職種

アパレルはもう嫌!新卒でアパレルから転職するために知っておきたいこと!

更新日:

Pocket

アパレル業界での将来が不安になったり、「アパレルの仕事って思っていたよりつらい」「自分は向いていないんじゃないか」そう思うようになって転職したいと思ってはいませんか

アパレルから転職を考える人は多く、特に将来性を心配する新卒で入社した人や高校からアルバイトで働いてきたスタッフなど、給料や体力的な面からも続けていくのは困難と感じているようです。

将来を見据えた転職をするために、アパレルから転職うえで知っておきたいことや転職をする方法をご紹介します。「やめたいから辞める」ではなく、これを参考にするだけで将来的な転職ができるかもしれません。

 

アパレルを辞めたい・転職したい理由

アパレルからの転職、もしくはアパレルを辞めたいと考える人の多くは、どのような理由が多いのでしょうか。

  • 仕事量の割に給料が少ない
  • 正社員になれない、
  • ボーナス、退職金が出ない
  • ノルマがきつい
  • 将来性がなくて不安
  • 出勤時間が早い、退勤時間が遅い
  • 休みが少ない、連休がない、不定期
  • 休日出勤やノルマでプライベートがない
  • 体力的にきつい
  • 女ばかりの職場で人間関係が息苦しい
  • 接客に疲れた、人を騙して買わせることがある
  • ぶっちゃけ誰でもなれる

アパレルから転職を考える人は、その待遇への不満や将来性を心配して辞める人が多いようです。

確かにアパレル業界の平均賃金は低く、ノルマや残業など生活への負担が大きいことでも有名です。特に給料や待遇面は他業界から見ても圧倒的に悪く、続けることが困難である理由の一つでしょう。

人間関係においても、精神的に負担をかけてしまう人も多いようです。

アパレル業界で働く場合、個人競技のようなところがあるため、ノルマ達成のために客の奪い合いや協力しないといった場面があります。メンズファッションの職場ではあまりありませんが、レディースファッションであれば女性同士のいがみ合いや、仲間割れというのもあります。

アパレル販売員は常にお客さんと接しているため、「常に見られている」「話を合わせるのが疲れる」といった負担も大きいです。

 

アパレル業界の給料が少ない理由

アパレル業界のショップスタッフの給料が低いことには、それなりの理由があります。

まずアパレルスタッフなどは未経験での入社や資格なども特に必要ないため、正直誰でもなれてしまうということも起因しています。学歴等も関係なく誰でも始められてしまうため、企業側には高額な待遇をすることにリスクがあるのです。

さらに、人の出入りが激しいので簡単には正社員にすることはためらわれます。実力が買われれば、アパレル業界でも違う職種へのキャリアアップを見込めますが、そこまで続ける人も少ないのが現状です。

 

給料が低いことだけでなく、プライベートを確保できないことや人間関係に疲れるなど、「服が好き」という理由だけではアパレル業界を続けることは難しいです。「人に喜んでもらいたい」「上にのし上がりたい」など、やりがいや働く目的を見つけることができなければ続かない仕事です。

上記などの理由から、アパレルから転職する人は後を断ちません。

 

アパレルから転職できる業界&おすすめの業界

アパレルから転職を考える人は、次にやりたい仕事や転職先を決めている人もいるでしょう。しかし、中には「アパレルから転職できる仕事はあるのか」「どんな仕事が向いているの」といった、転職先に迷う人も少なくありません。

そこで、アパレル業界から転職しやすい業界や、おすすめの仕事をご紹介します。

営業

人と関わることが苦ではないなら、おすすめしたいのが「営業」の仕事です。

アパレルの仕事をしていた人であれば、人に勧めることや商品へ促すことの経験があるため、非常に馴染みのある仕事でしょう。また、接客をしていた経験は人と関わることに抵抗がなく、未経験からの採用が多いため、始めやすいのも転職しやすい理由の一つです。

はじめは「営業とか無理」「ノルマとかきつそう」と感じるかもしれませんが、アパレル販売員と違い、休日は土日でプライベートを充実させることができる上に給料も高いのが魅力です。正社員雇用がほとんどなので、将来性もあり、営業の経験はまた違う職種・業界へも転職しやすい特徴があります。

また、女性の営業はの人が関わりやすいこともありウケが良く、成果を出しやすいこともおすすめの理由です。

 

他業界の販売員

アパレル業界が嫌なだけで、「販売」の仕事自体は好きな方も多いでしょう。販売員という職種は商品やサービスを提供するどの業界にも存在し、アパレルでの経験を活かしやすいというメリットがあります。

なぜかアパレル意外の販売員、特に化粧品やバッグなどの販売では「正社員」での雇用が多く、将来性やプライベートを確保しやすい特徴があります。もちろん、アパレル販売員ほど簡単には採用されませんが、入り口としては間口も広く、転職しやすいでしょう。

気をつけなければならないのが、ある一定の常識や知識・品性といったことを問われるため、勉強や努力するジャンルが違うことを理解しておかなければなりません。

 

飲食&サービス業

接客スキルを活かせる職種といえば、やはりサービス業です。サービス業と言っても多種多様で、ホテル、飲食、IT、旅行、自治体など、様々な職種があります。

特にホテル・旅館、飲食業界は人手が足りておらず、未経験であっても引く手数多の状態です。単純に「服」以外がいいというのであれば、接客スキルを活かせる職種はたくさんあります。

