企業調査

楽天株式会社へ就職・転職ってどうよ?年収や評判を調べてみた!

最近、何かと世間を騒がせていた「楽天」株式会社ですが、私が登録している20代専門の転職サイト「キャリトレ 」から、求人のスカウトメールが届きました。

楽天といえば、誰もが知っている通販サイト「楽天市場」をはじめ、携帯通信業や証券・銀行などの金融まで幅広くサービスを事業を展開させている大企業ですよね。

「楽天かぁ、いろいろやってるし楽しそうだな」と思って興味は前からありましたが、会社が大きいだけに漠然としていました。

それに「公用語が英語」だったような…

そこで今回は、楽天株式会社への就職・転職を考え、いろいろと調べてみました。

「楽天」株式会社って?

楽天の会社概要

  • 会社名:楽天株式会社
  • 資本金:2059億2400万円(2018年12月31日時点)
  • 設立:1997年2月7日
  • 最高経営責任者:三木谷 浩史
  • 事業内容:オンラインゲーム事業、その他
  • 公式企業サイト:https://dmmgames.co.jp/
  • 本社:東京(二子玉川)
  • 支社:札幌、仙台、盛岡、松本、新潟、金沢、千葉、さいたま、横浜、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、松山、福岡、鹿児島、那覇

楽天株式会社は、主にインターネットサービスを展開するIT企業で、世界で13億人のサービス利用ユーザーを抱える大企業です。

もともとは「株式会社MDM」という会社名で、1999年に「楽天株式会社」となりました。インターネット事業をメインとし、国内だけでなく、海外にもサービスを広げているグローバル企業でもあります。

2000年にJASDAQ上場以降、積極的にM&Aを行い、事業を拡大していきました。社員数は2018年12月末時点で17,000人を超え、現在「東証一部」に上場しています。

楽天の事業内容

楽天のメイン事業は「楽天市場」や「楽天オークション」などのEコマース事業を始め、フィンテック、デジタルコンテンツ、通信など70以上ものサービスを展開しています。

【インターネットサービス】

  • 楽天市場
  • 楽天kobo
  • 楽天トラベル
  • 楽天ブックス
  • 楽天オークション

【金融サービス】

  • 楽天カード
  • 楽天銀行
  • 楽天証券
  • 楽天Edy
  • 楽天生命保険
  • 楽天損害保険
  • 楽天信託
  • 楽天投資信託顧問

【金融サービス】

  • 楽天コミュニケーションズ
  • 楽天ブロードバンド
  • 楽天モバイル
  • プロスポーツ事業(ヴィッセル神戸、東北楽天ゴールデンイーグルス)
  • 楽天オーネット
  • 楽天エナジー

近年では、「楽天モバイル」をはじめとして、「第4のキャリア」の新しい通信事業者となるべく大きく活動の幅を広げていましたね。

携帯キャリアの参入は通信設備対応の遅れなどから延期となりましたが、その成長性と将来性はこれからの日本を背負っていくと私は期待しています。

今回スカウトがきた求人内容は?

今回、キャリトレから送られてきたスカウト求人は、楽天サービスの「Webマーケポジション」でした。

楽天株式会社/Webマーケティング

仕事内容:楽天のWebサービスのインターネット広告を企画販促

  • 複数ジャンルのwebマーケターとしての運用改善業務
  • 広告媒体や、SEO、SEMなどのキーワードマーケティング軸での施策
  • 世の中の新しい広告メニューも柔軟にチャレンジできる土壌あり

必須条件:

  • リスティングやアフィリエイト、DSPをはじめとした運用型広告の販売もしくは実運用経験
  • 数字に自信のある方
  • 入社後2年以内にTOEICスコア800を目指していただきます

就業時間:9:00〜17:30

給与:年収400〜550万円

※情報はあくまで一部記載です。転職サイトさんの情報なので…

職種としてはドンピシャでした。

Webマーケティングの仕事はかなり偏りがあるのですが、この求人内容を見る限りでは私は転職したい!と思いましたね。

ただ、IT系でインターネットサービスをメイン事業とする会社なのに、9時出社は珍しいですね。IT会社の多くは9時半〜10時出社が多い中、金融や老舗企業のように長く経営を続けている会社であることが伺えます。

年収もそこまで低いわけではなく、妥当な金額かなと思います。

ただ、気になるのが「入社後2年以内にTOEIC800点」です。

楽天の公用語はまさかの”英語”!

