転職エージェント

迷っているなら!20代におすすめの転職サイト・エージェント!

今の会社や仕事が合わず、転職を考えている20代は多いです。転職といえば、転職サイトや転職エージェントを使うのが一般的ですが、第二新卒や転職経験のない20代の転職にはどれを利用していいか迷ってしまいますよね。

20代の転職成功率を上げるには、20代向けの転職サイトを利用することです。私自身20代で3度の転職をしましたが、自分に合った転職サイト・転職エージェントがあってこそでした。

そこでこのページでは、20代におすすめの転職サイト・エージェントと20代が利用するコツなどをご紹介していきます。

転職サイトと転職エージェントの違い

そもそも、転職サイトには2種類あることをご存知でしょうか。

転職サイトには、求人情報がまとめて掲載され自分一人で行う「求人掲載型」と、キャリアコンサルタントが求職者に合わせて転職をサポートする「人材紹介型」があります。

転職サイト(求人掲載型)

一般的に「転職サイト」と呼ばれるのが、求人情報がまとまって掲載されているWebサイトの「求人掲載型」です。

主な転職サイト

リクナビNEXT、エン転職、マイナビ転職など

転職サイトには企業が直接求人を掲載しており、利用者が自由にサイト内で求人閲覧・応募することができます。誰でも利用できるので、気軽に登録できるのがメリットです。

特に第三者の介入がないので、自分一人でじっくり転職活動を進めたい人向きです。20代でも利用する人は多いですが、サポートなどはないので転職に不安がある人は「転職エージェント」がおすすめです。

転職エージェント(人材紹介型)

一方「転職エージェント」というのは、エージェントと呼ばれる専任のキャリアコンサルタントが求職者の転職をサポートしてくれます。

メモ

リクナビ/マイナビエージェント、doda、いい就職.com、ビズリーチなど

転職エージェントは、企業からの求人をエージェント側で選定し、求職者に合った求人を紹介してくれます。エージェントによってはブラック企業などを排除し、優良企業に絞っているためなるべくリスクを回避できます。

また、転職エージェントのメリットは求人紹介だけでなく、履歴書や職務経歴書の書き方、面接対策、企業とのスケジュール調整なども代行してくれることです。

20代の転職は経験が少ないことがハンデとなりますが、しっかりサポートしてくれるので転職がはじめてで不安な人でも安心して転職活動ができます。

 

20代におすすめ転職サイトとエージェント

ここからは20代の転職に適した、おすすめの転職サイトと転職エージェントを紹介します。20代といっても、前半(第二新卒)と後半(キャリア形成組)とでは対象が異なるので、それぞれのおすすめを紹介していきます。

20代全般におすすめの転職サイト

リクナビNEXT

利用方法 無料会員登録
求人数 80,000件以上

まず、どんな転職においても登録しておきたいのが「リクナビNEXT」です。

リクナビNEXTは企業が直接掲載している求人掲載型ですが、圧倒的な求人数と信頼度があります。毎週2万人以上が登録し、転職者の8割がリクナビNEXTを利用している大型サイトです。

世の中の企業や求人などの情報が多く、経験や情報が少ない20代の視野を広げるのに大いに役立ちます。

「スカウト登録」することで、企業や転職エージェントから直接オファーが届くシステムを採用しており、条件を登録しておけば企業から直接アプローチを受けることができます。

無料適正診断も行っているので、未だ転職意向が低い20代でも可能性を広げるために利用するのがおすすめです。

 

doda(転職サイト)

利用方法 無料会員登録
求人数 100,000件以上

転職サイトと転職エージェントが一体型になっている転職サイトで、リクナビNEXTに並ぶ日本最大級の転職実績と求人数を誇ります。

転職エージェントについては後半で述べていますが、dodaは20代〜30代の転職に強く、求人数も豊富です。求人は有名大手、外資、ベンチャー企業まで幅広く掲載しています。

「年収査定」や「キャリアタイプ診断」などのコンテンツも豊富で、無料の転職フェアイベントも行っています。求人数ではリクナビNEXTの方が多いですが、dodaは求人の質が高いです。

 

20代前半におすすめの転職エージェント

マイナビジョブ20’s

利用方法 無料会員登録
求人数 1,500件以上

人材業界大手の「マイナビ」が運営する、第二新卒を中心とした20代専門の転職エージェントです。20代前半の第二新卒のときに、私自身も利用していました。

リクナビ同様に、大手マイナビの情報網と安心感は利用しておいて孫はありません。

20代前半の若手を専任としているため、職歴が浅く、キャリアに自身のなかった私でも一生懸命に転職活動をサポートしてくれました。また、求人のエントリーや日程調整などもすべて代行してくれるので、在職中の転職活動が難しかった人でもスムーズな転職活動が可能です。

20代の転職市場を熟知したキャリアアドバイザーが、一人一人に専任でついてくれるため、転職に踏み切れなかった悩みや相談にも乗ってくれます。

 

