職種

Web広告業界で働くには?未経験で入社した私が教える転職成功の秘訣!

広告業界といえば、就職先や転職先としても人気のある業界の一つです。様々な仕事や企業とも関わりがあり、華やかでかっこいいイメージがありますよね。

中でも、インターネットやスマホが普及し、もはやなくてはならない業界となったのが「Web業界」です。インターネットの中で広告を見ない日はありませんし、誰しも必ず目にしていることでしょう。

広告業界といえば、今まではテレビや雑誌・新聞のようなマスメディアが主流でした。しかしインターネットが中心の現代では、Web広告こそ広告業界の主流メディアとなり、今後ますます期待される業界となります。

ここでは、「インターネット内で広告に関わる仕事に就きたい!」「Web広告業界で働きたい」という人に向けて、就職・転職する秘訣をご紹介します。

Web(インターネット)広告業界とは?

インターネット内の広告に関わる仕事をするのが、「Web広告」もしくは「ネット広告」業界と言えます。

Webサイトやブログ、SNSやアプリ内などに企業や商品の広告を出したり、そこに出す広告をデザインしたりなどその職種は多く、関わる仕事も多いのがこの業界です。

ただし仕事量も多く、覚えることや業界知識なども多いため、日々勉強が必要になります。難しい仕組みやシステムなども多いため、業界に入るのも難しいと思ってしまいますよね。

しかし、Web広告業界もいわゆる「IT業界」の一つであるため、未経験で就職・転職をされてくる人が多いのが特徴です。難しいと言われる業界である分、入ってから学べることが多いため、入社して一から覚えていくのが一般的です。

そのため、誰でも挑戦できる業界でもあるのです。

また、Web広告業界と言ってもその職種や働き方は様々です。「Web広告業界の仕事や職種」で詳しく解説しているので、まずはどんな職種があるのかを把握しておくのも、未経験で就職・転職するためには大切なことです。

学べる知識や経験

実際に、私はWeb広告代理店で働いていますが、そこにいるだけで新しい情報や知識、経験を学ぶことができます。

Web広告代理店とは、「企業の代わりにインターネット内に広告を配信・運用する」仕事を行う会社ですが、ウェブサイトや「LINE」「Twitter」「Facebook」「Instagram」などのSNSへの広告配信・運用方法をはじめ、どういった広告が売れるのか、どうすれば売れるのかなどのマーケティング、新しい業界情報や先進技術まで、実に多くのことを絶え間なく学ぶことができます。

未経験で入社した私は、常に新しい知識や経験を積みながら忙しい毎日を過ごしています。

IT業界は「忙しい」「残業が多い」というようなイメージを持つ方が多いとは思いますが、それは「IT業界」が常に情報が新しくなるからです。

インターネットは常に進化し、プログラムやシステムなど技術的な面も次々と新しいものに出会えるため、学べることに終わりがない業界と言えます。

正直これらの知識や経験はどこにいっても引く手数多ですし、個人的な事業や将来独立する上でも非常に役に立ちます。「知っている」だけでも世界観が違ってくるので、身を置くことだけでも非常に有益と言えるでしょう。

>> Web広告代理店に転職できる転職エージェント|WORKPORT

未経験でも就職するコツ!

「IT業界って難しそう」「何も知らないし技術もない」「未経験だけど就職できるのかな」といった不安や悩みは、未経験で就職・転職を考えている人なら誰しも持つものでしょう。

しかし、まずはじめに言っておこうと思いますが、

「IT業界のほとんどが未経験入社」です。

IT業界にも、「インターネット・Web」「情報処理サービス」「ソフトウェア」などの分野がありますが、そのいずれもが未経験から入社・スタートをしている人が大半です。

誰でも何かを始めるときは未経験ですし、常に情報が更新されるこの業界では、合わせて常に人が変動しています。いくら経験豊富な人がいても、昔の知識や技術はあまり役に立ちません。

むしろ未経験だからこそ、たくさんのことを詰め込めますし、他業界・他業種の知識や経験なんかも「×IT」として役に立つのです。

だからこそ未経験を逆手に取った前向きな姿勢と、常に何かを学び続ける意欲が大切なのです。

未経験でも就職するコツは、「どれだけ貪欲に学ぶ姿勢ややりたいという意欲を見せつけるか」だと私は感じています。

>> 未経験でもWeb広告代理店に転職できる|WORKPORT

広告代理店の現状

広告業界といえば、「広告代理店」が有名ですね。

先ほどの「Web広告業界の仕事や職種」記事でも紹介しているように、Web(インターネット)広告業界の職種というのは、ほぼ広告代理店にあります。広告代理店は企業の広告配信・デジタルマーケティングを担う会社のことなので、Web広告に関わる仕事が集約されています。

