プランニング

入社1ヶ月で辞めた新卒の転職を成功させるためにやるべきこと

「新卒で入社した会社をわずか1ヶ月で辞めてしまった」「まだ1ヶ月だけど転職したい」と、早すぎる退職や今の職場に耐えられずに悩んではいませんか?

わずか数日で退職する新卒社員がいる中で、1ヶ月という短い期間で早期退職したことに落ち込み、諦めることはありません。フリーターなんかしてる場合じゃありません。

私の友人でさえ新入で入った会社をたった1ヶ月で辞めましたが、前職よりはるかによい会社に転職しています。

たった1ヶ月と後ろ向きにならずとも大丈夫です。

まずは、1ヶ月で辞めた新卒の評価を受け入れる

新卒1ヶ月で退職することの現実

今に始まったことではなく、入社した会社を1ヶ月〜3ヶ月未満で辞める新卒はたくさんいます。

早期退職の理由は様々ですが、ブラック企業のような労働環境であったり、ひどいパワハラ・セクハラを受けた人もいました。中には数日で退職した同期もいました。

過酷な労働環境やハラスメント要素ならまだしも、数ヶ月で辞めてしまう新卒の中には、少しでも嫌なことがあると辞めてしまうアルバイト感覚の人がいます。学生気分が抜けきれず、社会の厳しさを身を持って体感したのでしょう。

しかしそれは、いつか乗り越えなければならないことです。

世間一般では、そんな甘い考えの新卒たちには厳しいのが現実です。どこも雇ってくれない、どこにも転職できないと考えてしまうのも無理はありません。

自分ができなかったこと、反省すべきことはたくさんあるはずです。

社会に出て仕事をするということ、自分の甘さ、覚悟の足りなさ、それを絶対に忘れないでください。

わずか1ヶ月で辞めたことの意味を知る

自分の甘さや覚悟の足りなさを知った、だからこそやり直すことに意味があります。

一度転んでしまっても、そこから起き上がることでより強く、学んで賢くなれるはずです。そのことを若いうちに知れるということは、今後の人生を大きく変えます。

若いうちに、早くに失敗や人生を変える行動を起こした人は、何もせずに不満をいうだけの人たちより成長も早く、自分の人生に責任を持つことができます。

続けることも、早くに行動することも、どちらが正しいということはありません。ただし、早くにリスクと戦った人は、5年、10年と経ったときに、人生を語れる中身のある人間になりやすいです。

まずは、1ヶ月の間続けられたことを自分で褒めましょう。

そして1ヶ月未満で辞めることは確かに早いですが、決してそれが間違いではないということを知ることは、今後の人生の糧になります。

 

早期退職の新卒は異業種の方が入りやすい!

新卒で早期退職をした人の中には、今度は違う業界へ転職したいという人も多いのではないでしょうか。また、やりたいことや目標が明確で、わずか1ヶ月で退職したけどその道に挑戦したい人もいるでしょう。

実は、異業種などの未経験業界に入る場合は、他の経験を積んで入ってくる人よりも早くに飛び込んだ方が有利になりやすいです。

世間一般では、新卒や20代前半の若い世代が人手不足となっている企業が多く、未経験であっても一からスタートすることで、その会社の文化や経験で染まってくれることに期待します。

経験を求める中途採用では、部分的に足りないところ補う必要があるだけで、企業全体から見れば「新卒」のような若い世代が圧倒的に足りません。

そのため、第二新卒や早期退職した若者を受け入れることが多いのです。

異業種への転職は「未経験だから」と不安になるかもしれませんが、未経験であっても「新卒」だからこそ転職しやすいのが現実です。わずか1ヶ月で退職した人も、未経験の新卒はチャンスなのです!

 

遅ければ遅いほど不利!空白期間は半年作ると厳しい

空白期間とは?

1ヶ月で辞めた、もしくは早期転職を考えている場合は、転職するなら早い方が有利になります。

というのも、すぐには転職先が決まらなかったり、だらだらと過ごして時間が経つと、その分「空白期間」ができて転職では不利になるからです。

空白期間というのは、会社を退職してから次に就職できるまでの間に空く、「空白」の期間のことを言います。アルバイトをしながら転職活動を続けていても、その生活に慣れてしまい、抜け出せなくなる人がたくさんいます。

将来的に考えると正社員を目指す方がいいですし、何よりアルバイトは(職務経歴書には書けますが)履歴書には書くことはできません。

空白期間が長ければ長いほど、採用担当は不信感を抱き、書類審査で落ちることも少なくありません。

空白期間の目安

空白期間はいつまで大丈夫?という問いに対しては、目安は「半年」です。

通常、転職活動というのは3〜4ヶ月くらいが平均です。もちろん、人によっては1ヶ月もかからず終わる人もいますが、企業としては3ヶ月前後で見ているため、半年を超えると「今まで何をしていたの?」「働く意欲がない」と思われてしまいます。

とくに、初めての転職となる新卒がこの状態に陥る可能性が高く、一人でなかなか就職・転職ができずに道を狭めてしまっています。

こういった状態に陥らずにうまくいっている人というのは、転職サイトや転職エージェントを上手く活用し、自己分析や企業研究をしっかりできている人が多いです。

わずか1ヶ月で退職してしまったと悩みながら転職活動するよりは、転職エージェントを利用していった方が確実に早く就職・転職先が決まります。

 

新卒1ヶ月未満でも成功する転職エージェント!

早期退職者やフリーター・ニートになった20代は多いですが、その人たちを対象に内定を出し続けている転職エージェントが「ハタラクティブ」です。


「ハタラクティブ」は第二新卒や20代の若者を中心に、既卒・フリーターからの正社員を目指す転職支援サービスを行っています。正社員の内定率は80%を超えており、業界でも「丁寧で親切」「失敗しない企業の求人」を扱っています。

ちなみに冒頭で話した「新卒1ヶ月で転職した私の友人」は、ハタラクティブで内定をもらっていました。自分一人で進めるのは苦手だったみたいで、サポートしながら一緒に進めてもらえるから安心だと言っていました。

彼の性格上、一人で転職活動をしていたら面接すら危うかったと思います。

ハタラクティブで扱っている求人は、一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)、名古屋、大阪、福岡と全国区となっており、第二新卒受け入れ姿勢の企業に絞られています。

そのため、早期退職をした新卒でも転職がしやすく、はじめての転職で不安な人も自己分析や面接対策までサポートしてくれるので安心です。「転職ノウハウ」を学ぶだけでも利用してみる価値はありますね。サービスは全て無料ですからね。

登録はこちら⇒【ハタラクティブ】公式ページへ

 

ハタラクティブについて詳細が気になる人は『ハタラクティブの評判』を参考にしてください。