プランニング

もうすぐ年末。入社8ヶ月〜9ヶ月で転職に悩む新卒に伝えたいこと

「入社して8ヶ月、9ヶ月経ったけど仕事を辞めたい」「あと3ヶ月待って1年経ってから辞めた方がいいのか悩む」「新卒1年目だけど転職できるかな」と悩んではいませんか。

新卒で入社した会社をやっとの思いで半年乗り越えたあなたは、よく頑張ったと思います。いろいろつらいこともたくさんあったでしょう。

けれども、やっぱり辞めたいと考えることが多くなるのが8ヶ月〜9ヶ月経った頃です。いつ辞めたらいいのかと重圧や葛藤に悩みながらも、なんとか解決したいといろいろ調べたりしているのだと思います。

このページでは、入社8ヶ月〜9ヶ月で辞めることに悩んでいる新卒の疑問にお答えしていきます。

入社8ヶ月〜9ヶ月で辞めることの現実

1年目で辞めることは間違いではない

新卒が入社して1年目で辞めることへの周りの評価は、確かに厳しいことは現実としてあります。世間一般では、「入社して3年」は続けるべきという風潮が残っているからです。

ですが、そうした中でも辞める新卒はたくさんいます。

退職理由は様々ですが、社内環境や労働環境が劣悪だったり、ひどいパワハラやいじめを受けていた人もいました。新卒だから辞めずらいという状況を逆手に取られ、会社側に搾取される20代をたくさん見てきました。

そういったつらい思いをしてきたからこそ、環境を、自分の人生を変えるために行動するパワーは強いです。1年目で転職して人生変わった新卒は本当にたくさんいます。

確かに、今がつらいだけで逃げることを後ろめたい気持ちもわかりますが、もう少し続けても今辞めたとしても、早期退職をした視点は変わりません。

身体や精神を壊して何ヶ月もムダにしてしまうよりも、早くから自分の人生を考えて行動することの方がはるかに懸命で賢い選択です。

1年目で辞めることの意味

世間一般の評価は厳しいかもしれませんが、人生をやり直すことに意味があります。

一度転んでしまっても、起き上がることでより強く、学んで賢くなります。そのことを早いうちに経験しておくと、今後の人生を大きく変えてくれます。

私の周りでも、早くに失敗や人生を変える行動を起こした人は、何もせずに我慢しているだけの人よりも早く成長し、自分の人生に責任を持っています。

どちらが正しいということはありませんが、早くにリスクを取って行動した人は、5年、10年と経ったときに、人生を語れるような中身のある人間になりやすいです。

1年未満で辞めることは早いと感じるかもしれませんが、決してそれが間違っていないと知ることに意味を見いだせるでしょう。

1年経つまで待つべきか

まずは自分の状況を整理する

入社8ヶ月や9ヶ月で辞めたいと思っていても、あと3ヶ月ほど待って1年経ってから辞めた方がいいかなという気持ちになりますよね。

「1年経ってから辞めても、今辞めても正直あまり変わらない」という意見も多いですが、どちらにするかは自分の現状に当てはめて考えるとよいです。

というのも、ここまで頑張ってこれたのには必ず理由がありますよね。

給料は安くても人間関係がよいとか、逆に人間関係はつらいけど給料や福利厚生はよかったなど、入社8ヶ月〜9ヶ月は続けられる忍耐力はあるのです。

まだもし、続けられるのであれば続けて退職・転職の準備期間を作った方が確実によいでしょう。1年続けることで仕事のサイクルや、1年間をこうして会社勤めするのかがわかるため、会社の仕組みや流れに沿って転職活動がしやすくなります。