公用語とは、集団・共同体内の公の場において用いる公式言語のことで、つまり”会社内での会話は英語であること”という意味です。

楽天では、2012年より公用語に”英語”を採用しています。ユニクロでも本社では公用語に”英語”を採用していますが、グローバルな企業では珍しくもないようですね。

しかし、私の英語力は会話はおろか、ジェスチャーと単語でのやり取りしかできません。TOEICなんて受けたことすらないレベルですw

しかし、口コミ等を見る限りでは、公用語が英語としての決まりはあるものの、連携先やクライアントは国内がほとんどで英語を使う頻度はそれほど多くはないようです。

とはいえ、部署や関わる人によっては英語の洗礼を受けることもあるようなので、その辺は覚悟しておいた方がよさそうですね。

追記:楽天社員に聞いた「実際どうよ?」

知り合いに楽天社員の人がいたので、直接聞くことができました。(2019年10月)

「入社時に必要?実際どのくらい英語が使われてるの?」

楽天社員「実際は、会社全体の会議や部署によっては部署ごとの会議は英語が多いよ。通常業務でも、部署によっては使うとこは使うかな。ただ営業系は相手が日本ばかりなのでそこまでかな。」

実際にはけっこう英語が使われているようでした。

社内のものは基本的には英語表記らしく、「英語がまったくわからないのはきつい」レベル感だそうです。入社前からある程度勉強や慣れ親しんでおいた方がよさそうですね。

楽天募集している職種は?

楽天が企業HPで採用募集をしている職種は、大手企業であるだけに多すぎて記載できません。言ってしまえば、すべてのポジションで複数必要なので「全部募集してます」が正しいかもしれませんね。

こちらの楽天「採用情報 (公式サイト)」からご確認ください。

ちなみに、キャリトレでも同様に募集求人が腐る程ありました。笑

20代向け転職エージェントの「マイナビジョブ20's」や「doda(デューダ)」などでも求人があるので、サポートを受けたい人はこちらがおすすめです。

楽天の給与や年収は?(転職の場合)

求人などを見る限りでは、年収400〜1000万円とかなり幅があるようでした。

多くは500万円前後ですが、職種や経験によってはもっと高くなる傾向にあります。

年収500万円ほどであれば、ボーナスが2ヶ月分として考えたとしても、500/14=毎月の給与は総支給で30〜35万円ありそうです。

手取り換算しても、毎月24〜29万円はもらえそうですからなかなかではないでしょうか。

一般的な企業から見ても年収などは良い方ですね。

ちなみに「新卒採用」ですと、学部卒で月給30万円、院卒で月給31万円ほど。固定残業代月40時間を含みますが、新卒採用ではかなりよい方です。

楽天の福利厚生や休日は?

楽天ほどの企業になると、福利厚生は圧倒的でした。

以下は、企業HPから転載しています。

【福利厚生】
各種社会保険完備(厚生年金保険、健康保険、労災保険、雇用保険)
通勤交通費
従業員持株会制度
スポーツクラブ法人会員
ビザサポート
リロケーションサポート
仕事と育児・介護の両立支援サポート
カフェテリア(朝食・昼食・夕食無料)
ライブラリ(個人学習スペース)
コンビニエンスストア
クリムゾンクラブ(有料レストラン)
フィットネスジム「Rakuten Fitness Club &Spa」(有料)
ヘアサロン「Rakuten Hair Salon」(有料)
ランドリーサービス「Rakuten Cleaning」(有料)
マッサージ&鍼「HARI-UP」(有料)
クラブ活動
納会
ファミリーデー など

【出産・育児・介護】
結婚休暇
妊娠中の通院休暇
産前産後休暇
配偶者出産休暇
育児休暇
子の看病休暇
妊娠/育児/介護期間中の短縮労働時間適用
時差出勤制度
時間外や休日・深夜残業の免除
在宅勤務制度
出産祝い金
出産育児一時金
社内託児所
搾乳室
ベビーシッター/家事代行サービスの法人契約
産休前/復職前セミナーの実施、等

【休日・休暇】
完全週休2日制(土、日)・祝日
夏季休暇
年末年始休暇
年次有給休暇
特別休暇

か、書ききれねぇ!!

なんとも充実した福利厚生です。

楽天は様々なジャンルの事業展開をしているためか、それらの事業の恩恵を受けられるほか、社員数も多いので福利厚生の数やサポートがえげつないですね。

また、楽天の産休・育休後の復職率は96%にもなるそうです。

そりゃこれだけ福利厚生が充実していて、育児・介護に対するサポートも素晴らしいですからね。戻りたくなるわけです。

ともあれ、女性にとってかなり働きやすい会社なのではないでしょうか。

実際に働いている人の評価や評判は?

