転職エージェント

第二新卒は登録するべき?JAIC(ジェイック)の評判と口コミ!

更新日:

Pocket

新卒の転職って不安なことばかりです。

そこで転職エージェントなどの利用を考えるでしょう。転職エージェントはたくさんありますが、既卒・フリーター・第二新卒を対象とした転職支援サービスを行うJAIC(ジェイック)を利用しようか迷っている方もいると思います。

JAIC(ジェイック)は既卒やフリーターを対象にしていることを前面に出しているので、第二新卒ではどうなのか気になりますよね。転職に悩む新卒や、経験のない20代に特化したJAIC(ジェイック)の評判と、詳細について第二新卒として利用した私の目線からご紹介します。

>> 優良企業20社と書類選考ナシで面接できるジェイック!

 

JAIC(ジェイック)って?

JAIC(ジェイック)は、厚生労働省に「職業紹介優良事業者」として認定された転職支援サービス(転職エージェント)です。もともと企業や営業マンに研修事業を行っていた会社で、就活講座や面接会などの就職・転職支援が充実しています。

未経験から正社員への就職成功率は80.3%を越え、就職後も相談に乗ってくれたり支援してくれる「フルサポート」を提供しています。ビジネスマナーや履歴書の書き方、面接や自己PRなどの入社後に役立つこともしっかり学ぶことができるため、スムーズに入社できたという人も多いのが特徴です。

既卒・フリーターからの利用者が多いですが、同じ第二新卒としての就職なので仲間もできやすいですね。他の転職エージェントと違うのは、登録が無料説明会に行ってからなので、説明会で雰囲気や内容を感じ取ってから利用を検討できます。

とりあえず数ある中のうちの選択肢の1つという感じでした。大手企業の求人が多い印象があったので選びました。

 

特徴その1、研修やトレーニングを行ってから企業を紹介

JAIC(ジェイック)は通常の転職エージェントと異なり、無料の集中講座やビジネスマナーを学んでから企業の求人を紹介する育成型の転職エージェントになります。

ビジネスマナーや社会人としての常識を学ぶ「集中講座(7日間)」を受けてからでないと求人の紹介を受けられませんが、職歴や経験の浅い第二新卒や既卒の方にはありがたいサービスでしょう。

こうした研修型の転職エージェントは珍しく、もともと企業や営業マンに研修を行っていたJAIC(ジェイック)だからこそできるプログラムです。早期退職をしてしまい、社会人としての基礎に自身がない人はぜひ利用したい転職エージェントです。

【集中講座内容】

  • 専任講師が担当
  • ビジネスマナー
  • 身だしなみ
  • 履歴書の書き方
  • 職務経歴書の書き方
  • 面接の受け方
  • その他、多数カリキュラム

 

特徴その2、紹介される求人は正社員限定の優良企業

JAIC(ジェイック)で紹介される企業は、正社員採用のみを扱い、未経験でもしっかり育てようという姿勢の企業ばかりです。

さらに、「いい就職.com」同様に社員が企業に足を運び、社内の雰囲気や働き方、待遇などを確認しています。内部をきちんと調査してから紹介しているので、就職してから「失敗した」というようなミスマッチを防いでいます。そのため、JAIC(ジェイック)経由で入社後の定着率は94.3%と高いです。

職種は総合職や営業職が中心で、ブラック企業に多い外食業界・先物取引・投資用不動産・アミューズメント業界は紹介しないと断言しています。主にスーツを着て働く企業ばかりなので、飲食店のようなブラック労働の心配もありません。

コミュニケーション能力が磨かれることが想定されますが、営業系はすべての仕事の基礎になり得る職種なので、JAIC(ジェイック)を機会に学んでみてもいいかもしれませんね。

 

特徴その3、一気に20社と書類選考なしで面接が可能

JAIC(ジェイック)では、7日間の集中講座を受けた後に、厳選した正社員採用の企業20社を一気に紹介してもらえます。一度に20社の紹介をしてくれるので、探す手間や時間を節約できます。

集中講座を受けて企業に推薦されるというような形式ですが、書類選考なしで面接をします。今まで履歴書や職務経歴書で「書くことがない」「いつも書類で落とされる」といった人には、人を見て選考をしてもらえるのでチャンスでもあります。

ただ、合同で行われるので、その場にいた人や一緒に研修を受けた人たちがライバルとなり、少しやりにくいさを感じる人もいるかもしれませんね。

 

費用や登録費はかかる?

