新卒の転職事情

新卒の転職で必ず言われる「石の上にも三年」は本当に正しいのか

投稿日:2017年8月10日 更新日:

Pocket

「石の上にも三年」とは?

新卒の早期退職や転職する際によく言われることばですが、その言葉通り、「たとえ辛いことでも3年耐えれば、良くなることや得られるものがある」という教訓です。

仕事では3年間は続けなければ、仕事のやり方も楽しさも、社会人としてのあり方も本当の意味で理解することはできないということです。また、忍耐力がつかないということでもありますね。

新卒で退職や転職を考えている人なら、必ずそれが頭にあるでしょう。

確かに、不満があるからとすぐには投げ出さず、続けてみようとする姿勢は大切です。3年続けることで忍耐力もつきますし、仕事もできるようになるでしょう。転職する際も、否定的なイメージを持たれることはないと思います。

 

でも、本当にそれでいいでしょうか。

言葉通り「石の上にも三年」いることは、自分の人生にとって必ずしも意味のあるものになるでしょうか。それはあなたの貴重な時間をかけるべき仕事なのでしょうか。

確かに、一年や数ヶ月そこらで辞めることには大きなリスクがあります。

でも、やりたいことや人生の目的があるのに、したくもない仕事をして時間を浪費している方がよっぽどリスクになると僕は思っています。

 

「年数」ではなく「何をしてきたか」

「とりあえず3年」という考えで、漫然とその期間を過ごしたとしたら、転職する際に企業から評価されるとは限りません。もしも今いる会社で見据える将来があったり、身に付けたいスキルがあるなら3年は続けた方がいいでしょう。

しかし、目標を見据えて、今の状態に留まるべきでないと判断したら、たとえ3年に満たなくても次のステージに進むべきです。目標が明確でさえあれば、企業から「しんぼう強さがない人」「飽きっぽい人」などと思われることは少ないはずです。

今もし、身体を壊すような状態にいたり、あなたにやりたいことや叶えたい自分がいるのなら、すぐにでも行動に移すべきです。身体を壊しては、次に動くこともやりたいこともできません。

あなたのやりたいことがいつできるかわからないし、それができなくなるかもしれない。

大切なのは、”どこに時間をかけるか”なのです。

 

「石の上にも三年」説は関係ない

正直言うと、「石の上にも三年」というのはあまり関係ないと思っています。

事実僕も入社1年で転職しましたが、やりたいことがあるのにそこに留まっている方がはるかに勿体ないと感じていたからです。異業種であるのなら早くに飛び込んだ人の方が有利です。

もちろん、続けることで得られることも忍耐力もついたでしょう。誰でもはじめは会社をすぐに辞めたくなるものです。だけど皆それを乗り越えて、いろんな仕事や人々に触れ、成長していきます。3年続けることにも大きな意味はあります。

しかし、そこで頑張った3年で身につけたことが転職先で役に立つかはわかりません。そもそも分野や業界が違えば早くに転職した方がはるかに身になります。

どちらが正しいということはないですが、今の職場でも転職したいと思う会社でも、そこで重要なのは「何を成したいか」です。

もしも自分の中で決めていることや目標があるのなら、その目標に近づけるにはどうしたらいいのかをよく考えてみてください。それがきっと正しい答えですから。

 







おすすめ記事一覧

1

現在、新卒での転職をする人は全体の3割にもなります。世間一般では新卒での転職は厳しいものとされていますが、一度リタイヤしてしまった人や辞めたくてつらいという人を応援する風潮も高まっています。 そこで新 ...

2

新卒で入社して、まだ数ヶ月や1年で転職ってできるの?と考えている方は多いです。 僕自身も新卒入社してわずか1年で転職をしました。新卒で、早いうちに転職をしておいて本当によかったと思っています。 新卒で ...

3

転職活動を行うときって、在職中にするか退職してからするかによって日程調整などのスケジュール管理が大変ですよね。ましてや企業によっては平日のみ、面接や説明会などがあるところもあります。 しかし、それらス ...

-新卒の転職事情

Copyright© 入社1年目の転職 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.