仕事の悩み

仕事の向き不向きを気にするだけ時間のムダ?つらい今を脱する方法

あなたは、仕事に向き不向きがあると思いますか?

今の仕事をしていて、ミスが多かったり、思うように仕事ができなかったり、できる人を見て「向いてないな」と感じてしまうことがありますよね。

でもそれは、はっきり言って考えるだけ時間の無駄です。

仕事の向き不向きを考えるほどつらいかもしれませんが、今を脱する方法は仕事の向き不向きとは別にあることをここでお伝えしていきます。

今の仕事が向いていないと悩むあなたに、この記事が「これからどうするべきかの道しるべ」となれば幸いです。

どんな仕事にも向き不向きはある

結論から言ってしまうと、誰にだって向き不向きはありますし、どんな仕事にも向き不向きはあります。

人それぞれに個性や性格の違いがあるように、できること・できないこと、得意なこと・苦手なことがありますよね。

仕事は”相性”なんていう人もいますが、あながち間違ってはいません。

人と話すことが苦手な人は、細かい作業や地道な作業をコツコツとこなしていける根気があったり、反対にコミュニケーション能力が高い人は、地道に何かを続ける作業が苦手だったりします。

向き不向きというよりは、「適材適所」という言葉が合うような気がします。

人は得意なことや好きなことでこそ力を発揮することができますよね。

今の仕事が「向いてないな」と思う人でも、他の仕事や得意なフィールドでは「向いてる」と言われるような潜在的な力を発揮できたり、イキイキと働けることも多いです。

誰にだって得意・不得意があるように、仕事にも向き不向きは必ず存在します。

結局はその仕事をしたいか、したくないか

はっきり言って、仕事の向き不向きは考えるだけ時間の無駄です。

確かに、向いていない仕事でも努力や工夫で乗り越えることはできますが、向いている状態に持っていくことは不可能に近いでしょう。

向き不向きは性格的な問題もあるので、いくらその仕事が得意になっても、楽しくありませんし、「自分は向いているなぁ」と感じることはほとんどありません。

これは私も試したことですが、たくさん努力して苦手な仕事をこなせるようになっても、結局は楽しめなかったり打ち込めなかったりで、向いていると感じることはありませんでした。

逆に全然成果を出せなくても、楽しくて夢中になったり、続けていても苦でないことの方がはるかに向いている気がします。

結局は仕事の向き不向きではなく、自分のモチベーションが保てるか、その仕事がしたいかしたくないかというところに尽きるということです。

仕事の向き不向きを考えるより、したい仕事をすればいい

結局のところ、「向いてないと思う仕事を続けるなら転職したほうがいい」というのが結論です。

仕事の向き不向きを考えてしまうのは、真面目に取り組んだ結果でもあるので、とてもいいことです。

ですが、向いてないと思う仕事を続けることがストレスとなり、仕事や周りの人にも影響してしまうことがありますし、いつかは身体を壊すことになりかねません。

だったら、はじめからやりたい仕事や楽しいと思えることをする方が、時間を無駄にしなくて済みますし、何倍も人生を楽しく生きられます。

まだ今の仕事に未練があるのなら、まずは努力や工夫をしてみて、努力しても仕事の向き不向きを変えられなかったなら、転職することを考えた方がよいでしょう。

転職してもその仕事に向いていなかったら?

転職をする前は、「転職してもその仕事に向いてなかったどうしよう」と考えてしまいがちですが、その悩んでいる時間ももったいないです。

転職したい仕事について調べることは大切ですが、あれこれ考えて動けなくなってしまっては意味がありません。

なぜならば、どんな仕事もやってみないと向き不向きはわからないからです。

仕事のあらゆることを調べたとしても、それは表向きの内容でしかなくて、実際の雰囲気や細かい仕事内容、関わる人間なども入社して初めてわかることです。

「向いていなかったどうしよう」と考えるだけ無駄ですし、そうであったとしても今の仕事に向いていない・辞めたいと思っているのですから、今の現状よりはマシでしょう。

実際に転職活動をしてみるとわかることですが、世の中にはあなたの知らない仕事や業界もたくさん存在します。

少しでも今を変えたいと思うなら、転職活動で視野を広げてみてはいかがですか?

転職活動はしても何も損はありませんし、次なる一手を打つ準備にもなります。

少しでも向いている仕事に就くためには、徹底した自己分析と転職エージェントなどで客観的視点からアドバイスをもらうとよいでしょう。

少しでも失敗を避けたい方は『初めての転職で失敗しないための準備マニュアル』を参考にしてみてください。

まとめ|結局は向き不向きではなく、やるかやらないか

仕事の向き不向きで悩んでいる方のほとんどは、今の仕事を続けるか辞めるかになってくると思います。

その最終的な判断は、たとえ今の仕事が向いていなくても、続けたいか続けたくないかの2択しかありません。

その仕事が好きで、向いていないと感じていても努力したいと思えれば続ける方がよいですし、全然やる気もモチベーションも保てないという人は辞めてもいいと思います。

20代であれば、新卒で辞めてもなんら問題はありません。

私も新卒入社1年目で辞めましたが、「第二新卒」は需要があるのでいくつも内定をもらえましたし、転職活動で困ることも少なかったです。

結局のところ、仕事の向き不向きを考えてしまうのは、今の現状や「続けること」から逃げの意識があるからでしょう。

仕事に対しても、人生の決断においても、やるか・やらないかです。

仕事の向き不向きを考えるのではなく、今の仕事を続けたいのか・辞めたいのかをもう一度自分に問いかけてみてください。

転職を考えるいい機会かもしれませんね。

初めての転職で失敗しないための準備マニュアル|エージェントの使い方!新卒のはじめての転職っていろいろ怖いですよね。 「転職してもっと悪くなるかも」「何がやりたいんだろ自分」「新卒って転職できるの」と...
〜入社一年目の転職講座〜