おすすめ転職エージェントランキング!
転職エージェント

初めての転職で失敗しないための準備マニュアル|エージェントの使い方!

新卒のはじめての転職っていろいろ怖いですよね。

「転職してもっと悪くなるかも」「何がやりたいんだろ自分」「新卒って転職できるの」と心配や不安なことばかり。

なので、転職になかなか踏み込めないときは、転職活動をしてみるといい。

別に転職することが絶対で転職活動をするわけではなく、「本当に転職した方がいいか」見極めるための転職活動ということ。

あくまで調査としての転職活動なので、今より良くなりそうなら転職したらいいですし、そうじゃないなら我慢して時期をズラすか、今の仕事を続けるという方法です。

 

結果論ですが、転職活動をすることで見えるものや分かることがある。

転職は未来が見えないから、不安が生まれて怖くなります。でも考えるだけじゃ何も進まないし、何も決められないまま。

だったら、転職活動で自分を知るための調査をして、自分の未来を見てみようということ。在職中でも空いた時間でできますし、これだけで転職で失敗する不安をなくせるからです。

転職の方法がわからないマニュアルなんかをお探しの方も参考にしてください。

自分を知る転職活動|転職エージェントの使い方

一番確実な方法は、「転職エージェント」を使うことです。

転職サイトで自分一人で進める方法もいいですが、視野が狭くなりますし、集められる情報も限られてきます。第一、自分が転職できるかどうかは一人ではわかりませんし、どう転職活動を進めていいかもわかりません。

転職エージェントは、転職を成功させるための知識や経験、人脈、環境、情報を持ったその道のプロです。客観的な視点で、自分がどの道で成功できるか、どうすれば転職できるのかを教えてくれます。

具体的には以下の3つの要素で、新卒という自分の転職での価値を知ることができます。

自分の価値を知る3つの要素
  • プロのカウンセリング
  • 非公開求人
  • 職場のリアルや裏話

プロのカウンセリングを受ける

転職エージェントに登録すると、まず初めにカウンセリングを受けます。

実はこのカウンセリングが一番重要で、転職における可能性の範囲が分かります。カウンセリングをすることでまずは現状を伝えて、自分の希望や条件を明確にしようということ。

例えば…

  • この希望ならこういった仕事ができる
  • この希望は難しい
  • この希望ならどちらかの条件を捨てるしかない

新卒の転職において共通しているのが、意外と自分の価値に見合わない高条件をバンバン出しているということです。

そんな「夢に描いた理想のような職場なんてあるわけがない」という現実を、転職のエージェントは教えてくれます。エージェントとのカウンセリングをすることで、転職市場での自分の価値が分かるのです。

どんな職場で働けるか、どんな仕事が向いているのか、こんな職場なら転職は難しいなど。

やってみなければわからないことも多いですし、最初はショックかもしれないけれど、自分の未来を知るための一つのものさしになります。

非公開求人

転職エージェントでは、一般的には公開されてない「非公開求人」を扱っています。

非公開求人とは、求人を載せるのにコストがかからないハローワークや、求人情報誌には絶対に載らない条件のいい求人のことです。

なぜ「非公開」なのかというと、企業側も変な人は入れたくありませんし、そんなに時間をかけられないから。エージェントに登録して、きちんと適性をカウンセリングした人材なら信用できますし、より集めやすいというのが主な理由です。

いわば裏を返せば、誰でも応募できる所には条件のいい求人はないということです。

このエージェント経由で見れる求人を眺めるだけでも、その価値は十分にあります。知らないことや「自分はいけるんじゃないか」といえる求人に出会うことができます。

また、転職エージェントが自分に合った求人やできそうな仕事を紹介してくれます。

これがいわば、自分のできる範囲でもあるからです。

職場のリアルや裏話

エージェントは企業と内通しているため、職場のリアルや裏話を教えてくれます。

転職エージェントを利用する上で、これがもっとも重要で価値があると言えるかもしれません。

例えば、本当の手取り額だったり、入社してからの教育や具体的な仕事内容、人間関係や職場の雰囲気を教えてくれます。

求人情報や会社のホームページに載っていないなど、知りたい会社の裏側を教えてくれるからイメージがより湧きやすくなります。ブラック企業に入らないためにも、これらの情報はぜひとも聞き出しておきたいところ。