「JAIC(ジェイック)」に費用は一切かかりません。登録しても、適性診断を利用しても、利用して内定をもらって転職をしても、すべてのサービスは無料で提供されます。

JAIC(ジェイック)だけでなく、転職支援サービス(転職エージェント)が無料で利用できるのは、求人を出している企業から紹介手数料をもらっているからです。採用する企業も採用が決まって入社してから手数料を支払うので、お互いにメリットがあるということです。

 

JAIC(ジェイック)の評判・口コミ

ジェイックは無料で講座も受けられるし、その後20社一気に面接できる、というところに惹かれて登録しました。(実際は懇親会費や交通費とかの実費があるから多少用意しとかなきゃだけど)面接会ではほんとに書類なしで複数社と面接できるので、書類選考にいい思い出がない身としては助かりました。たくさんの経営者や採用担当者の方とお話しもできて、いい経験だったように思う。
仕事を紹介してもらうには必ず就職支援講座を受講しなければいけないのが面倒ですが、経験の無い職種でも紹介してもらえたので利用して良かったです。大手の転職エージェントに比べると知名度は低いですが、既卒者やフリーター経験の長い方は利用して損は無いと思います。
体験型の転職エージェントはビジネスマナーを習得でき、気になる仕事を体験できて、きっと役に立つとおもいます。
実際に働いていて思うのは、ビジネスマナーとか基本的な常識など、ジェイックの営業研修はけっこう役に立った気がする。就職をジェイックで決めなくても、カレッジは受けておくと後々役に立つと思う。
ジェイックは若手就職支援といっても営業職がメインなので、営業が違うと思ったらすぐに他のとこで就職活動したほうが早く決まると思います。営業に向いている人が未経験で営業職目指すなら、いいプログラムだったのかもしれませんが、自分には合っていませんでした。
グイグイこられる感じが奥手の自分には合わなかったです。講座の期間も2週間と長いし時間も日中ずっとなので、他のエージェント会社と並行して利用するのは難しいです。
連絡のやり取りが思うようにいかず、担当のエージェント以外のいわゆる受付担当が冷たかったように感じました。第二新卒ということで転職は中々厳しいですよという、ネガティブなコメントが多かったのも気になりました。

 

JAIC(ジェイック)のデメリット・欠点

無料だが集中講座を受けなければならない

JAIC(ジェイック)の強みは、就職・転職に向けてビジネスマナーやスキルアップをする研修がプログラムとして組まれていますが、この研修を受けてからでないと求人を紹介してもらえません。

そのためある程度経験がある人や第二新卒であっても、労力を割いてサービスを受けなければならないため、煩わしさや少し面倒に感じる面があるかもしれません。他の転職エージェントは、カウンセリングを行ってすぐに求人を紹介してくれるので、スムーズに転職活動を進めたい人には向かないかも可能性があります。

 

紹介企業は「営業職」に偏る

JAIC(ジェイック)の紹介求人は、営業職への傾向が強いというか多いです。

近年のJAIC(ジェイック)の求人は、企画職や事務職の割合が増え、様々な職種への応募が可能になりました。今までは営業職の傾向は強かったのですが、現在では総合的に職種を探せるエージェントと言ってよいでしょう。(2018年1月)

もともと営業マンなどに研修をしていた会社なので当然と言えば当然ですが、他の職種で転職を希望しているのであればJAIC(ジェイック)は使いづらいかもしれません。人それぞれなので実際に利用してみないと細かくは言えませんが、他の職種で見込みがないと営業を進められます。

営業職にはブラックな印象を抱きやすいため抵抗がある人も多いですが、事実どの仕事においても役立つスキルであることは間違いありません。今後の自分の糧として挑戦するのもアリです。

 

なぜ第二新卒向けを利用するのか?

