転職サイト

入社1〜2年目の第二新卒におすすめの転職サイト・エージェント

20代の中でも、入社してすぐや1〜2年目で転職に悩んでいる「第二新卒」の方も多いと思います。

一昔前までは新卒での転職は厳しいものとされていましたが、今は第二新卒での転職をする人は全体の3割もいます。

一度リタイヤしてしまった人や辞めたくてつらいという人を応援する風潮も高まっていますし、私も新卒1年目で転職し、第二新卒のうちに2回転職しています。

ただし、第二新卒の転職を成功させるには「転職サイト・エージェント」の利用は不可欠。

ここでは、私も実際に利用してよかった第二新卒におすすめの転職サイト・エージェントをご紹介しています。

転職サイトと転職エージェントの違いや選び方、おすすめの利用方法も記載しています。

Contents

第二新卒は知っておくべし!転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトと転職エージェントは異なる転職サービスです。

結論から言うと、受けたい企業や希望が明確なら転職サイト相談しながら視野を広げたいなら転職エージェントを重点的に利用するのがおすすめです。

転職サイトの特徴

一般的に「転職サイト」と言うと、求人情報がたくさん掲載されていて、そこから自分で選んで求人に応募するといった情報誌サイトを想像するかと思います。

転職サイトには企業が直接求人を掲載しており、利用者が自由にサイト内で求人閲覧・応募することができます。

誰でも登録・利用でき、誰からも催促などがないので気軽に登録できるのがメリットです。

例)リクナビNEXT、doda、エン転職、マイナビ転職など

転職エージェントの特徴

一方「転職エージェント」とは、エージェントと呼ばれる担当者のスタッフが利用者とカウンセリングを行い、利用者に最適な求人を紹介し、入社できるまで転職をサポートしてくれるサービスです。

自分で応募から面接まですべて行う「転職サイト」と違って、自分が進みたい進路や方向性を相談しながら、履歴書の書き方から面接対策など、わからないことや相談しながら転職をサポートをしてくれるのが転職エージェントです。

例)リクナビエージェント、マイナビエージェント、doda、ビズリーチなど

転職エージェントのおすすめポイント!

  • カウンセリングにより悩みを相談できる
  • 利用者に合った仕事・求人を紹介してくれる
  • 企業とのやり取りや面倒ごとはエージェントが代行
  • 登録や利用はすべて無料でできる

基本的には、転職活動では「転職サイト」と「転職エージェント」の両方を利用しますが、一人で進めていきたい方は転職サイトのみでも十分でしょう。

転職エージェントはどんな第二新卒におすすめ?

転職エージェントは、こんな第二新卒におすすめです。

  • 転職したいけど方向性に迷っている
  • 転職の方法・進め方がわからない
  • ブラック企業に就職したくない

また、転職エージェントでは、転職しようか迷っている人でも相談に乗ってくれるのでおすすめです。

第二新卒における転職サイトと転職エージェントの選び方

さて次は、転職サイトと転職エージェントの選び方についてです。

転職サイトの選び方:重要なのは求人数と使いやすさ

転職サイトでは、この2つが選び方のポイントになります。

  • 求人数の多さ
  • サイトの使いやすさ

転職サイトでは基本的に自分で転職活動を進めていくので、「サービスの質」といったものはありません。

また、第二新卒向けのコンテンツや情報も豊富なことが第二新卒の転職には重要です。

次に、「転職エージェント」の選び方ですが、転職エージェントの場合はどこで選ぶかよりも誰に担当してもらえるかが重要です。

転職エージェントの選び方① 初めから一つに絞らない

結論から言うと、転職エージェントは一つに絞り込んで利用するのはNGです。

どこの転職エージェントでもそうですが、あなたの相手をするのは基本的に担当するアドバイザーであり人です。

アドバイザーによって持っているスキルや考え方に差はありますし、経験してきている職種や詳しい業界にもバラつきがあることもあります。

また、転職エージェントによって保有している求人も異なるため、まずはいくつかに登録していろんなアドバイザーに話を聞いてみて、「この人なら」と思えるアドバイザーのもとで転職活動を進めていきましょう。