一人では絶対に手に入らない情報やわからないことを解決してくれるエージェントは、新卒が転職活動をする上で必要な存在です。

また、親身になって相談にのってくれる良きパートナーでもあります。

転職エージェントを利用する上で理解しておくこと

もちろん、転職エージェント側も転職させることで利益になるということは理解しておきましょう。

エージェントも仕事ですし、転職してもらう企業からお金をもらっているわけなので仕方ありません。当然です。

だからといって、無理に転職させるわけでもありません。転職した後で悪い口コミが広がったり、すぐに辞められてしまえば、当然エージェント側にクレームが入ってしまいますからね。

だからこそエージェント側も、しっかりと希望や条件を引き出し、利用者の満足のいく転職をサポートしてくれます。

無理に進めてくるようなエージェントがいれば、担当者を変えてもらうか、別の転職エージェントを利用するようにしましょう。

転職サイトや求人情報誌だけやみくもに追いかけるのではなく、エージェントをうまく利用して転職活動を進めることが大事なのです。

転職エージェントの利用料金

転職エージェントのサービスは、すべて無料で受けられます。

エージェント側は人材を紹介することで企業からお金をもらっているため、利用者は無料で利用できるのがメリットです。また、エージェント側が求職者からお金をもらうことは法律で禁止されています。

だからこそ、安心して転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントの利用方法と全体の流れ

初めての転職エージェントは緊張するでしょう。わからないことも多いかもしれませんが、利用する方法は簡単です。

無料登録さえすれば、あとはエージェントが教えてくれます。

利用方法と流れもシンプル!

〜転職エージェントの利用方法と流れ〜

  1. Webサイトから登録
  2. カウンセリング
  3. 求人の紹介
  4. 書類・面接対

1、Webサイトから登録

利用したい転職エージェントのホームページ(公式サイト)から登録をします。

必要事項や基本情報を入力したら登録は完了です。

早ければ当日、遅くとも翌日にメールか電話の連絡が入りますので、あとは案内に従ってそのままカウンセリング予約に進みます。

2、カウンセリング(面談)

登録後の連絡で、支店があるところでのカウンセリング(面談)予約を行います。支店が遠い場合や直接いけない場合は、電話でも可能なので日時の予約をします。

予約日に直接or電話にて、今の現状や今後の希望、自分のやりたいことや苦手なことなどを伝えます。転職に迷っているなら、そのことを相談してももちろんOKです!

ちゃんとしたエージェントであれば、「転職しない方がいい」とハッキリ言ってくれることもあります。

カウンセリング(面談)とありますが、面接ではないので気構えて行く必要はありません。相談するつもりで気軽に行ってOKです!

服装は私服で、一対一の個別で相談に乗ってくれます。心配であればスーツでもいいですが、スーツで行く人はほとんどいません。

3、求人の紹介

カウンセリングの結果を聞きながら、その場か後日メール等で求人が送られてきます。

ピンとくるものがなければ先送りにして、また求人が来るのを待つ。それが繰り返されることが多いですが、もちろん自分から条件や希望を出しても全然OKです。

むしろ、エージェント側からしたら転職をしてほしいわけなので、条件や希望はどんどん出した方がいいでしょう。その方がエージェント側も、張り切って探してくれることが多いです。

4、書類や面接対策

新卒の転職で、一番心配になるところ。はじめての転職でわからないことも多いですし、面接での受け答えも練習したいという人が多いでしょう。

転職エージェントは転職を成功させるまでが仕事なので、対策のサポートもしっかり行ってくれます。利用するのは本人の自由ですが、タダでできるなら使わない手はありません。

