転職エージェント

登録するべき?マイナビジョブ20’s(トゥエンティーズ)の評判は?

更新日:

Pocket

新卒で転職をするときって不安です。そこで転職エージェントの利用を考えて、「マイナビジョブ20’s」を検討・または利用している人は多いです。

「マイナビジョブ20’s」は、20代専門の転職支援サービス(転職エージェント)です。転職に悩む新卒や、経験のない20代に特化したマイナビジョブ20’sの評判と、詳細について第二新卒として利用した私の目線からご紹介します。

>> 第二新卒の転職ならマイナビョブ20's

 

マイナビジョブ20’sって?

「マイナビジョブ20’s」は、人材業界大手のマイナビが運営する、第二新卒や20代を専門に対象とした人材紹介サービス、いわゆる転職エージェントです。

特徴としては、20代や第二新卒の転職市場をよく理解し、知り尽くしたキャリアアドバイザーが一人一人に専任で付き、はじめての転職をフルサポートしてくれます。取り扱う求人は、非公開の求人や大手マイナビの情報網と信頼から得る企業が多く、特に大手企業の正社員募集を多く取り扱っています。

面接や希望の職種について時間をかけて聞いてくださったので、サービスに満足しています。自分が希望していた求人を紹介してくださったのでスムーズに内定を得ることができました。ネットに公開している求人よりも質の高さを感じました。
初めての転職にあたり少しでも有利に活動が進められるよう、自身がまだ第二新卒のカテゴリに当てはまっていたことから、そこに特化したエージェントにも登録をしておこうと考え調べたところ、マイナビジョブズ20sの評価が最も良かったため利用することにしました。

 

特徴その1、大手企業の正社員募集が多い

「マイナビジョブ20’s」は他の転職サイトや転職エージェントに比べて、大手企業の求人、特に正社員での募集が多いです。取り扱う求人の8〜9割ほどが正社員募集で、他社では扱っていない求人なども紹介してくれます。

大手マイナビだけあって信頼感もあり、様々な企業とのパイプがあります。毎年新卒枠の採用も扱っているため大手企業とのつながりも深く、第二新卒であっても受け入れる企業が多いのが特徴です。

 

特徴その2、親身になってくれる専任キャリアアドバイザー

マイナビジョブ20’sの評判が特に良いのが、転職をサポートする担当者(キャリアアドバイザー)の対応にあります。

口コミや評判で調べてもらっている中には、そういった対応面を気にする人も少なくありません。マイナビジョブ20’sは丁寧な対応で、初めてでも親身になってくれます。とりあえず内定させようという転職エージェントも多いですが、マイナビジョブ20’sの担当者はときには厳しい意見もしっかりと言ってくれるので、そこに信頼を持つ人も多いです。

利用者の人生に真剣に向き合ってくれるので、「どこが向いているのか」「どうしたら転生がうまくいくのか」相談するだけの利用でも大きなヒントや発見があるでしょう。

ただ、どこの転職エージェントでもそうなのですが、担当者との相性があります。担当者にも業界の得意・不得意があるので、利用者もしっかりと見極めることも必要になるでしょう。

 

特徴その3、忙しい人の転職活動を代行してくれる

マイナビジョブ20’sでは、求人のエントリーや面接の日程調整などを転職エージェントが代行してくれます。もちろんエージェントが勝手に進めるわけではなく、利用者を通して企業とのやり取りを手助けしてくれるのです。

企業によっては平日しか面接をしていないとか、この日程でしか受け付けていないなんてのもありますから、在職中に転職活動を行う人には時間に限りがあります。第二新卒で転職活動は初めての人ばかりですから、こういったサービスは転職をうまく進めるためには必要になるでしょう。

 

費用や登録費はかかる?

「マイナビジョブ20’s」に費用は一切かかりません。登録しても、適性診断を利用しても、利用して内定をもらって転職をしても、すべてのサービスは無料で提供されます。

マイナビジョブ20’sだけでなく、転職支援サービス(転職エージェント)が無料で利用できるのは、求人を出している企業から紹介手数料をもらっているからです。採用する企業も採用が決まって入社してから手数料を支払うので、お互いにメリットがあるということです。

 

