職種

現社員が教える!Web広告代理店に入るために必要なスキルや資格!

広告代理店の中でも、デジタルマーケティングに特化したのがWeb広告代理店です。近年ではWeb系(SNS含む)のデジタルマーケティングが主流であり、今後伸びていく分野でもあります。

そんな人気もあるWeb広告代理店に入りたいと思う人も多いですが、

  • 選考で評価が上がるスキルや資格は?
  • Web広告代理店で活躍するために必要なことは?
  • 未経験でも転職できる?

このように悩む方も多いでしょう。

私は第二新卒枠の未経験でWeb広告代理店に転職しましたが、現社員の私が必要だと感じるスキルや資格、入るために勉強したことなどをご紹介します。

広告代理店に入りたい!と考えている方の参考になれば幸いです。

Web広告代理店の仕事

広告代理店の仕事を簡単に言うと、企業の代わりに世の中に宣伝広告などを出すことです。

広告を出すことはマーケティングの仕事の一つですが、企業自体で出すにはお金も人も時間もかかります。それらを他の会社に委託できれば、依頼する企業は商品作りや販売戦略に集中することができます。

それら「宣伝広告を出す作業」を専門に請け負うのが、広告代理店です。

中でもWebサイトやSNSなど、デジタル分野で広告配信するのがWeb系の広告代理店とされています。もちろん「電通」や「博報堂」などの大手広告代理店も部署で分けたり、子会社化してデジタルマーケティングを行っています。

仕事内容は様々で、広告を作ったり、WebサイトやSNSに広告を配信したりと、職種が多岐にわたるため、一口に広告代理店と言っても人によって仕事内容は全然違います。

Web・ネット広告業界の職種と仕事内容は?元広告代理店がご紹介!何年経っても人気がある「広告業界」のお仕事。特に近年ではWeb・インターネット広告の需要は大きく飛躍し、動くお金も莫大なものへとなってい...

 

現場で感じたWeb広告代理店で必要なスキル

ここでは、私が実際に広告代理店で働く上で必要だと感じたスキルをご紹介します。これらを身につけておくことで、転職を考えている人も選考で採用される可能性が上がるかもしれません。

Excel

広告代理店でもっとも重要なスキルが「Excel」です。私が勤めている広告代理店でも、初めの研修では広告知識よりもExcelスキルに重点を置いています。

Web広告をメインで行う広告代理店では、データの集計・管理作業が本当に多いです。ネット広告の利点はデータとして残せることであり、それらを使って様々なアプローチが可能になるからです。

むしろ、データこそデジタルマーケティングの要であり、データ無くしてマーケティングを行うことができません。広告代理店では、調査データを元にデータを集計し、それらを分析した上で最適な広告配信を行います。

そのために必要な作業が「Excel」なのです。

Excelができるといっても「ピボット」などの一般的なものだけでなく、データ集計では「VLOOK UP」や「COUNT IF」など様々な手法を用います。

覚えておいた方がいいスキルとしては、Excelの「関数」を極めておくと重宝されます。

PowerPoint

広告代理店でExcelともう一つ、「PowerPoint」のスキルがあると仕事が楽になります。

これだけITが進んだ現代でも、未だにどこのどんな会社でも資料作りが必要になります。

広告代理店では、データ集計や分析結果、広告配信の手法や結果をクライアントに報告・提案を行います。特にクライアントを持つような企業、つまり広告代理店では「PowerPoint」での見せ方や作業スピードはとても重要です。

報告・提案の仕方一つでクライアントからの受注や今後のつながりも変わってくることもあるため、PowerPointが使いこなせる人はそれだけで有利になります。

デジタルマーケティングなんだからデータで送ってしまえばいいと思うところもあるのですが、やはり日本独特の企業文化が根付いているので、特に大手企業では重要です。

会議やプレゼンでもPowerPointをスクリーンに写すことも多いので、使いこなせておくと採用関係でもアピールできるでしょう。

ちなみに、広告代理店で残業が多いのは「Excel」と「PowerPoint」作業がほとんどです。

SNS各種

近年では、Webサイトよりも「SNS」に力を入れる企業が増えています。

「LINE」をはじめ、「Twitter」「Instagram」などのSNSは、拡散性がとても広く、ユーザーからの反応も早いためリアルタイムでの配信・調査が可能です。

デジタルマーケティングでの広告代理店で、SNSの知識・操作スキルが高いとそれだけで広告配信のキーパーソンになれます。

選考においても、広告知識やマーケティング経験がなくても、SNSの利用経験やフォロワー数が多い人はそれだけで採用評価がグンと上がります。

実際に、まったくの未経験でもSNS関連に強い女の子は採用されていました。

広告類の知識は一般の勉強では限界がありますし、実際に働きながら覚えていくものです。

しかし、SNSの知識やフォロワー数は業界人よりも一般人の方が圧倒的に強く、長い時間もかかります。流行りに強い女性は、SNSを極めておくと広告代理店にも入りやすくなるでしょう。

 

Web広告代理店で必要な資格はある?

割と多い質問なのですが、Web広告代理店で必要な「資格」ですが、なければならない資格はありません。

たしかに、持っておくと選考でも有利に働きますし、知識や経験があることで現場で活躍できることもあるでしょう。

しかし、当の私も無資格でしたし、実際に必要とされるのはコミュニケーション能力意欲」「経験です。

私はWeb広告代理店に入るためではなかったですが、個人で「アフィリエイト広告」の運用を行っていました。大きく稼いでいた訳ではなかったのですが、それらの知識・経験があることや、勉強をし続けているという「意欲」を評価されました。

資格を取って選考を有利に運ぶことも可能ですが、資格の知識を使うところも限りがありますし、資格を取ってそれだけで満足してしまうこともあります。

あくまで資格は採用で有利に運ぶための手段なので、もっと現場でどんなふうに使われてどんなことができるかを想像しながら勉強した方がよいでしょう。

ちなみに個人で取りやすいもので、以下の資格などがあるといいですね。

  • Office Excel
  • Office PowerPoint
  • Google検定
  • Yahoo!プロモーション広告認定アドバンスト
  • Web解析士
  • 通販エキスパート検定

ただ、Web広告代理店といっても様々な職種があるので、自分が希望する職種に就きたいのであれば、それらに関連する資格を持っておくと選考が有利になるでしょう。

未経験でWeb広告代理店に転職する方法

なんの実務経験や資格もない「未経験」でも、私のようにWeb広告代理店に転職することはできます。

そのために私は、IT企業に強い転職エージェントを利用しました。

転職エージェントを利用すれば、一人で探していても絶対に出会えない求人・企業を紹介してもらえますし、口利きで採用を有利に運んでもらうことができます。

転職がはじめての場合でも、「どんな仕事がしたいか」「どんな働き方がしたいか」カウンセリングした後、あなたに合った求人を探しながら、書類の書き方や面接対策を行ってくれます。

私がWeb広告代理店に転職することができたのも、転職エージェントの「WORKPORT|ワークポート」のおかげでした。

WORKPORT(ワークポート)とは、IT/インターネット/ゲーム業界に特化した転職のプロが支援する転職エージェントです。

「未経験からのキャリアチェンジ」を得意とした転職エージェントで、主に20代の完全未経験者を多くIT業界やゲーム業界へと転職に導いています。

ワークポートの特徴は、学歴や経歴ではなく、やる気や人柄で採用する企業やサポート体制が充実していることにあります。紹介してくれる求人も大手企業〜ベンチャー企業まで幅広く、未経験での業界チェンジや初めての就職・転職をマンツーマンでサポートしてくれます。

公式サイト:WORKPORTはこちら