ましてやエージェントはその道のプロなので、今まで何人も同じような新卒や経歴の人を見ています。企業側とも内通しているので、どのような人物をほしがっているか、採用されるか、どうすれば転職を成功できるかを熟知しているのです。

エージェントによっては、企業ごとに面接対策をカスタマイズしてくれるところもあります。ウズキャリ第二新卒

転職エージェントのデメリット

転職をするなら利用すべき転職エージェントですが、メリットばかりではないというよりは、注意点的なことはあります。

  • 経歴がないと利用できなそう
  • 断りずらそう
  • 担当者によっては失敗する

ただ、これらデメリットは人の感じ方によるので、全くデメリットを感じない人もいます。

経歴がないと利用できなそう

「新卒だし何も資格とかないけど大丈夫?」「職歴1ヶ月とかだけど利用できる?」

転職エージェントや転職サイトと聞くと、それなりのキャリアを積んだ人しか利用できないイメージがありますよね。

しかしそれは、即戦力になるような人たちを対象にした一般転職エージェントの場合です。

転職エージェントは転職に自身がない人を転職させるのが仕事であり、新卒には新卒向けの専門の転職エージェントがきちんとあります。

今や第二新卒は引く手数多の存在で、どこの業界も若手不足です。転職エージェントはそんな新卒を喜んで受け入れてくれますし、しっかり面倒見てくれます。

断りずらそう

あまりに気を使いすぎる人に多いのですが、転職エージェントで紹介された求人を断りずらいという人もいます。もちろん、私も当然のようにありました。

せっかく紹介してくれたから…なんか受けないと今後に影響でそう…

ですが、そんなことはありませんし、断らないと時間の無駄です!

転職エージェントは求職者に求人を紹介して、転職してもらうのが仕事ですが、絶対に転職しなければならないわけではありません。

そこのところは知っておいてください!

たくさん求人を見せてくれるのはありがたいですが、受けたくない求人や面接はきちんと断りましょう。そうすることで、また違う求人を用意してくれるからです。

担当者に当たり外れがある

よく転職エージェントを利用した人に言われるのが、担当につく人に当たり外れがあるということです。

転職エージェントを利用すると、一人一人に担当者が付きます。エージェントも人ですから、それぞれに相性というものがあります。

話が合って、親身になってくれる人もいれば、さっさと転職させたいいい加減な人もいます。

ですが、担当者は言えば変えてもらえますし、だからこそいろいろな転職エージェントに登録しておくのです。

転職エージェントは複数登録して、その中で一番相性が良いエージェントに転職をサポートしてもらうというのが、効率のいい一番賢いやり方です。

なので普通は、転職サイトやエージェントは複数登録しておくのが基本です。

また、エージェント一人一人にも得意な業界と苦手な業界があります。

業界出身のエージェントはもちろんその業界に詳しいですし、いろいろな話が聞けます。逆にほとんど知らない業界は説明ができないので、うまく紹介できません。

自分が行きたい業界に詳しいエージェントに当たるとものすごく情報が集まりますし、反対に自分が行きたい業界が苦手なエージェントに当たると、全然進まないこともあります。