マイナビジョブ20’sの評判・口コミ

大学を卒業して化粧品会社に就職しましたが、職場の人と馴染めずに1ヵ月で退職しました。 最初に某大手転職エージェント会社を利用しましたが、1ヵ月だけの職歴しかないので紹介できる求人が無いと突っ張られましたが、マイナビジョブ20sでは3つも求人を紹介してもらえました。
マイナビジョブ20sでエントリーした企業は落ちてしまったのですが、面接に落ちた後のフィードバックも包み隠さず教えてくれましたし、的確なアドバイスももらえました。求人の紹介数は多かったと思います。面談以外でも1週間に何回かはメールや電話で紹介してくれましたし、次から次へと新しい仕事の紹介がありました。
転職で面接をできるかどうかの自信もないですし、経歴書と言っても書ける事も少ないので不安でいっぱいでした。でも、マイナビのキャリアコンサルタントの方は、「厳しい仕事をしっかり頑張れていたって事は評価できるポイントだよ」などのプラス面をいくつかあげてもらい、非常に自信になったのを覚えています。そこからは紹介してもらった求人を元に選考を受け、見事1ヶ月後には内定をもらうことができました。
紹介された求人は、けっこう大手や中堅どころが多くて信頼できました。自分は新卒のときマイナビを好んで使ってたのですが、やっぱりリクナビに劣らずいい企業が多いと思います。
大手の人材紹介会社だったので利用しようと思いました。履歴書の添削や無料の面接対策が行われていたので印象が良かったです。利用してみた感想は、数ある人材紹介会社の中でも、サポート体制は充実していました。特に面接対策は、的確なアドバイスであり詳しいアピール方法も教えてくださいました。
私がマイナビジョブズ20sを利用した一番の理由は掲載されている企業が多いからです。
就職活動がうまくいっておらず、どこの企業でも良いのでチャレンジしたいと思っていたので掲載企業の多いマイナビジョブズ20sを利用させていただきました。
私の希望や経験をしっかりとヒアリングしてくれ、いくつか企業を紹介してくれました。ただ、他のエージェントに比べて紹介される求人が少なかったので、徐々に連絡することが無くなりました。
アドバイザーの方の対応は良いですが、僕の条件に合う求人が全然なかったので結局ハローワークから求人を見つけて就職しました。 これから初めて転職する20代前半の方や第二新卒で待遇面をそれほど気にしない方でしたら紹介してもらえる求人も多いでしょうが、ある程度の職歴を持っていて待遇面をこだわる方にはあまり向いていないサイトだと思います。
良かった点は、サイト内がとてもシンプルで使いやすいことでした。また、自身の絞り込みたいこだわり条件を決めて検索すると、出てきた企業のおすすめポイントが書かれていることで、特徴を素早く把握することができたことです。悪かった点は、社内風景や社員の方の写真が掲載していないことでした。何となくでも、写真があると職場の雰囲気が分かるのにと感じました。
登録後、エージェントと会うまでに自己分析診断を受けておくと面会時に結果を見せて頂くことができます。その結果を通じて自身の強みと弱みを把握し、どの業界・職種に進めば自身の能力が発揮できるのかを検討することが出来たのは良かったです。ただ、エージェントの態度は決して親身とは言えず、私の担当をされた方は業務的な感じで淡々とされていました。また、常にこちらから活動状況を報告しなければ向こうからのアクションは殆どありません。求人の多くは企業名が伏せられており、面会もしくは応募してからでないと企業名を明かしてもらえないのは不便でした。

 

マイナビジョブ20sのデメリット・欠点

オフィスが東京・名古屋・大阪の3拠点のみ

マイナビジョブ20sは、全国対応で求人も全国でありますが、拠点となるオフィスが東京・名古屋・大阪の3つしかありません。そのため、地方や主要都市から離れている方はオフィスに来られない場合⇒電話やメールで対応になります。

また、マイナビジョブ20sでは、毎月定期的にセミナーなどを開催しています。内容は様々で、初めての転職を教えてくれたり、活動のポイント、面接対策なども行っています。

しかし、セミナーは拠点となるオフィスで行われるため、出向く必要があります。交通費も出ませんが、どう捉えるかは本人次第になるでしょう。私も地方でしたが、どこの転職エージェントも拠点はこのくらいです。

 

既卒・フリーターは対象外

「マイナビジョブ20s」は既卒やフリーターには弱い、というよりも利用できないと言った方がいいかもしれません。

サービスの対象となる「第二新卒」ですが、マイナビジョブ20sでは一度就職したことのある新卒を対象にしています。そのため、一度も就職したことがない既卒や、フリーターは利用できないので注意しましょう。

 

なぜ第二新卒向けを利用するのか?

