転職サイト

第二新卒が転職エージェントにより良い企業を紹介してもらう方法!

更新日:

Pocket

新卒での転職や、第二新卒として再就職を考えている人は、「掲載型の転職サイト」や「転職エージェント」を利用するかと思います。転職エージェントを利用するメリットは、あなたに合った求人を絞り込み、転職できるまでサポートをしてくれることにあります。

ここでは、エージェントのやる気を出させ、より自分に合った最適な良い企業を紹介してもらう方法をご紹介します。これを意識しておけば、エージェントとうまく付き合い、あなたにとって満足のいく転職ができるはずです。

 

エージェントとの相性を見極める

第二新卒がより良い転職をするためには、エージェントとの相性も大切になってきます。

自分の生き方に対する考え方や方向性が近く、シンクロできるようなエージェントは大きな力になります。エージェント個人も人ですから、「経歴」や「価値観」が求職者に影響してきます。

エージェントにはそれぞれ得意な業界がある

メーカー出身のエージェントは、やはりメーカー系の求人を紹介するのが得意で、ベンチャー出身のエージェントはベンチャーを勧めたがるというような、それぞれに得意分野があります。自分が過去に経験してきたことですから、当時の思いや苦労したことなど業界でのことについて詳しく知っています。

しかし、自分がよく知らない業界や求人は、オススメする自信がないので、紹介を避けがちになります。自分が知っている会社、過去自分が担当して入社して幸せに働いている事実の確認ができる会社をオススメしやすいのです。

だからこそ、「どんな経歴で、どの業界、会社、求人が得意なエージェントなのか」という点は、エージェントの担当者を選ぶ大事な基準となるのです。

 

エージェントの価値観を知る

「働く」ということに対して、エージェントがどんな価値観を持っているかも大切な要素です。

エージェントにとって、求職者に「より良い会社でより良い人生を送ってほしい」という想いは皆同じです。しかし、働き方や価値観というものは千差万別です。

そのため、エージェントは自分と同じような志向を持つ人や社員と付き合いが多いため、プライベートでもどんどん情報を集めることができます。逆に、そうでない志向や価値観を持つ人とはあまり付き合いがないので、わからないこともあるのです。

例えば、「仲間とやりがいを感じるような仕事がしたい」という人もいれば、「どうせ働くなら、リスクがあってもワクワクする仕事したい」という人もいます。反対に「安定を求める」人もいますので、それぞれに合った様々な提案をすることができます。

エージェントの価値観や働き方が自分にフィットしている方が、より自分の理想にマッチした企業と巡りあう可能性が高いというわけです。

 

エージェントにやる気になってもらう

転職エージェント側もお仕事ですから、月間何人転職させなければならないといった業績目標があります。もちろん、相談者に合った最適な企業に転職できるように一生懸命になってくれますが、中には微妙だなと思う転職先であって勧めてくる人もいます。

しかし、転職者に不満のある転職をさせてしまうと口コミや評判で広まり、会社のイメージが悪くなってしまいます。転職エージェント側としても、相談者に満足のいく転職をしてもらうことで、会社の評判やイメージは上がりより転職希望者が集まるということです。

 

自分に合ったより良い企業を紹介してもらうために、ポイントになるのがエージェントの「本気度」を上げるということです。

エージェントも幸せな転職をしてほしいと考えてはいるため、より具体的で転職の意志がはっきりしているとエージェントは動きやすくやる気になります。そのエージェントのやる気を出させ、本気度を上げるためにいくつかの方法があります。

1、自分のウリを明確にしておく

第二新卒が転職するためにより良い企業を紹介してもらう方法として、自分のアピール材料=ウリを揃えておくことがポイントです。

企業に対して「私のウリは○○です」とアピールできるストーリーを準備しておくと同時に、エージェントに対しても、「私は売れる人材ですよ」とアピールすることができます。

エージェント側も、より転職しやすい人や特徴や適性がわかる材料が多い人の方が転職させやすいです。企業側もお金を払って応募をかけているわけですから、そういった人に良い企業を紹介したいわけです。

また、志望先が現実的に転職できそうな会社であることも重要です。高望みばかりしている人に注力しても、転職が成功しにくいからです。

 

2、転職したい時期を明確にしておく

転職したい時期や期間を明確にしておくことは、転職をスムーズに運ぶためにも大切です。

いつから転職活動を始めて、いつまでに転職をしたいなどの希望を明確にしておくことで、エージェントにとっても転職をサポートしやすくなります。また、時期や期間を設定する人は転職する意志が強いため、転職をさせやすいこともエージェントのやる気を促してくれます。

より転職したい意志を示すことは、自分のためにもエージェントのためにもなり、より転職がスムーズに運ぶというわけです。

 

3、早期退職してしまった人はチャンス!

それから、離職している人を相手にすると、エージェントのやる気も上がることを覚えておいてください。

早期退職してしまった新卒や離職者は、転職や社会復帰の意志が強い傾向にあるため、力を注げば必ず入社してくれます。そのため、相談者により親身になって転職をサポートしてくれます。

逆に、大手の優良企業勤務で、本当に転職するかどうかわからない、相当条件がよくなければ首を縦に振ってくれないような人は、「後回しでいいかな」なんて思われる可能性があるわけです。

 

もちろん、ここで述べたようなエージェントが全てではありません。しかし、エージェントに注力してより良い企業を紹介してもらうためにも売り込みはした方が良いでしょう。

より良い企業に転職するには、あなたにこそ転職してほしいんだと思ってもらうように、自分も常に本気で望むことが何より一番大切なことですから。

新卒1〜2年目の第二新卒におすすめの転職エージェントを教えよう!







おすすめ記事一覧

1

現在、新卒での転職をする人は全体の3割にもなります。世間一般では新卒での転職は厳しいものとされていますが、一度リタイヤしてしまった人や辞めたくてつらいという人を応援する風潮も高まっています。 そこで新 ...

2

新卒で入社して、まだ数ヶ月や1年で転職ってできるの?と考えている方は多いです。僕自身も新卒入社してわずか1年で転職をしました。新卒で、早いうちに転職をしておいて本当によかったと思っています。 新卒で転 ...

3

転職活動を行うときって、在職中にするか退職してからするかによって日程調整などのスケジュール管理が大変ですよね。ましてや企業によっては平日のみ、面接や説明会などがあるところもあります。 しかし、それらス ...

-転職サイト

Copyright© 入社1年目の転職 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.