体験談

学生時代の夢を!営業から出版業界へ転職を成功させた新卒の体験談

投稿日:

Pocket

学生時代から、やりたいことや行きたい業界があった。けれど、その業界へは行くことができなかった。そんな苦い思いをしたことはありませんか?

今回は、学生時代の夢を諦めきれず、第二新卒としてその業界への転職を成功させた体験談をご紹介します。当時の悩みや転職にいたった背景、第二新卒として転職を成功させた秘訣を体験談を通じて、学んでいきましょう。

 

新卒からの転職。諦めず成功して充実した社会人生活を。

私は一度、新卒としてとある地方金融機関の営業職として就職した後、新入社員の1年間で会社の仕事と並行して第2新卒として転職活動をし、念願だった出版業界の会社に転職に成功した20代の男です。

恐れ多いですが、第二新卒として転職に成功した体験談をお話しします。

学生時代は惨敗。不本意ながら営業職へ就職。

私は学生時代、フリーペーパーを発行するサークルに所属していて、当時から出版業界の編集の仕事に憧れを持っていました。

大学生3、4年の就職活動の際には、OB訪問や志望していた会社の説明会にも足を運びましたし、国内のいくつかの出版社を受験しました。

業界研究やエントリシートのブラッシュアップ、面接の練習など出来る限りの事はしたつもりでしたが、残念ながら出版社はどこも受かることができず、滑り止めとして受けていた大学がある都市の地方銀行に就職することしました。

 

やっぱり出版業界で働きたい!働きながらも転職に成功した秘訣。

しかし、社会人生活のスタートが近づくにつれ、本当にこのまま自分が一番やりたい仕事を諦めていいのか、この後ずっと後悔するのではないかという気持ちが強くなりました。

家族や友人に相談し、大学生4年の11月には「社会人として働きながら出版業界を目指し、再度就職活動を行おう」と心に決めました。

 

転職するにあたって、まず必要になったのは第二新卒の転職に関する情報収集です。

私は20代専門のマイナビジョブ20’sサイトへの登録し、募集をしている企業など必要な情報を収集しました。マイナビジョブ20’sのサイトでは第二新卒としての自己アピールに役立つ情報もあり、とても役立ったと感じています。

第二新卒という立場になると、なんとなく新卒の学生よりも不利な立場であるような気がしてしまいますが、私の場合は「最初の就職活動での挫折が、自分の出版業界での仕事に対する熱意を認識する良いきっかけとなった」ことを面接官に伝えました。

そのことで、私ならどんな逆境でもベストを尽くし続けることができるとアピールし、転職を成功させることができました。

もし、私と同じように一度就職することになったけれど、その結果に納得ができないと感じているならば、転職に挑戦してみることを強くお勧めします。成功したいならば、挑戦することが大切だと、私はこの経験から学ぶことができました。

 

挑戦こそが人生を豊かにする。転職に成功できた秘訣!

憧れの業界へ、第二新卒として転職を成功させることができたこの方は、僕と同じような背景を持っていました。誰にだって諦められない夢や働きたい業界はあります。しかし、そこへ行くために挑戦することが何よりも怖いものです。

この方は一度、学生時代の挫折があったからこそ転職に踏み出すことができたのでしょう。勇気を持って挑戦することが、転職を成功させる秘訣なのかもしれませんね。

最後に、この方が利用した「マイナビジョブ20’s」の公式サイトを載せておきますので、諦められない夢や転職を考えている人は、利用してみてはいかがですか?

公式サイトはこちら >> マイナビジョブ20's

 







おすすめ記事一覧

1

現在、新卒での転職をする人は全体の3割にもなります。世間一般では新卒での転職は厳しいものとされていますが、一度リタイヤしてしまった人や辞めたくてつらいという人を応援する風潮も高まっています。 そこで新 ...

2

新卒で入社して、まだ数ヶ月や1年で転職ってできるの?と考えている方は多いです。僕自身も新卒入社してわずか1年で転職をしました。新卒で、早いうちに転職をしておいて本当によかったと思っています。 新卒で転 ...

3

転職活動を行うときって、在職中にするか退職してからするかによって日程調整などのスケジュール管理が大変ですよね。ましてや企業によっては平日のみ、面接や説明会などがあるところもあります。 しかし、それらス ...

-体験談

Copyright© 入社1年目の転職 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.