退職・転職にも手続きや準備が必要ですから、あと2〜3ヶ月続けられるのであれば続けた方がよいのは確かです。

時間は有限

しかし、今の会社を続けるメリットがなく、今にでもやりたいことがある人は見切りをつけて辞める方がよいです。もちろん、心や身体が疲弊しきっている場合もしかりです。

人生の時間は決まっている中で、自分が生きたい人生に時間をかけるべきです。

心と身体をリフレッシュすることで、自分が本当にやりたいことや企業研究などに時間を咲くことができます。次に進むための準備すべきことも見つかるでしょう。

特に、異業種への転職は早ければ早いほど有利になります。

世間では、新卒をはじめ20代の若い人材が不足している企業が多く、未経験であってもそこからスタートすることで、その会社風土や経験に染まってくれることを期待します。

中途採用で即戦力を求めるのは、部分的に保管が必要な一部だけで、企業全体で見れば新卒世代の若い人材の方が圧倒的に足らず、第二新卒や早期退職者を欲しているのです。

新卒の転職をより確実に成功させるために

12月年末の決算時期は避ける

入社8ヶ月〜9ヶ月の新卒が転職を考える場合、転職を成功させるために”時期”はとても大切です。

第二新卒であれば、早期退職の事情は皆同じなのでどこの時期でも入りやすいですが、より確実に転職を成功させるには、12月の年末は避けます。

年末はどこの会社も決算時期になり、それにより来期の方針が決まります。

つまり、人件費やどれだけ人を取るかもそこで決めれるので、12月に応募をしても企業側は判断しずらいのです。

また、年末はどこの会社も一律でやることが多く忙しいため、転職者を受け入れる余裕がありません。枠を用意する準備もできていないので、本来受かっていた人でさえ、落ちる可能性が高くなります。

年明けに向けて転職の準備をしておく

通常、会社を辞めるためには2週間〜1ヶ月ほどの期間が必要になります。

これは退職手続きなどをするための期間になるので、すぐに辞めたいと思っても、これら手続きを踏まなければ退職することはできません。

転職活動においても応募から書類審査・面接などの日数が必要になるので、入社8ヶ月や9ヶ月で辞めたい人はこれらを逆算しておく必要があります。

だからこそ、年明けからすぐに転職できるように今から準備しておくことが大切です。

もしも今、仕事や会社に不満や悩みがあるのなら、すぐにても転職活動を始めるべきです。

  • 転職できるか不安
  • 転職した後のことをイメージできない
  • 辞めることを言いづらい
  • 自分はどんな仕事が向いているかわからない
  • 行きたい業界があるけど未経験だから心配

これらの悩みは、誰だって考えてしまうことです。

でもそれらすべては、実際に転職活動を始めることで解消されることが多くあります。自分の状況や自己分析、転職できる業界や職種などを知ることで、視野が広がります。

転職についてわからなければ、新卒専門の転職エージェントで全部教えてくれます。

気持ちがなかなか踏み出せないなら、まずは周りを固めてからでもよいのですから。あとは「やるか」「やらないか」です。

入社1年目でも転職できたわけ!

私自身、新卒入社1年目で転職をしました。もちろん、はじめての転職でわからないことや不安だらけでした。それでも転職できたのは、第二新卒専門の転職エージェントを利用したからです。

転職エージェントとは、プロの転職アドバイザーが求人探しから面接対策までサポートしてくれるサービスで、利用や登録もすべて無料です。

一人一人に転職アドバイザーがついて、新卒の悩みや転職についてのアドバイスをしてくれます。客観的な視点から自己分析を手伝ってくれるので、自分に合った仕事や会社を見つけることもできます。

そのおかげで、自分一人では決して出会うことのなかった企業に転職することができました。第二新卒向けの転職エージェントは僕もいくつか利用しましたが、僕がおすすめするのは「いい就職.com」と「マイナビジョブ20’s」です。

どちらも第二新卒向けの転職エージェントで、自己分析や企業研究をしっかり行った上で、自分に合った求人を紹介してくれます。対応も丁寧で親身になってくれました。

利用方法や詳細はこちらにまとめています。

いい就職.comの利用方法と内定までの流れ! 転職エージェントを利用したことがない人や、第二新卒で初めて転職をするときってわからないことばかりです。特に転職をエー...
マイナビジョブ20’s(トゥエンティーズ)の利用方法と内定までの流れ! 転職エージェントを利用したことがない人や、第二新卒で初めて転職をするときってわからないことばかりです。特に転職をエージェントは利用方...

また、転職エージェントでは、転職するか迷っていても相談できます。

転職することがあなたにとって本当にいいことなのかを判断してくれるので、転職するかまだ迷っている場合でも利用してみるとよいです。

他にも第二新卒向けの転職エージェントはありますが、どこを利用しようか迷っている人は、使ってよかったところをまとめているのでこちらを参考にしてみてください。

新卒1〜2年目の第二新卒におすすめの転職エージェントを教えよう!現在、新卒での転職をする人は全体の3割にもなります。世間一般では新卒での転職は厳しいものとされていますが、一度リタイヤしてしまった人や辞...

入社8ヶ月〜9ヶ月で辞めたい・転職したいと迷っているなら、今からできることがあるはずです。まずは一歩を踏み出すことが、今の悩みを解決の方向に導いてくれます。