第二新卒向けの求人に特化しているため、通常の転職サイトや転職エージェントとはライバルが違います。

すべての転職者を対象としている一般的な転職市場では、ライバルはキャリアに優れた人や第二新卒よりも職歴も豊富な人たちです。しかし、「マイナビジョブ20s」は職歴もキャリアも少ない第二新卒向けの企業や求人を中心に扱っているため、ライバルは同じ第二新卒や経験の浅い20代となります。

また、第二新卒向けにサポートや対策も特化しているので、転職しやすいというのもあります。

転職市場では求められる人材や傾向が異なるので、対策の仕方も異なります。経験や知識を求める求人や転職市場では、経験の浅い第二新卒はもちろん不利になります。しかし、逆に若い人材やポテンシャルを求める企業には、第二新卒は有利であり、それに合った対策もあるのです。

「マイナビジョブ20s」では、20代や第二新卒を中心に求人やサポート・対策がされているので、有名どころの転職エージェントを利用するよりも転職しやすいということです。

 

普通のマイナビとの違い

大手「マイナビ」が提供するサービスには、「マイナビ転職」「マイナビエージェント」、そして「マイナビジョブ20’s」の3つがあります。何が違うのか混乱してしまう人もいるでしょう。

「マイナビ転職」は日本最大級の転職情報サイトですが、エージェントではなく、あくまで求人情報を掲載する転職サイトです。なのでエージェントのサポートがなく、自分で企業に応募し転職を進めていくタイプになります。

「マイナビエージェント」は、マイナビジョブ20’sと同じ転職エージェントですが、社会人全てが対象です。そのため、扱う求人や企業は多いですが、膨大な数の求人から第二新卒でも転職できる企業を見つけなければなりません。また、第二新卒向けの対策もしていますが、専門に特化したものとではまた違います。

「マイナビジョブ20’s」が保有する求人は全て、20代や第二新卒を対象にした求人なので、後悔していない非公開の求人やマイナビジョブ20’s独占の求人も扱っています。対策や転職サポートも第二新卒に特化しているので、目的を絞っているということです。

新卒で入社した会社がマイナビ(新卒向け)を使って応募した経験があり、マイナビを使えば、必ず成功する(転職先が見つかる)といった験担ぎのような気持ちでいたからです。マイナビ転職とも迷いましたが、自身が第二新卒と言われる25歳以下であったことが関係して、20代の転職に特化しているようなイメージを持てたため、マイナビジョブズ20sを選びました。

 

マイナビジョブ20’sはこんな人におすすめ!

求人は大手や正社員求人がほとんどで、丁寧で親身にサポートしてくれるのがウリ。初めての転職や自分に自信がない人は利用しやすいですし、けっこうおすすめです。大手だけあって信頼感もあります。

何も知らない・わからないという方は、転職活動の「基盤」にするといいでしょう。

また、企業とのやり取りや応募なども代行して行ってくれるので、平日休みが取れない方や忙しくて転職活動ができないという人にもおすすめです。対応は丁寧なので、困ったときも助かります。

 

マイナビジョブ20’sを利用するコツ!

「マイナビジョブ20s」は対象者を絞っているため、他の転職エージェントや転職サイトに比べると求人数が少なく感じます。というのも、非公開求人や第二新卒に向けた求人がほとんどであるためです。

対象を絞って求人を厳選しているため、第二新卒など経験やキャリアが少ない人にはハマりますが、たくさんの求人の中から選びたい人やキャリア豊富な人には、物足りないかもしれません。

そのため、他の転職エージェントと併用して利用することをおすすめします。非公開求人が多い「マイナビジョブ20s」は、他社で公開されていないレアな求人が豊富なので、互いを互いで埋め合うように利用するとよいでしょう。

 

マイナビジョブ20's

「マイナビジョブ20’s」の登録方法や利用する流れはこちらでご紹介しているので、参考にしてくださいね。

 







おすすめ記事一覧

1

現在、新卒での転職をする人は全体の3割にもなります。世間一般では新卒での転職は厳しいものとされていますが、一度リタイヤしてしまった人や辞めたくてつらいという人を応援する風潮も高まっています。 そこで新 ...

2

新卒で入社して、まだ数ヶ月や1年で転職ってできるの?と考えている方は多いです。僕自身も新卒入社してわずか1年で転職をしました。新卒で、早いうちに転職をしておいて本当によかったと思っています。 新卒で転 ...

3

転職活動を行うときって、在職中にするか退職してからするかによって日程調整などのスケジュール管理が大変ですよね。ましてや企業によっては平日のみ、面接や説明会などがあるところもあります。 しかし、それらス ...

-転職エージェント

Copyright© 入社1年目の転職 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.