやりたいことがあるのならば、第二新卒として転職することは数少ないチャンスなのです。

第二新卒の価値はどこにあるの?転職事情や市場について徹底解説! 第二新卒の転職って実際どうなの? 第二新卒の価値はどれくらい? 新卒の人が転職する場合は「第二新卒」として扱...

第二新卒の転職には準備が必要!

闇雲に転職活動をしては失敗する

人手不足で第二新卒が転職しやすいといっても、ただ闇雲に転職活動をしても必ずと言っていいほど失敗します。

在職中での転職活動ならまだよいですが、退職した後だと転職先が決まらず、路頭に迷う可能性も高いです。

空白期間が長くなればなるほど、転職には不利になります。採用担当には、「働く意欲がない」「採用されない問題があるのでは」と思われてしまい、ニートやフリーターを続けざるをえなくなってしまいます。

そうならないためにも、失敗しないための準備が必要になるのです。

転職サイトへの登録は必須

新卒が失敗しないための準備としてもっとも大切なのが「情報」です。

転職は「一種の情報戦」だという人もいるくらい、転職において情報はとても重要なものなのです。業界や企業のこと、転職活動におけるコツなどの情報を身につけておかなければなりません。

そのためには、転職サイトへの登録は必須になります。

転職サイトに登録しておけば、

  • 転職したいと思う業界・業種
  • 自分が今いる業界の動向
  • 自分の会社と他社との比較
  • 世の中にはどんな仕事があるか
  • どんな働き方があるのか

など様々な情報がタダで手に入ります。転職サイトへは誰でも無料で登録できますし、使わなければ放置しておいても問題ありません。

ただ、転職サイトに登録しておくことで様々なメリットがあるため、それを得ないのはかなり勿体ないです。

転職サイトには2種類ある?

新卒で転職するとなると、転職サイトは初めての登録になるかと思います。

転職サイトには自分のペースで進めていくタイプと、転職エージェントに相談しながら転職を進めていくタイプがあります。

  • 求人掲載型(企業が直接掲載)⇒自分のペースで進めていくタイプ
  • 人材紹介型(エージェントが求人を紹介)⇒エージェントと一緒に進めていくタイプ

自分で企業を選定し、自分のペースで転職を進めていきたいという人は求人掲載型初めての転職・新卒の転職で不安という人は、相談しながら転職活動を進めていける人材紹介型(転職エージェント)がおすすめです。

新卒で転職する人は全体の3割以上もいるため、そういった人たちの転職を応援する転職サイトはたくさんあります。

もちろん、誰でも新卒の転職を応援しているわけではなく、きちんと今の転職が正しいのか考えさせた上での応援をしてくれます。

僕自身、転職自体初めてだったので、いろんな転職サイトを見ましたし、利用してきました。

これは個人的な意見ですが、よく転職サイトが順位付けされている「比較サイト」を見ますが、転職サイトはその人との相性があるため、順位付けできるものではないと僕は感じています。

なので、いろんな転職サイトを登録・利用してみて、自分に合った転職サイトを見つけることの方が大切です。

新卒が登録しておきたいおすすめの転職サイト!

実際に僕が転職するときに使っていた転職サイトの中から、第二新卒におすすめの転職サイト(転職エージェント含む)をいくつかご紹介します。

求人掲載型

【リクナビNEXT】

まず、どんな転職でも必ず登録しておきたいのが「リクナビNEXT」です。

どんな転職者でも8割以上の人が登録しており、求人掲載数がダントツで多いです。僕も新卒で転職するときは登録してました。

仕事で忙しくても、自分の求める条件の求人や、第二新卒としての自分に企業やエージェントからスカウトなどを届けてくれます。転職ノウハウや転職事情などの情報収集もできます。情報量も圧倒的に多く、情報収集にも役立ちました。

たとえ登録しても実際に転職を行わなくてもよいため、まず初めての転職をするなら必ず登録しておきたい転職サイトです。

登録方法は簡単で、連絡を受け取るメールアドレスを送信し、現在の自分の情報を入力していくだけなので5分程度で終わります

その後は求人を見たり、転職のコツを学んだりなど使い方は自由です。

また、登録したあなたの情報をもとに企業からスカウトメールなども届きます。

エン転職

次におすすめなのが総合型転職サイトの「エン転職」です。着ぐるみを着たバカリズムさんとウインクがかわいい松岡茉優さんがCMしていますね。

何より特徴的なのが、エン転職の求人には現役社員や働いていた人の口コミが一緒に掲載されていること。社風や社員の働きやすさなどが投稿されていて、働く環境が具体的にイメージできるメリットがあります。

こういった詳細が掲載されているのは、転職サイトの中では唯一『エン転職』のみ。

エン転職の利用者は主に20〜30代が多く、使いやすくて便利という評判があります。

求人数としては、同じ総合型転職サイトの『リクナビNEXT』や『doda』には及びませんが、是非とも登録しておきたい転職サイトでしょう。

エン転職公式サイトへ

転職エージェント型

実際に新卒で転職したときに利用していた転職エージェントで、おすすめの転職サイトをご紹介します。扱っている求人とサポート力で選びました。

【マイナビジョブ20’s】

大手マイナビが運営する、第二新卒・20代の若手向けに特化した転職サービスです。

年間約17,000人の20代が登録し、個別の専属カウンセラーと独自の適性診断により自分が気づかなかった強みや弱み・適性などを分析してくれます。

在職中の転職活動でもうまく進められるように、求人の応募や日程調整などの企業とのやりとりを代行してくれます。

大手だから信頼できる安心感と情報量も多く、サービスは全て無料で利用できるので登録しておくだけでもメリットがあります。忙しくて時間がない人や転職をうまく進められない人にもおすすめです。