転職エージェントの選び方② 20代・第二新卒向けに長けているか

第二新卒の転職をサポートするエージェントに重要なのは、キャリアの短い20代や第二新卒の転職に精通しているかということ。

30代や40代の転職と違って、キャリアの浅い20代の転職ではノウハウや応募する求人の方向性が異なります。

ここで特に第二新卒などに精通していない転職エージェントを利用してしまうと、選考のポイントや対策はもちろん、登録段階で門前払いされる可能性もあります。

第二新卒・20代におすすめの転職サイト2選

転職エージェントではなく、転職サイトを探している第二新卒・20代におすすめなのが「キャリトレ 」です。

めっちゃ使える「キャリトレ」

求人企業 全国
求人数 100,000件以上
オススメ度

キャリトレ は、立石晴香さん演じる「こんなキラッキラの若手どうやって⁉︎」のテレビCMでも有名になった、20代の挑戦を応援する転職サイトです。

ハイクラス求人サイトでも有名な「ビズリーチ」が運営する転職サイトで、登録情報や希望条件から1日5分、レコメンドされた求人を通知してくれます。

レコメンド※される求人に対して「興味がある」「興味がない」を選択することで、独自のアルゴリズムが好みや志向性を分析・学習し、より希望に近い求人を届けてくれます。

レコメンド機能は利用すればするほど精度が上がるので、自分の希望や興味のある仕事にマッチした求人だけを探すことができるので効率がとてもよいです。

もちろん登録も利用もすべて無料なので、第二新卒・20代なら登録しておいて損はない転職サイトです。

キャリトレ公式サイトへ

※レコメンドとは:推薦するの意味。ユーザーの閲覧履歴などから、独自アルゴリズムで解析し、お勧めの商品やサービスを表示するシステム。

転職者全般におすすめの「リクナビNEXT」

利用方法 無料会員登録
求人数 80,000件以上

私が初めて転職を考えたときに、まずはじめに登録したのがリクナビNEXT です。

リクナビNEXTは企業が直接掲載している【求人掲載型】ですが、毎週2万人以上が登録し、転職者の8割がリクナビNEXTを利用しているという大型サイトです。

世の中の企業や求人などの情報が多く、圧倒的な求人数と信頼度があるので、転職情報や経験が少ない20代の視野を広げるのに大いに役立ちます。

「スカウト登録」することで、企業や転職エージェントから直接オファーが届くシステムを採用しており、条件を登録しておけば企業から直接アプローチを受けることができます。

リクナビNEXT公式サイトへ

無料適正診断も行っているので、まだ転職意向が低い20代でも可能性を広げるために利用できるのでおすすめです。

第二新卒に最もおすすめの転職エージェントBest3

私も実際に利用していた転職エージェントの中で、求人の質やサポート力、役立つノウハウなどから、第二新卒に最もおすすめの転職エージェントを3つをご紹介します。

マイナビジョブ20’s

求人企業 全国対応(関東・東海・関西メイン)
企業数 1500以上(非公開あり)
おすすめ度

公式サイト:https://mynavi-job20s.jp/

特徴:大手の求人力と万全のサポート体制で安心!

人材業界大手「マイナビ」の第二新卒などの20代を専門に扱う転職エージェントです。

就活などでも使用したことがある、大手マイナビの安心感と情報網は利用しておきたいところです。他の転職エージェントにはない大手や、登録者だけが見れる非公開求人も多いのが特徴です。

20代の転職市場を熟知したキャリアアドバイザーが一人一人に専任で付き、はじめての転職を一からフルサポートしてくれます。

転職エージェントがエントリーや日程調整などの企業とのやり取りを全て無料で代行してくれるため、平日休みが取れない、在職中の転職活動が難しい人にもおすすめです。

また、マイナビジョブ20's独自の「適性診断」では、自分の強みや弱み、気付かなかった適性なども知ることができるので、「自分の道に迷っている人」の転職活動にも役立ちます。

マイナビジョブ20's公式サイトへ

何より「ほんとに無料なの?」というくらい転職者へのサポートが手厚く、はじめての転職をフルサポートしてくれるので、いくつも登録する中でもベースとして使いやすいのでおすすめです。

いい就職.com

求人企業 全国対応(セミナー等は4拠点)
求人数 約5000社(うち第二新卒向け2500社以上)
おすすめ度

公式サイト:https://iishuusyoku.com/

特徴:求人にブラック企業がない満足な転職ができる!