そして気になるのが、実際に「楽天」で働く人の口コミや評判です。

転職系口コミサイトの「カイシャの評判」や「転職会議」から、実際に社内で働く人の評判を見ていきます。

まずは年収・給与に関する口コミは、、

年収の構造自体が改善されており、年々評価とともに上がっています。1,2年前よりもかんりよくなりました。生活に困ることもなく不満もないです。(20代/女性)
実力主義で目標達成できれば、主任レベルでも1000万円もらえる可能性がある。ただ、評価基準が曖昧なところはある。(営業/女性)
年収制であり、ボーナス依存にならない点については評価出来ます。正社員になるとストックオプションの形でボーナスが付与される他契約社員とは桁違いに貰えるとのことで、この点は非正社員のモチベーションアップに繋がってるのではないかと思います(営業/男性)

年収や給与に関しては、基本的に高く評価している口コミが多かった印象です。

年収平均では20代で500万円前後、30代で600万円、40代で700万円〜といった分布となっており、年収1000万円を超えるような評判もちらほらありました。

ただし、評価基準があいまいという口コミも多いようでした。

働き方や福利厚生についてはどうでしょう。

定時に帰ろうと思えば帰れますので、比較的社員一人一人の裁量に任されている部分は多いです。特に残業抑制については人事部からトップに伝えられ見込み残業超えには強く指導が入るため全体としても削減の傾向にあります。定時退勤に関しては基本何もいわれません。(営業/男性)
市場や開発など、残業が著しく、社内で出来ないように、会社全体の消灯時間や空調が切れる時間が決まっており、残業の際はいちいち、申請書にて申請書して空調や消灯時間を伸ばさなけれならないという、面倒くさい処理がある。(企画・事務/女性)
部署により仕事量、働き方は様々。基本的にはコントロールしやすい。定時に帰宅している社員もだいぶいるので、ライフワークバランスはよいと思います。ただ、トップダウンがおりてきて、その対応で残業する場合があります。スピード感はすばらしいが、続くと疲弊します。(経営企画/男性)

ライフワークバランスといった働きやすさもよく、評判がよいですね。

福利厚生はあまりない(健康保険組合提携のホテルとかはあるが)。株をもらえるが、最低三年は在籍しないと権利を得られないため、あまり期待できない。また、退職金がない。(エンジニア/男性)
会社独自のカルチャー、トップダウン、社長のカリスマ性などに合わないと感じたら転職すべき。仕事を通じた成長もあまり感じられない仕事内容だった。(企画/男性)

全体的な印象としては、働きやすく給与・福利厚生も充実しているため、逆に悪い点を絞り出している口コミ等が多かった印象です。

ここまで社員に対する還元ができている会社は珍しいですし、口コミや評判も目立って悪いものはありませんでしたね。

…転職しようかな。と割と本気で考えてしまいますね。

楽天の業績や株価は?

楽天の株価は、2019年10月現在で「1,000円前後」です。

携帯キャリア参入の話が出るまでは800〜900円前後で推移していましたが、ここ数ヶ月で株価は上昇しました。

EC事業も総額増にともない、カード決済収入も伸長しています。ただし、携帯通信事業での遅れやコスト増加がマイナスの要因になっています。楽天市場などの流通系で伸び悩みや災害等による販売低下も懸念点です。

とはいえ売上は年々伸びており、一度2016年に落ち込んだ営業利益も回復し増益。

何より私としては、様々な事業を展開し、これからもいろいろな挑戦をしてくれるであろう「楽天」には大いに期待しています。日本を代表する企業となると踏んでいます。

これらの情報は、「四季報」や「SBI証券」などの決算等をもとにしています。

「楽天」は就職・転職先としてアリか?ナシか?【個人的評価】

楽天株式会社は、事業展開や福利厚生などの内情にもかなりよい印象を持てました。

私も大手企業では何社か働いていましたが、ここまで社員に還元されている会社は初めてです。実際に働いていた人の評判もよく、私としては就職・転職先としてはかなりアリです。

ただ、会社の公用語が英語であったり、トップダウンの色が強く残る会社風土は、いくら待遇や事業内容がよくても合う・合わない等はハッキリ分かれそうです。

とはいえ、私としても挑戦してみたい企業の一つです。

気になる方は、キャリトレ公式サイト からどうぞ。もちろん登録や利用は無料です。