おすすめ転職エージェントランキング!
新卒の悩み

定義が曖昧な「第二新卒」とは?いつまで有効?26歳の自分は?

新卒や入社して間もない若者が転職するときによく聞くのが「第二新卒」。

しかし、それっていつまで?第二新卒じゃないと何が違うの?と疑問を抱く人も多いでしょう。

ここでは、第二新卒について様々な疑問を解決してきます。

そもそも第二新卒とは?

第二新卒の定義

第二新卒とは、一般的に学校などを卒業したのち、一度就職をしたものの3年以内に転職を志す人のことを指します。

第二新卒に厳密な定義はなく、「新卒入社3年以内」「25歳まで」というのが範囲です。

「高卒」の第二新卒も同様で、学校卒業後に就職したものの、3年以内で転職活動をする人に当てはまります。つまり、高卒の場合は21〜22歳までが限度です。

どちらも既卒者やフリーターとの違いは、就職経験があるかというのがポイントになります。そのため、たとえ学校を卒業してから数えて3年以内だとしても、就職した経験がなければ第二新卒にはならないと思っておきましょう。

第二新卒はいつまで有効?何歳まで?

第二新卒の定義は企業や採用条件によっても異なるため、一概に「何歳まで」というものはありません。

とはいえ、26歳であれば第二新卒として当てはまるわけではないため、25歳までがボーダーラインと覚えておきましょう。

 

第二新卒の転職理由や動機

一度は就職した人が、第二新卒として再び就職活動する動機は様々ですが、一般的には以下のような理由が多いとされています。

  • 新卒採用での本命企業が不採用となり、第二新卒として転職を考えている
  • なんとなくや漠然とした理由で就職してしまい、働いているうちにやりたい仕事や就きたい業界が見つかった
  • 新卒で入社した会社が「ブラック企業」であった
  • 労働環境や人間環境に耐えられず転職を考えている
  • 将来的な不安や可能性を考えている

 

第二新卒を企業側が採用するのはなぜ?

通常、中途採用で転職者を採用するのは、単純な人手不足もありますが、「即戦力」として企業の穴埋めをする目的があります。

しかし、即戦力とはなり得ない「第二新卒」を採用するのはなぜでしょう。

それは、企業にとって第二新卒を採用することには、以下の2つのメリットがあるからなんです。

  • 就業経験があるため、社会人としての基礎ができている
  • キャリアを積んだ中途採用者に比べ、前職での影響が少なく育てやすい

「第二新卒」は早期退職をしている場合が多いとはいえ、前職で新入社員研修やビジネスマナーを学んでいるので、社会人としての基礎ができています。

そのため、新卒のように一から教える必要がないため、育てるコストが少なく済みます。

また、他の会社での経歴が短いということは、前職での文化や仕事方法の影響が少なく、新しく自分の会社で育てやすくなるメリットがあるのです。

 

第二新卒として転職するための注意点

企業が第二新卒に即戦力として求めることはありません。しかし、第二新卒としてのメリットがあるとはいえ、選考の倍率は高く、第二新卒者は忍耐力の足りなさなどの精神的未熟さを懸念されてます。

第二新卒の転職において、退職理由や転職の動機を聞かれることが多いのもそのためです。

つまり、第二新卒は新卒よりもビジネスマナーや社会人としての心構えがあり、成長の可能性やストレス耐性を見られていることを肝に命じておきましょう。

第二新卒として転職を成功させる方法は、『第二新卒が採用されるのはなぜ?企業側のメリットや中途採用との違い!』や『第二新卒の転職成功率を格段に上げる転職活動のやり方!』を参考にしてください。

 

また、「転職に踏み切れない」「どうするか悩んでいる」という方は、『自分を知るための転職活動マニュアル』を見れば心が落ち着くかも知れません。

こちらの記事もおすすめ