あまり名前を聞いたことがある人もいないかもしれませんが、「いい就職.com」は日本で初めて「第二新卒」向けの転職支援サービスを行った転職エージェントです。

全国14万人が利用する国内最大級の第二新卒転職エージェントで、「いい会社を探すより、自分に合ったいい就職」を心情に、現在では既卒や新卒採用にまで幅を広げています。

最大の特徴は、第二新卒であることを前提にして「正社員採用のみ」に限定して企業を厳選していることです。

離職率の高い企業や働きづらい企業などはすべて受け入れず、徹底的にブラック企業を排除専門のスタッフが実際に足を運んで調べた、若手や第二新卒が働きやすい企業だけを提供してくれます。

第二新卒であること理解している企業だけなので、転職しやすいのもメリットです。

また、全国4拠点(東京・横浜・名古屋・大阪)で、「無料セミナー」や履歴書の書き方から面接・スキルアップ支援などの「転職サポート」を毎日開催しています。

経営者や採用担当者とも話す機会があり、しかも全て無料で受けられます。

いい就職.com公式サイトへ

転職のしやすさと充実した支援は、第二新卒で転職することに不安がある人におすすめです。僕もココのエージェントさんにはお世話になりました。

ウズキャリ第二新卒(第二新卒ナビ)

求人企業 全国対応(都内中心、地方も可)
求人数 非公開
おすすめ度

公式サイト:http://daini2.co.jp/

特徴:面接対策は企業ごとにカスタマイズ!馴染みやすさは抜群!

ウズキャリ第二新卒は、内定率が83%を超える20代専門の転職エージェントです。

1ヶ月平均20時間の手厚いサポートが特徴で、書類通過率87%を超える独自の強みを伝える書類の書き方や、求人企業ごとにカスタマイズされた面接対策を無制限で行ってくれます。

ウズキャリ第二新卒のキャリアカウンセラーは全員が元既卒・第二新卒なので、同じ経験をしてきた人だからこそ、教えられることやアドバイスなどで失敗しない転職をサポートしてくれます。

「早期退職の理由はなんて言おう」「次は絶対に長く働きたい」「ブラック企業の見分け方が知りたい」などの、細かな悩みにも答えてくれますよ。

ウズキャリ第二新卒公式サイトへ

また、自社で独自の判定基準を設けており、基準に満たない企業やブラック企業を徹底排除しているため、就職後の定着率は93%以上をキープしているそうです。

自分が受けたい企業の「ブラック企業判定」なんかも行ってくれます。

フリーターや既卒におすすめの転職エージェント

 ハタラクティブ

求人企業 関東・名古屋・大阪・福岡
企業数 2300以上
オススメ度

公式サイト:https://hataractive.jp/

特徴:社会人経験がなくても正社員が目指せる!

ハタラクティブは、フリーター・既卒・第二新卒の20代を対象に「社会人経験のない人でも正社員を目指せる」就職支援を行っています。

一度リタイヤしてしまった人や未経験の業界に挑戦したい人など向けに、常に2000以上の求人を扱っており、求人紹介から面接対策までをサポートしてくれます。

利用者はすでに15万人以上にもなり、「早期退職の経歴が心配」「次こそは本気で働きたい」といった第二新卒の転職特有の悩みを、プロの就活アドバイザーが寄り添った転職サポートをしてくれます。

ハタラクティブの特徴は、学歴や経歴ではなくやる気や人柄で採用する企業やサポート体制が充実しているため、キャリアに自信のない人や社会人経験のない人でも安心して利用できるでしょう。

現在フリーターやすでに退職してしまった人にはおすすめの転職エージェントで、もちろん全て無料です。

ハタラクティブ公式サイトへ

私もブランクが空いた時には利用していましたが、アドバイザーの方は親身に求職者に寄り添い、就職・転職できた人に対して一緒に喜んでくれていたのが印象的でした。

JAIC(ジェイエック)

求人企業 全国(北海道・沖縄除く)
求人数 50,000社以上
オススメ度

公式サイト:https://www.jaic-college.jp/

特徴:無料説明会に参加すれば書類選考なしですぐに面接できる!