いい就職.com

利用方法 無料会員登録
求人数 5,000社(第二新卒向け2,500社)以上

あまり名前を聞いたことがある人も少ないかもしれませんが、「いい就職.com」は日本で初めて「第二新卒」向けの転職支援を行った転職エージェントです。

全国14万人が利用する国内最大級の第二新卒向け転職サイトで、私も転職に自信のなかった20代前半で利用していましたが、エージェントは皆優しく、最終的には「いい就職.com」で転職を決めました。

最大の特徴は扱う求人企業で、離職率の高い企業や働きずらい企業などは受け入れず、「ブラック企業」を徹底的に排除しています。専任のスタッフが企業に直接足を運び、裏まで調べた本当に働きやすい企業だけを提供してくれます。

扱う企業・求人数はそこまで多くはないですが、20代のあなたに合った本当にいい転職をサポートしてくれます。

 

20代後半におすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

利用方法 無料会員登録
求人数 100,000件以上

リクルートエージェントは大手「リクルート」が運営する転職エージェントで、なんと10万件以上の非公開求人を扱っています。

転職支援実績は40万名以上にもなるため転職アドバイザーは皆経験豊富で、20代には少し気が引けるかと思いましたが、転職するしないに関わらず、仕事についての不安や悩みも相談に乗ってくれます。

20代はまず視野を広げることからスタートする方がうまくいくので、求人の幅も広くて熟練した転職アドバイザーがいる「リクルートエージェント」はまず登録しておいて間違いはないです。

 

doda(転職エージェント)

利用方法 無料会員登録
求人数 100,000件以上

求人掲載型の転職サイトで紹介した「doda」とは別で、こちらは転職エージェント型の「doda」です。取り扱う非公開求人も多く、質の高い求人を幅広く提案してくれます。

dodaといえばキャリア経験豊富な人が使うイメージがありますが、近年では20代や第二新卒向けの転職にも力を入れており、新卒1〜2年目でも転職した体験談をよく目にします。

何よりカウンセリングがとても丁寧で、自分の視野を広げた上でのよりよい転職ができるようにサポートしてくれます。転職者満足度No.1の転職エージェントは強みなので、リクナビNEXTやdoda転職サイトとも並行して使うことをおすすめします。

 

フリーター・既卒の20代におすすめ

ハタラクティブ

利用方法 無料会員登録
求人数 2,300件以上

ハタラクティブは、フリーター・既卒・第二新卒の20代を対象にした転職エージェントです。「社会人経験のない人でも正社員を目指せる」就職支援を行っていて、一度リタイヤしてしまった人やブランクのある20代、フリーターや既卒の人向けに求人を提案してくれます。

求人数は多くはないですが、学歴や職歴ではなくやる気や人柄で採用する20代向け優良企業だけに絞っているためです。

私もブランクが空いた時には利用していましたが、アドバイザーの方は親身に求職者に寄り添い、就職・転職できたときには一緒に喜んでくれていたのが印象的でした。

もちろん就職・転職までのサポートはしっかりしてくれるので、キャリアに自信のない人や社会人経験のない人でも安心して利用できるでしょう。

 

JAIC(ジェイック)

利用方法 無料会員登録
求人数 50,000件以上

厚生労働省から「職業紹介優良事業者」として認定された転職エージェントで、未経験からの正社員への就職成功率は80%以上、就職した企業への定着率は94%以上にもなります。

もともと企業や営業マンに研修事業を行っていたため「営業職の求人が多いのでは?」と思う人も多いですが、現在は総合型になり、実に様々な業界・職種の求人を紹介してくれます。

何より、就活講座や面接会などの就職・転職サポートが充実しています。20社の経営層と直接面談ができるため、書類選考なしで面接に進むことができるのも「JAIC(ジェイック)」ならでは。

取り扱う求人も専任スタッフが実際に足を運んで調べているため、安心して働ける会社や職場に出会えるでしょう。キャリアに悩むフリーターやニートの20代におすすめのエージェントです。

 

20代の転職サイトの選び方と利用するコツ

20代が転職サイトを選ぶ際に大切なのは、「いかに自分に合っているか」「相性のいい担当者と出会えるか」です。

というのも、一つの企業も複数の転職サイトに求人を出している反面、転職サイトによって求人のある企業は異なります。そのため、いろいろな転職サイトを利用することで、より自分に合った求人と出会える可能性が高くなります。

求人の見やすさやサイトの使いやすさも、転職サイトを利用するうえで大切なポイントです。

また、転職エージェントにおいても同様で紹介される求人も異なりますし、担当者との相性も重要なポイントです。担当者との相性は転職成功率を大きく変えるため、転職エージェントは複数利用するのが一般的です。

全ての転職サイト・転職エージェントは無料なので、最低でも2つ以上は登録しておくことをおすすめします。転職サイトで視野を広げ、転職エージェントで準備・活動を進めるというのがコツです。

20代の転職では「情報収集」が大切です。転職する意志が今は低くとも、将来を考えて今のうちから準備をしておくことがキャリアアップの秘訣です。