新卒の転職事情

新卒の転職で必ず言われる「石の上にも三年」は本当に正しいのか

社会人になると、先輩や上司に「石の上にも三年」と言われたことはありませんか?

たとえ言われたことがなくとも、3年は働かないと何事もわからないという風潮があり、会社を辞めたい、転職したいという気持ちにセーブがかかってしまう人もいるでしょう。

でもそれは、もはや正しいことではありません。場合によっては大きく後悔することになります。

ここでは、昔から言われる「石の上にも三年」という言葉はの本質とは何か?それは本当に正しいのか?という疑問を解決していきます。

新卒は何年勤めれば転職してもいい?命運をわける考え方とは?転職したいと考えている人で、新卒1〜2年目の人も多いでしょう。 しかし、早期退職は転職にマイナスになると思い、 いったい...

「石の上にも三年」とは?

新卒の早期退職や転職する際によく言われることばですが、その言葉通り、たとえ辛いことでも3年耐えれば、良くなることや得られるものがあるという教訓です。

仕事では3年間は続けなければ、仕事のやり方も楽しさも、社会人としてのあり方も本当の意味で理解することはできないということです。

また、忍耐力がつかないということでもありますね。

新卒で退職や転職を考えている人なら、必ずそれが頭にあるでしょう。

確かに、不満があるからとすぐには投げ出さず、続けてみようとする姿勢は大切です。

3年続けることで忍耐力もつきますし、仕事もできるようになるでしょう。転職する際も、否定的なイメージを持たれることはないと思います。

でも、本当にそれでいいのでしょうか。

言葉通り「石の上にも三年」いることは、自分の人生にとって必ずしも意味のあるものになるでしょうか。

それはあなたの貴重な時間をかけるべき仕事なのでしょうか。

確かに、一年や数ヶ月そこらで辞めることには大きなリスクがあります。

でも、やりたいことや人生の目的があるのに、したくもない仕事をして時間を浪費している方がよっぽどリスクになると私は思っています。

「石の上にも三年」が正しいとは言えない理由!

転職で大切なのは「年数」ではなく「何をしてきたか」

「とりあえず3年」という考えで、漫然とその期間を過ごしたとしたら、転職する際に企業から評価されるとは限りません。

もしも今いる会社で見据える将来があったり、身に付けたいスキルがあるなら3年は続けた方がいいでしょう。

しかし、目標を見据えて、今の状態に留まるべきでないと判断したら、たとえ3年に満たなくても次のステージに進むべきです。

目標が明確でさえあれば、企業から「しんぼう強さがない人」「飽きっぽい人」などと思われることは少ないはずです。

今もし、身体を壊すような状態にいたり、あなたにやりたいことや叶えたい自分がいるのなら、すぐにでも行動に移すべきです。

身体を壊しては、次に動くこともやりたいこともできません。あなたのやりたいことがいつできるかわからないし、それができなくなるかもしれない。

大切なのは、”どこに時間をかけるか”なのです。

転職で「やりたいことがわからない」場合でも答えを見つける方法!転職しようと考えている人の中には、「自分のやりたいことがわからない」という人も多いです。やりたい仕事も、人生の目標も、20代前半で見つけ...

失敗できるのは20代のうちだけ!

「石の上にも三年」という言葉は、続けることでわかることや身につくことがあるというとても意味のある言葉です。

しかし、それは今すぐでなければならないでしょうか。

20代のうちはいろんなことに挑戦して、たくさん失敗して、多くのことを学ぶ時代でもあります。

大人としてもまだまだ未熟な20代は、失敗しても許される貴重な時代です。

あなたがしている今の仕事が、理想のキャリアに近づくのであれば続けるべきですが、そうでなければ貴重な20代をムダに消費してしまうことになります。

大学を卒業してから30歳になるまで、20代はたった7〜8年しかありません。

30代になれば、転職するにもそれ相応のキャリアやスキルが必要になり、年齢制限という間口も狭くなるため、20代のように転職はしにくくなります。

若くて体力もあり、どんなキャリアをも歩める可能性を持った20代は、今でこそたくさんのことにチャレンジできる年代なのです。

新卒の転職で「石の上にも三年」説は関係ない

正直言うと、「石の上にも三年」というのはあまり関係ないと言えます。

事実私も新卒入社1年で転職しましたが、やりたいことがあるのにそこに留まっている方がはるかに勿体ないと感じていたからです。

異業種であるのなら早くに飛び込んだ人の方が有利です。

もちろん、続けることで得られることも忍耐力もつくでしょう。

誰でもはじめは会社をすぐに辞めたくなるものです。

けれど皆それを乗り越えて、いろんな仕事や人々に触れ、成長していきます。3年続けることにも大きな意味はあります。

しかし、そこで頑張った3年で身につけたことが転職先で役に立つかはわかりません。

そもそも分野や業界が違えば早くに転職した方がはるかに身になります。

どちらが正しいということはないですが、今の職場でも転職したいと思う会社でも、そこで重要なのは「何を成したいか」です。

もしも自分の中で決めていることや目標があるのなら、その目標に近づけるにはどうしたらいいのかをよく考えてみてください。それがきっと正しい答えですから。

どうしたらいいのかわからないと迷っている人は、転職しないための転職活動をしてみるといいかもしれません。

行動することで答えが見つかることは多いですよ。

第二新卒が初めての転職で失敗しないための準備マニュアル!第二新卒のはじめての転職っていろいろ怖いですよね。 「転職してもっと悪くなるかも」「何がやりたいんだろ自分」「新卒って転職できるの...
こちらの記事もおすすめ