厚生労働省より「職業紹介優良事業者」として認定された転職エージェントです。もともと企業や営業マンに研修事業を行っていたため、就活講座や面接会などの就職・転職支援が充実しています。

未経験から正社員への就職成功率は80%を越え、就職後も支援してくれるフルサポートを提供しています。

ビジネスマナーや履歴書の書き方、面接や自己PRなどの入社後に役立つこともしっかり学ぶことができるため、スムーズに入社できたという人も多いです。

一度リタイヤしてしまった人や、社会人経験やビジネスマナーを身につけながら転職したい人におすすめの転職エージェントです。

JAIC公式サイトへ

「未経験でもじっくり育てていこう」という優良企業だけを扱い、企業担当者が内情までしっかり教えてくれるため安心です。

キャリアが2年以上ある第二新卒におすすめの転職エージェント

第二新卒の転職を考える人の中には、職歴も2年以上あったり、自分のキャリアに自信がある人もいるでしょう。

3年いるのは耐えられない」「今後を見越して第二新卒としてキャリアアップしたい」という人には以下の転職エージェントがおすすめです。

リクルートエージェント

求人企業 全国
求人数 100,000件以上
オススメ度

公式サイト:https://www.r-agent.com/

特徴:最大手転職サイトの求人数と40万人以上の転職実績

リクルートエージェントは、なんと言っても非公開求人の数が業界最大級の10万件以上もあり、実績豊富なアドバイザーと独自分析による転職サポートを提供してくれます。

もちろん第二新卒向けの求人や転職サポートも行っていて、転職をするしないに関わらず、仕事についての悩みや不安が相談できるのもメリット。

「面接力向上セミナー」なども無料で参加でき、情報収集や力をつけるといった利用方法もできるのがいいですね。

企業の内部事情は第二新卒向けの転職エージェントほどではないですが、求人や業界にも幅広いため、第二新卒向けと併用して使うとよいでしょう。

リクルートエージェント公式サイトへ

とはいえ、転職活動において、担当者が業界や職種に精通しているほど濃い情報や裏話なんかも聞けたりしますので、ぜひ一度話を聞いてみるだけでも利用価値は高いです。

doda:幅広い豊富な求人数とトップクラスの提案力!

求人企業 全国
求人数 80,000社以上
オススメ度

公式サイト:https://doda.jp/

特徴:幅広い豊富な求人数とトップクラスの提案力!

「doda」はリクナビに次いで求人数が多い業界大手の転職サイトです。

dodaでは転職サイトと転職エージェントの機能が一体となっていて、doda一つで両方管理することができます。

リクナビよりも第二新卒や20代向けの求人が探しやすく、「第二新卒向けの特集ページ」や「転職人気企業ランキング」などのコンテンツも豊富です。

カウンセリングの段階から親身に話を聞いてくれて、大手でたくさんの転職者を見てきただけあって、提案力・求人数ともにトップレベルでした。

たくさんの求人から選びたい人や、質の高いサポートを受けたい人におすすめです。

doda公式サイトへ

一方で、dodaは第二新卒としてのイメージが少ないかもしれません。

しかし、担当者に直接聞きましたが、「キャリアに自身のない第二新卒や未経験の転職にもぜひ利用してほしい」とのことでした。

実際、未経験や第二新卒向けの求人も豊富で、アドバイザーに当たり外れが少ない転職エージェントです。

【超簡単】おすすめの転職エージェント利用方法と流れ

初めての転職エージェントは緊張するかもしれませんが、利用する方法は簡単です。

無料登録さえすれば、あとは転職エージェントのアドバイザーが教えてくれます。

〜転職エージェントの利用方法と流れ〜

  1. Webサイトから登録
  2. カウンセリング
  3. 求人の紹介
  4. 書類・面接対
  5. 内定と入社手続き

①Webサイトから登録

利用したい転職エージェントの公式サイトから無料登録をします。

必要事項や基本情報を入力したら登録は完了です。

早ければ当日、遅くとも翌日にメールか電話の連絡が入りますので、あとは案内に従ってそのままカウンセリング予約に進みます。

②カウンセリング(面談)

登録後の連絡で、支店があるところでのカウンセリング(面談)を行います。支店が遠い場合や直接いけない場合は、電話でも可能なので日時の予約をします。

予約日に直接or電話にて、今の現状や今後の希望、自分のやりたいことや苦手なことなどを伝えます。転職に迷っているなら、そのことを相談してももちろんOKです!

カウンセリング(面談)とありますが、面接ではないので気構えて行く必要はありません。相談するつもりで気軽に行きましょう!