広告業界で働きたいというのは、つまるところ広告代理店でどんな職種に就きたいかということになるのです。

そしてこの広告代理店というのは、仕事量が多いことでも有名ですが、その分人手不足という会社が多いのが現状です。Web(インターネット)広告業界は今や注目とともに今後を左右する重要なものとなるため、参入する企業やお金をかけて力を入れる企業がほとんど。

とはいえ、広告代理店もそれほど多いわけではないため、広告主が増える一方で運用するプランナーなど人手が足りていないのです。

こうした中で広告代理店をはじめとした広告業界では、いかに人材を集め育てていくかに重点をおいて動いています。そのため、以前と比べて格段に間口は広がり、広告業界へは就職・転職しやすくなっているのです。

未経験でもエージェントを利用すれば入れる!

かく言う私も、業界経験ゼロの全くの未経験から「Web広告代理店」に転職しました。

そのとき「WORKPORT」というIT業界に強い転職エージェントサービスを利用したのですが、内定をもらった時は本当に嬉しかったです。

WORKPORT(ワークポート)という転職エージェントは当時知らなかったのですが、業界では割と有名で、扱っている求人も知ってる企業など有名どころも多く、実に様々な職種の求人を見ることができました。

広告業界の代名詞とも言える広告代理店は、現在ほとんどが大手であるため福利厚生も手厚く、格段に成長することができるメリットがあります。

転職サイトで探しても良いのですが、未経験であることは業界情勢やあらゆる知見に乏しいので、まずは転職エージェントで話を聞いてみるとよいですね。

とにかく求人の数も多く、たくさんの企業や職種も知れるので、Web広告業界やIT業界で働きたいなら利用しておいて損はないでしょう。もちろん、登録・利用はすべて無料です。

公式サイト:無料転職サービス【WORKPORT】はこちら

「WORKPORT」はIT業界に特化した転職エージェントなので、IT業界の情報や転職に精通し、IT業界へ転職しやすいという強みがあります。

IT業界へ就職・転職を決めているのであればよいですが、まだまだ他の業界とも決めかねているという人は、多種多様な業界へ転職が可能な転職エージェントへの登録をオススメします。

まだ新卒で入社歴が浅い人や、すでに辞めてしまった・未だ就職できていない第二新卒に強い転職エージェントもあるので、そちらから始めてみるのもよい方法ですね。

新卒1〜2年目の第二新卒におすすめの転職エージェントを教えよう!現在、新卒での転職をする人は全体の3割にもなります。世間一般では新卒での転職は厳しいものとされていますが、一度リタイヤしてしまった人や辞...

 

勉強したり取っておいた方が良い資格は?

Web広告業界で働くために「資格」は必要?という疑問を持つ方が多いですが、もちろんなんらかの資格を持っていると採用するポイントとなることはあります。

例えば、解析ツールを使える「Web解析士」や、ExcelやPowerPoint系を習得している資格など実戦で使えそうな資格であれば評価されるポイントとなります。特にExcel・PowerPoint系の習得資格は、広告代理店において割と利用価値が高いです。

Web広告代理店といっても、データ集計や資料作成が多くあるため、何もない未経験者よりは即戦力として評価されるでしょう。

逆に「ITパスポート」などの誰でも取得できてあまり使い道のない資格は、勉強しているだけ時間がもったいないと言えます。そこに時間を割くのであれば、資格でなくとも、経験や体験が大いに役立ちます。

というのも、かく言う私も個人でアフィリエイトをやっていて、そこが評価されてアフィリエイト部門へと配属されました。実際、ブログでアクセス数がすごいとか、TwitterやInstagramでフォロワー数が何万人いるとか、そういったことの方が評価されやすいです。

いわば、インターネット広告のことを肌で理解し、他の人にはない知見があるということです。

就職・転職において「資格」は意味がないと言う人も多いですが、持っている資格や経験に差が出るため、一概に意味がないということでもありません。

また、資格取得に向けて勉強している・持っているというのは、意欲があり、努力家であるという点でも評価されるからです。資格というよりは知見や経験などがあるといいですね。