だからこそ、エージェントとの相性はとても大事です。実際に利用してみないとわからないので、最低でも3つは登録しておくといいかもしれませんね。

実際に使ってよかったおすすめの転職エージェント

良いエージェントと言っても人それぞれ。

相性がよければその人にとっては「良いエージェント」ですし、逆に相性が悪ければ評判がよくても「よくないエージェント」になり得るのです。

つまるところ、転職エージェントの良し悪しは利用してみないとわからない、というのが正直なところでしょう。

それでも初めは迷うので、私が実際に利用してみてよかったところやおすすめできる転職エージェント・サイトを紹介します。

1位、いい就職.com

対応がダントツでよかった

転職エージェントは5社ほど利用しましたが、「いい就職.com」が一番親身になってサポートしてくれたのが印象に残っています。

いい就職.comのモットーは、大手や有名どころを紹介するのではなく、本人に合った「本当に良い就職」ができるようにサポートすることだからです。

他のエージェントも決して悪くはなかったけど、いろいろ親身に相談や紹介をしてくれて、ときには「ここはやめた方がいい」と反対意見もきちんと言ってくれました。

面接練習もとことん付き合ってくれたのもよかったですね。

求人はそれほど多くないが質がいい

求人は大手企業や有名どころはあまりないですが、扱っている企業の質はどれもよかったです。

実際に面接や企業を見たりもしましたが、職場の雰囲気もよくて条件もそれなりに良いところが多かった印象があります。

求人数は多くはないけれど、量より質というのはこういうことでしょう。

全国対応で利用しやすい

拠点は東京・横浜・名古屋・大阪・の4拠点+沖縄。イベントやセミナーなんかもここでやります。

東京ばかりに集中する企業や転職エージェントが多いですが、いい就職.comは拠点が多いから地方の人も利用しやすいのがよかったですね。

いい就職.comの公式サイトはこちら

2位、マイナビジョブ20's

やっぱり大手は強い。他のエージェントを利用しつつも、大手は必ず登録しておいたほうがいい転職エージェントです。

求人も多くて大手企業・正社員求人ばかり

さすが大手「マイナビ」さん。求人数も求人企業もダントツで多いし、良いところばかり。たくさんの求人を見たい人はこっちがおすすめです。

大手に出す求人費用はお金がかかるため、悪質な企業やブラック企業はあまり応募してきません。そのため、大手企業や正社員求人のホワイトばかりでした。

一度破れた大手企業やリベンジしたい会社があるなら登録するべき。そうでなくても、ある種の保険として登録しておいて損はないでしょう。

対応エリアは関東・東海・関西と、ほとんどの地域で対応しているのも大手の強みですね。

忙しいときでも任せられる

「マイナビジョブ20’s」では、平日休みが取れない人や仕事で忙しい人のため、日程調整や面接の打ち合わせなどの企業とのやりとりを代行してくれます。

大手だからの安心感もあるけど、対応がけっこう親身で助かった。

マイナビジョブ20's公式サイトはこちら

3位、ウズキャリ(第二新卒ナビ)

意外とよかったのが、ウズキャリ(第二新卒ナビ)。

担当者が親しみやすくて相談もしやすい

ウズキャリ(第二新卒ナビ)の担当につくスタッフは、全員もと第二新卒転職者。だからこそ同じ悩みも知ってますし、解決方法も知っています。

「やはり経験に勝るものはないな」という印象を受けました。

年もそれほど離れてないので親しみやすく、新卒でビクビクしてた自分でも驚くほど打ち解けました。

ただ仲良くなりすぎると断りずらいので、ほどほどにしておくといいかもしれませんね。

登録後は東京に行かなければならないのが残念

ウズキャリ(第二新卒ナビ)にWeb登録したあと、初めの面談は東京の会社まで行かなければなりません。

そこにしか支店がないため、東京から離れている人は大変かも。

カウンセリングなどは電話で行いますが、東京郊外の人は使いづらい印象です。だからその点はちょっと残念。

ウズキャリ第二新卒公式サイトはこちら

新卒の転職で失敗しないための準備マニュアルまとめ!

新卒の転職には準備が必要です。でも転職しようか悩むから、そのためのマニュアルだと思ってください。

やってみることで見えてくるものがあるというのは本当です。

自分の知らない世界や可能性が見えてくることで、本当の自分に気づくことができるかもしれません。

まずはいろいろとエージェントに登録して、良さそうなところや相性の良いところで転職を決めればいいのではないでしょうか。

こちらの記事もおすすめ