服装は私服でOKで、一対一の個別で相談に乗ってくれます。

③求人の紹介

カウンセリングの結果を聞きながら、その場か後日メール等で求人が送られてきます。

ピンとくるものがなければ先送りにして、また求人が来るのを待つ。それが繰り返されることが多いですが、もちろん自分から条件や希望を出しても全然OKです。

むしろ、エージェント側からしたら転職をしてほしいわけなので、条件や希望はどんどん出した方がいいでしょう。

その方がエージェント側も、張り切って探してくれることが多いです。

④書類や面接対策

新卒の転職で、一番心配になるところ。はじめての転職でわからないことも多いですし、面接での受け答えも練習したいという人が多いでしょう。

転職エージェントは転職を成功させるまでが仕事なので、対策のサポートもしっかり行ってくれます。

利用するのは本人の自由ですが、タダでできるなら使わない手はありません。

⑤内定後の給与交渉や手続き

無事に内定をもらい、入社する会社を決めたらアドバイザーに伝えます。

その後の年収交渉や手続きの流れなども、アドバイザーが代わりに行ってくれるので、こちらは希望を伝えたりするだけ。

あとは入社日を待つだけで、転職エージェントの利用は終了します。

第二新卒は転職サイトよりエージェントがおすすめ?

転職をしようとする人の中で、新卒3年以内で転職する「第二新卒」は初めての転職になる場合が多く、手順や方向性がよくわからずに転職がうまくいかない人が多いです。

転職サイトでは自分で転職活動を進めていかなければならないため、行動指針が定まりません。

しかし、転職エージェントでは、「第二新卒で転職できるのか」「どんな仕事に就けばいいのか」「どう転職活動を進めればいいの?」といったことを相談しながら転職活動を一からサポートしてくれます。

また、求人の紹介だけでなく、履歴書の添削、面接対策、企業との日程調整、年収交渉などもすべて無料で行ってくれます。

いわば、一緒に転職活動を行ってくれるパートナーです。

わからないことや不安なことしかない第二新卒にとって、利用しない意味がないのです。

転職を必ずしなければいけないわけではないため、情報収集や転職ノウハウを学ぶだけでも利用価値は大いにあります。

はじめての転職なら?初心者におすすめ転職エージェント

第二新卒向けの転職エージェントがたくさんあって、「結局どこを利用したらいいのかわからない」という方は、まずは「マイナビジョブ20's」にで相談してみるとよいでしょう。

大手マイナビの信頼性と情報網があれば、ほとんどの求人やエリアをカバーできます。

第二新卒の方に多いのは、まだ自分の方向性や適性などが定まっていない場合。

まずはマイナビジョブ20's独自の「適性診断」で自分を客観的に分析し、キャリアアドバイザーとのカウンセリングを進めながら、希望の転職や方向性を絞っていく方が懸命です。

マイナビジョブ20'sをメインに進めていき、他の求人や転職エージェントに興味があれば、エージェントの特徴を見つつ並行して利用するのがおすすめです。

マイナビジョブ20's公式サイトへ

▼マイナビジョブ20'sの登録方法や内定までの流れこちら

http://firstyear-tensyoku.com/tensyoku-agent/mynavi-job20s-step

第二新卒の転職におすすめの転職サイト・エージェントまとめ

転職することは怖いかもしれません。不安もたくさんあるけれど、何もしなければ今を変えることはできません。

けれど全てを一人で行う必要もありません。始めは誰でも不安ですが、皆が一人で行っているわけでもないし、きちんと先を見据えるならばその道のプロの力を借りましょう。

転職サイト・エージェントを利用するのとしないのでは、転職活動も転職先も雲泥の差です。

もちろん、転職エージェントの担当者によって「合う」「合わない」はあるので、最低限2〜3つは登録しておくことをおすすめします。

最後に一覧でまとめておきますので、一括での登録もおすすめです。

▼第二新卒・20代におすすめの転職サイト

▼第二新卒に最もおすすめの転職エージェントBest3

▼フリーターや既卒におすすめの転職エージェント

▼キャリアが2年以上ある第二新卒におすすめの転職エージェント

大切なことは今を変えること。そして自分の望む未来を作ることです。

自分が何をやりたいのか、どうしていきたいのか、相談しながらしっかりと自分を見つめていくことで、必ずあなたが望む仕事や未来に近づくことができます。

一人で悩まず、相談しながら新しい道に進めることを祈っています。

▼転職エージェントでより良い求人を紹介してもらう方法はこちら

第二新卒が転職エージェントに良い企業を紹介してもらうコツ!新卒での転職や第二新卒として再就職を考えている人は、「掲載型の転職サイト」や「転職エージェント」を利用するかと思います。 転職エー...
こちらの記事もおすすめ