第二新卒向けの求人に特化しているため、通常の転職サイトや転職エージェントとはライバルが違います。

すべての転職者を対象としている一般的な転職市場では、ライバルはキャリアに優れた人や第二新卒よりも職歴も豊富な人たちです。しかし、「JAIC(ジェイック)」は経験もキャリアも少ない既卒・フリーター・第二新卒向けの企業や求人を中心に扱っているため、ライバルは同じ第二新卒や経験の浅い20代となります。

また、第二新卒向けにサポートや対策も特化しているので、転職しやすいというのもあります。

転職市場では求められる人材や傾向が異なるので、対策の仕方も異なります。経験や知識を求める求人や転職市場では、経験の浅い第二新卒はもちろん不利になります。しかし、逆に若い人材やポテンシャルを求める企業には、第二新卒は有利であり、それに合った対策もあるのです。

「JAIC(ジェイック)」では、20代や第二新卒を中心に求人やサポート・対策がされているので、有名どころの転職エージェントを利用するよりも転職しやすいということです。

 

JAIC(ジェイック)はこんな人におすすめ!

JAIC(ジェイック)は他の転職をエージェントにはない、研修を受けてから各企業に紹介するという独自の就職支援サービスを展開しています。主に社会経験が少ない既卒や第二新卒を対象にしているため、社会経験に自身のない人にはとても役立つサービスです。

ただ、研修を受ける煩わしさや労力を割きたくない人は、他の転職エージェントを利用した方が良いでしょう。実際、研修はきちんとしている分厳しいなどの評判もあるため、これから社会に出る既卒・フリーター向けです。第二新卒としては入社1〜2ヶ月以内でやめてしまった人は受けておくと良いかもしれません。

 

JAIC(ジェイック)

 

JAIC(ジェイック)を利用するコツ!

「JAIC(ジェイック)」は対象者を絞っているため、他の転職エージェントや転職サイトに比べると求人数が少なく感じます。また、営業職や総合職などの色合いが強いです。

独自の研修プログラムを得て求人が紹介されるため、他の転職エージェントと併用することは難しくなります。

研修には労力や時間を要するため、社会人経験のない既卒やフリーター、営業職を希望する人などにはハマりますが、たくさんの求人の中から選びたい人や、ある在職中の第二新卒には不向きでしょう。

そのため「JAIC(ジェイック)」を利用するコツは、早期退職をした場合やブランクがあるときに集中講座などをうまく利用し、基礎を身につけてから他の転職エージェントと埋め合うように利用するとよいでしょう。

新卒1〜2年目の第二新卒におすすめの転職エージェントを教えよう!

現在、新卒での転職をする人は全体の3割にもなります。世間一般では新卒での転職は厳しいものとされていますが、一度リタイヤしてしまった人や辞めたくてつらいという人を応援する風潮も高まっています。 そこで新 ...

続きを見る

 







おすすめ記事一覧

1

現在、新卒での転職をする人は全体の3割にもなります。世間一般では新卒での転職は厳しいものとされていますが、一度リタイヤしてしまった人や辞めたくてつらいという人を応援する風潮も高まっています。 そこで新 ...

2

新卒で入社して、まだ数ヶ月や1年で転職ってできるの?と考えている方は多いです。僕自身も新卒入社してわずか1年で転職をしました。新卒で、早いうちに転職をしておいて本当によかったと思っています。 新卒で転 ...

3

転職活動を行うときって、在職中にするか退職してからするかによって日程調整などのスケジュール管理が大変ですよね。ましてや企業によっては平日のみ、面接や説明会などがあるところもあります。 しかし、それらス ...

-転職エージェント

Copyright© 入社1年目の転職 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.