退職のいろは

新卒が転職する場合の退職理由はなんて言う?後悔しない伝え方

更新日:

Pocket

新卒で入った会社を早期退職をする場合する際に、悩む人が多いのが退職する理由です。

辞めるときになんて言えばいいんだろう。なんて言えば波風立てずに退職することができるだろう。新卒の社員が転職や早期退職をする場合、きっと周りには否定されるだろうと不安になりますよね。

新卒が退職を伝えるときにはいくつかの注意点があります。僕自身が経験したことを踏まえて、新卒が退職する際によい退職理由をご紹介します。

 

マイナスなことは言わない

新卒が会社を辞めるときに、嫌だったことや不満を言うことはNGです。新卒の人が退職・転職をする理由にはマイナスなことがほとんどですが、これは一番やっちゃいけないことです。

その理由に対して、話した上司や周りの人に「そんなんじゃどこでもやっていけない」「根性ないなぁ」などと必ず否定されます。何より心苦しいですし、一番嫌な思いをするのは会社側の人たちです。少なくともその会社にはお世話になっているわけですし、残りの在籍期間がものすごく居づらくなります。

「自分のやりたいことがあるため」「こうなることが目標だから」など、ポジティブなことを言った方がいいです。もちろん否定されたり、後ろ髪を惹かれるようなことを言われたりもしますが、それはあなたを思ってのことでもあります。

特にやりたいことがなくて、今の会社にいることがつらい場合でも、何かしらの前向きな退職理由を考えておきましょう。けっこう応援してくれる場合も多いですよ。

 

親の介護や実家の都合

どうしてもきちんとした理由を話せない場合は、この手を使いましょう。

たとえ嘘でも、一番波風立てずに退職できる理由です。こうした家庭の事情には、会社側はあまり突っ込むことができません。そのため深く詮索されることもなく、引きとめることもできないため、新卒でも確実に退職することができます。

ただし、この退職理由を使う場合は、周到な準備と注意が必要です。これには相応のリスクがあり、退職する前に嘘がバレることがあります。嘘がバレたら最悪です。退職するまでの期間は、地獄のような期間になることを覚悟してください。

まず、この退職理由を使う場合は、周囲の人たちに家庭事情をどれだけ話してしまっているかによります。あまり自分のことや家庭事情を話してしまっていると、後で話のつじつまを合わせにくくなります。新卒で入社してからは、その辺は深く話さないようにしておきましょう。

方法としては、前々から周りの人たちに匂わせておくか、急な展開を装う2パターンがあります。

前々から匂わせて置く場合は、ちょくちょく有給休暇や休みを取得して家の事情を匂わせます。また、退職理由に合わせて周囲の数人に少し話しておくと、退職を切り出しやすくなります。

急な展開を装う場合は、必ず話のつじつまが合うように理由をしっかり考えておきましょう。何を突っ込まれても答えられるようにしておくことがポイントです。

 

嘘は言っていいのか

上記の家庭の事情など、嘘をつくことはとても心苦しいです。

本来ならば正直に話しておきたいでしょうが、「嘘も方便」です。嘘をつくことに罪悪感を感じるかもしれませんが、建前も必要です。それでことが上手く運ぶのですから、本来の目的忘れてはいけません。

バレなければ何を言ってもいいわけではありませんが、建前というものは人生のどこかで必ず必要になります。それは心苦しいと感じているあなただけではなく、誰にでもあることです。

その嘘をつくことで、周囲の人に気を使わせてしまうこともあるとは思いますが、本当のことを話して傷つく人や迷惑をかける人もいるのです。嘘を正当化しているわけではないですが、ときには嘘も必要だということです。

 

一番は正直に言うこと

本当はこれが一番良い退職理由です。

もちろんマイナスなことは言わないほうが良いです。それを全て正直に話すのではなく、自分のやりたいことや転職したいポジティブな気持ちを正直に話しましょう。

本当の気持ちを伝えることで、あなたは後ろめたさも感じることもなく、堂々としていられるはずです。必ずわかってもらえるわけではないですが、その気持ちは必ず伝わります。会社側や上司は引きとめますし、否定もしてくるでしょう。

しかし、それは会社側としての責務でもありますし、あなたの心配もしているのです。まだ若いからと、いろいろなことに挑戦することは良いことだと言ってくれる人もいます。

前向きな理由であれば、応援したいと思うものです。嫌味や否定的なことを言われるのは当然です。それでも自分はこうしたいという強い意志を示すことが、周りの気持ちも動かします。

マイナスなことを言わないことが前提ですが、あなたにもし野望や目的があるのなら、それを正直に伝えましょう。きっと、後になって後悔することはありませんから。

 







おすすめ記事一覧

1

現在、新卒での転職をする人は全体の3割にもなります。世間一般では新卒での転職は厳しいものとされていますが、一度リタイヤしてしまった人や辞めたくてつらいという人を応援する風潮も高まっています。 そこで新 ...

2

新卒で入社して、まだ数ヶ月や1年で転職ってできるの?と考えている方は多いです。僕自身も新卒入社してわずか1年で転職をしました。新卒で、早いうちに転職をしておいて本当によかったと思っています。 新卒で転 ...

3

転職活動を行うときって、在職中にするか退職してからするかによって日程調整などのスケジュール管理が大変ですよね。ましてや企業によっては平日のみ、面接や説明会などがあるところもあります。 しかし、それらス ...

-退職のいろは

Copyright© 入社1年目の転職 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.