転職サイト

キャリトレの登録方法や流れをスクショ付きで解説!料金や使い方は?

テレビCMや雑誌でもよく見かけるようになった転職サイトの「キャリトレ 」は、挑戦する20代の転職を応援する転職サイトです。

あなたの「興味がある」求人を日々レコメンドしてくれる新しいカタチの転職サイトなので、会員登録の流れや仕組みがわからないという方もいるでしょう。

そこで本記事では、キャリトレの会員登録方法・流れを写真付きで解説していきます。他にも、料金や退会方法など、使い方に関することをまとめています。

キャリトレの登録がまだの方は、転職活動の一手としてぜひ参考にしてみてください。

簡単解説!そもそも「キャリトレ」とは?

1日5分でレコメンドされる求人が便利!

キャリトレ とは、ハイクラス求人サイトでも有名な「ビズリーチ」が運営する20代向けの転職サイトで、1日たった5分でもレコメンドされる求人に対して「興味がある」を選択することで、自分の本当の価値や可能性を発見できる特徴があります。

※レコメンドとは:推薦するの意味。ユーザーの閲覧履歴などから、独自アルゴリズムで解析し、お勧めの商品やサービスを表示するシステム。

会員登録した情報(プロフィールや現職内容、希望職種など)をもとに、あなたが求める求人や適性のある求人を随時提供してくれるため、忙しい中でも転職活動を進めることができます。

レコメンドされる求人のなかから「興味がある」求人を選択するだけで、より志向性にマッチした求人がレコメンドされたり、企業からスカウトが届くようになります。

キャリトレを使ってみた感想

管理人も転職活動中なので「キャリトレ」に会員登録して使ってみましたが、意外にも使いやすくて、求人の質がよい印象です。

というのも、多数の転職エージェントが保有する求人を「エージェント付き」で紹介してくれるので、求人数も効率もよいのです。

転職サイトのリクナビNEXT などのように、少しでもマッチする条件があれば送られてくる大量の紹介メールやスカウトと違って、レコメンド機能により選定された求人だけが送られてくるので効率がよいです。

スカウトや推薦メールは1日に2〜3通ほどで、多くても4〜5通ほどでした。

メールが大量に来すぎないのでメールボックスもパンパンにならないですし、レコメンド機能によりお勧めされる求人は希望に近いものか、関連する求人や企業からだけです。

求人の質も「ココいいな」と思えるような求人が多く、合間に見れるので探すのもラクで使いやすかったですね。

キャリトレ公式サイトへ

5分でできるキャリトレの会員登録

キャリトレの会員登録は入力する情報が少し多いですが、流れに沿って進むだけなので5分程度で完了します。

会員登録の流れとしては、

  1. 基本情報
  2. 就業状況・希望条件
  3. 職務経歴

といった情報を順番に入力していくだけです。

入力項目は全部で25項目ありますが、入れたら次、入れたら次とテンポよく進むので、そこまでストレスにはならないでしょう。

基本情報(※必須項目)

⒈「いつまでに転職をしたいですか?」を選択

⒉経験社数

⒊生年月日

⒋メールアドレス(スカウトや通知メールが来るやつです)

⒌パスワードを設定

⒍氏名

⒎性別

⒏現住所

⒐最終学歴

10.ご連絡先

電話番号を入力します。

会員登録してすぐに電話が来たりとかはありません。キャリトレは転職エージェントではないので、エージェントが電話して求人を紹介することはないのでご安心を。

就業状況・希望条件(後から変更できます)

11.直近の職種を選択

12.直近の業種を選択

13.スキルを選択

14.現在・直近の年収

15.希望勤務地

16.希望業種

17.希望職種

18.希望年収

職務経歴(スカウトに影響します)

19.現在の就業状況

20.直近の在籍企業について

21.直近の在籍企業の事業内容

企業の公式サイトからコピペしてきたり、求人から引っ張ってくると楽ですよ。

22.直近の在籍企業の担当業務

羅列でOKです。例もあるので、書ける範囲で入力しましょう。

例:WEBアプリケーション開発 接客業務 不動産営業など

23.直近の担当業務での実績・アピールポイント

具体的な実績などがない場合は、得意なことや個人でのアピールポイントでもいいです。

例:予算達成120%、新規事業立ち上げ、マネジメント30名など、箇条書きでOKです。

24.直近の業務内容詳細

職務経歴書に書く内容でOKです。ただ、ここが企業が一番注目するところなので、書き方一つでも変わってくると思います。

キャリトレはあくまで視野を広げる目的や情報収集での利用なら、簡易的でいいと思います。

25.これまでのマネジメント経験

マネジメント経験はなければ「なし」で終了です。ある人は少ないのでは?

これでキャリトレの会員登録は完了です。

僕は完了するまで5分程度でしたが、後から変更もできるので一旦入力でも全然大丈夫です。一般的な入力フォームなので、難しいこともありませんね。

キャリトレ公式サイトへ

ログイン画面と会員登録後の流れ

キャリトレ の会員登録が完了した後の流れですが、以下のような会員ログイン画面に入ることができます。

キャリトレの会員登録後は、あなたの希望条件や職務経歴に合わせてレコメンドされた求人、もしくはスカウトのメールは届くようになります。

お知らせはほどよい頻度で来ますが、通知メールが嫌な人はマイページで設定をしておくとよいです。

マイページでは下記のように、求人を「興味がない」「興味がある」を選択するだけで、今後レコメンドされる求人の精度をより高くすることができます。

さらにログイン画面では、「やることリスト」に転職活動で何をしなければならないのかも案内してくれているので、初めての転職でも安心ですね。

キャリトレは使えば使うほど、自身の潜在的なキャリアの可能性を発見できます。

忙しくて求人を見る時間もない人などは、こうした転職サイトを利用しておくと、今後の転職活動もうまくいきやすくなるでしょう。

第二新卒や20代で転職を考えている人には、おすすめの転職サイトです。

キャリトレ公式サイトへ

キャリトレの登録・利用料金は?

キャリトレは、登録から利用まで料金は一切かかりません。

キャリトレに限らず転職サイト・エージェントはすべて無料です。

というのも、転職サイトやエージェントは企業の求人を利用者に紹介する代わりに、就職・転職したら企業から手数料をもらいます。

いわば求職者と募集企業の仲介業者なので、私たち利用者が料金を取られることは一切ないのです。

キャリトレの退会方法

就職・転職が決まったり、スカウトメールや通知がうざいと思うなどで、キャリトレの退会をしたいという方もいるでしょう。

キャリトレの退会方法は簡単で、ログイン後の「マイページ」から「その他」→「設定」から退会することができます。

「退会の申し込み」をクリックすれば退会ページに飛ぶので、あとは「退会理由」を選択して完了です。

リクナビNEXTのように、特にわずらわしい設定や質問などもなく、退会してもしつこいメール等もないので、安心して利用できますよ。

リクナビのメールって退会しても、配信設定しても来るのはなんででしょうね。

その点、キャリトレはシンプルで使いやすいのでおすすめです。

キャリトレの無料登録はこちら

こちらの記事もおすすめ