もちろん、サービス業なので「プライベート」や「待遇」などを重視する人には、おすすめできません。しかし、個人で業務を仕事をこなすことが多いアパレルと違って、チームや多数の人と協力することの方が多くなります。ノルマなどもないため成績に追われることもなく、単純に「接客業が好き」という人にはおすすめできる転職方法です。

 

アパレルからの転職先として、接客業での経験や「コミュニケーション能力」を活かせる仕事が多いですね。多種多様な人と話せる力やコミュニケーション力は、どんな業界においても必要なことです。人の気持ちを汲み、どんな物がほしいか・売れるかという見極める力も大いに役に立ちます。

プライベートを重視したい人は、同じサービス業ではプライベートを確保することは難しいので、休みを保証された会社員として勤める方がいいでしょう。仕事の内容は「仕事」として割り切り、プライベートを充実させる道を選ぶのも選択の一つです。

とはいえ、未経験であろうとアパレルからであろうと、どんな業界・職種へはチャレンジすることはできます。特に第二新卒として転職する場合は、未経験でも異業種への転職はしやすいでしょう。若いことが強い武器になりますので、早めに決断することが大切です。

 

おすすめの転職サイト&転職エージェント

ハタラクティブ

「アルバイトでの職歴しかない」「派遣だから正社員は初めて」など、自分の経歴にコンプレックスがあってもしっかり「正社員」を目指せる転職エージェントです。

20代の若者をメインとした就職・転職をサポートする専門の支援サービスで、利用者は既卒・フリーター・第二新卒など「経歴コンプレックス」の人の利用者が大半を占めています。同じ悩みを抱える人が利用する転職サービスであるため、内情や状況をよく理解しています。

未経験採用の企業ばかりを扱っており、常に1,500以上の求人を提供しています。個別サポートはもちろんですが、「正社員」を目指すことに重視している転職エージェントでしょう。

 

マイナビジョブ20’s

あなたの立場が「第二新卒」や「20代」であるならば、転職するために利用しておきたい転職エージェントです。入社できるまでのサポートも手厚く、未経験や職歴にコンプレックスがあっても、あなたの転職をしっかりと手助けしてくれます。

20代専門の転職エージェントであるため、新卒や20代の転職状況をよく理解し、こちらの気持ちを組んでくれるため、とても心強い見方になってくれます。自分の適性や自己分析がわからなくても、一人一人の個別にアドバイザーがつき、独自の適性診断も行ってくれます。

はじめての転職や忙しくて転職が進められない人でも、個別サポートや代行サービスもあるので安心して相談することができるでしょう。

 

ファッショーネ

アパレルから転職する上で、「本当に異業種へいきたいのか」という疑問を抱く人もいるでしょう。単に在職しているお店が合わなかったり、イメージの違うブランドだったなど、企業やブランドを変えることで状況を改善できる人も少なくありません。

そこでおすすめなのが、アパレル業界専門の転職サイト「ファッショーネ」です。1000件以上の多種多様なブランド・企業の求人を扱っており、約92%が正社員案件という、アパレル業界内での転職には人気の転職支援サービスです。

情報収集だけのためにも利用することができ、面接対策や企業見学などのサポートをしてくれます。また、「パタンナー」や「MD」などの専門職への転職求人も扱っているため、アパレル業界でキャリアアップを考えたい人にも利用価値は高いでしょう。

 

「アルバイト」などは職務経歴書に書けるのか

アパレルの販売員から転職を考える人で、悩むことが多いのが「履歴書の職歴欄」や「職務経歴書」です。第二新卒として転職する場合や、書き方を知らない若い人たちはこれに苦労するかもしれません。

アパレルの仕事は正社員になれることが少ないので、アルバイトや派遣社員で終わってしまうことも多いでしょう。そのため、正社員での経験がないことや「職歴として書けるのか」といった悩みを抱える人が多いのです。

しかし、この「職歴」において見ているのは、「経歴でなく、どんな経験があり何ができるのか」ということです。職歴や職務経歴書といったタイトルがあるため、その経歴に意識が向いてしまうかもしれませんが、面接官が見るのはその内容です。

「アルバイトは職歴に書けるの?」といった疑問を多く見ますが、アルバイトであろうと派遣社員であろうと、仕事として行ってきた経験は必ず書いてください。特に「職務経歴書」については、具体的な仕事内容や活かせる経験などを見るため、雇用形態は重要ではないのです。

採用担当の目にとまる職務経歴書の書き方と3つのポイント!

 







おすすめ記事一覧

1

現在、新卒での転職をする人は全体の3割にもなります。世間一般では新卒での転職は厳しいものとされていますが、一度リタイヤしてしまった人や辞めたくてつらいという人を応援する風潮も高まっています。 そこで新 ...

2

新卒で入社して、まだ数ヶ月や1年で転職ってできるの?と考えている方は多いです。僕自身も新卒入社してわずか1年で転職をしました。新卒で、早いうちに転職をしておいて本当によかったと思っています。 新卒で転 ...

3

転職活動を行うときって、在職中にするか退職してからするかによって日程調整などのスケジュール管理が大変ですよね。ましてや企業によっては平日のみ、面接や説明会などがあるところもあります。 しかし、それらス ...

-職種

Copyright© 入社1年目の転職 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.