「マイナビジョブ20's」の登録方法や全体の流れはこちらでまとめていますので、参考にしてみてください。

【いい就職.com】

すでに退職してしまった既卒の人や、第二新卒として転職をする人専門の転職エージェント。14万人もの人が登録している、第二新卒応援サイトで国内最大級です。

「いい就職.com」に掲載されている求人は、第二新卒の正社員就職を前提としている企業です。

そのため、自分の職歴の短さや新卒で転職しようとしていることを理解した上で、求人を出している企業だから非常に転職がしやすいです。

だからと言って「掲載されている企業はブラック企業なんじゃないか」と思いますが、実際にスタッフが訪問したり、厳しい基準をクリアした企業だけを取り扱っています。

新卒での転職はもちろん、すでに早期退職をしてしまっていたり、一度つまずいてしまった人におすすめの転職サイト(エージェント)です。

「いい就職.com」の利用方法と内定までの流れはこちらでまとめているので、参考にしてみてください。

doda(デューダ)

doda(デューダ)は、20〜30代を中心とした大手総合型転職エージェントで、転職サイトと転職エージェントが一体型になっているのが特徴です。

「一人で探してみたい」という人も、「一人での転職活動は不安だから一緒に探してほしい」という人でも両方に対応できるのがdoda(デューダ)です。

日本最大級の求人掲載数(10万件以上)をほこり、成功実績もNo.1です。独占求人も多いので、より多くの企業や求人を見つけたい人は登録しておくとよいでしょう。

何よりカウンセリングが丁寧で、サポートなどの対応もよいと評判があります。第二新卒でも大丈夫?と不安になる方も多いかもしれないですが、実際に「新卒で2回転職している」という不利な人でも転職に成功しています。

もちろん転職エージェントなので、書類の書き方や添削、面接対策などもしっかりフォローしてくれます。

dodaエージェント公式サイトへ

転職サイトに登録するメリット

転職サイトには登録しておくだけで、様々なメリットがあります。

  • 業界、職種、転職における様々な情報が手に入る
  • 知らない業界・仕事がたくさんあるため視野が広がる
  • 仕事のコツなども分かるので現状を改善できる
  • 性格診断や適正診断も無料でできる
  • 選択肢が広がり、心の余裕が持てる

転職をする上で必要な情報が無料で手に入るほか、自分の市場価値や世間体、転職するための知恵や経験を得ることができるため、新卒の転職成功率がグッと上がります。

新卒の多くは転職で失敗するパターンがあります。

第二新卒の転職に失敗する内容は、私が感じた新卒1〜2年目の転職で失敗する7つのパターン!で書いているので、参考にしてみてください。

その多くが感情で先走り、きちんと情報整理や分析を行わないことにあります。書類の書き方や面接対策も必要ですが、それらは情報があってこそ。

転職サイトに登録することは、失敗しない転職をするための第一歩になります。

私が感じた新卒1〜2年目の転職で失敗する7つのパターンと成功法!新卒で入社した会社を社会人1〜2年目で転職する、いわゆる第二新卒が多くなってきましたね。 もちろん、新卒で転職なんて不安しかないけ...

転職サイトに登録するデメリットはない

転職サイトの登録・利用には一切費用はかかりません。

転職サイト側は、企業から掲載費として手数料を受け取っています。また、転職サイト側が求職者から金銭を受け取ることは法律で禁止されているのです。

つまり、無料で安全に転職サイトは利用することができます。

転職サイトの登録や利用は誰かに知られるといったこともありません。個人情報は転職サイト側が厳しく管理しています。

それに転職サイトに登録しているからといってそれがいけないことではありませんし、案外誰でも登録しています。

登録しておくだけでも情報が自然と入ってきますが、必要ない情報は設定で通知をオフにすることもできます。そのため、新卒でも利用することでのデメリットがないのです。

転職サイトは複数登録しておくのが基本!

転職をする場合は、複数の転職サイトを利用するのが一般的です。

というのも、一つの企業も複数の転職サイトに求人を出している反面、転職サイトによって求人のある企業は異なります。

いろいろな転職サイトを利用することで、より多くの企業や会社の求人情報を見ることができます。

何度も言いますが、転職で大事なことは「情報収集」です。

登録しておくだけでも、どんな企業があって、どんな転職が可能なのか、社会のことや転職事情のことなどたくさんの情報を得ることができます。

新卒ではじめての転職をする場合は、全て無料なので最低でも2つ以上の転職サイトに登録・利用するのがおすすめです。

一つは「リクナビNEXT」のような求人掲載型を、もう一つはサポートを受けながら転職を進められる「転職エージェント」を登録しておきましょう。

新卒であろうと、(第二新卒としての)転職でなくても早くから登録しておくで自分の人生を広げることにつながりますからね。

第二新卒で転職するためのエージェント8選!使うべき理由と口コミからおすすめをご紹介!新卒の転職ってとても不安ですよね。第二新卒の転職市場は明るいと言われているけれど、実際不安が消えることはありません。 新卒...
こちらの記事もおすすめ