転職成功への道

第二新卒の女性が転職で成功するために覚えておきたい3つの秘訣!

女性は男性よりも仕事や職場にはシビアです。人間関係がうまくいかず、給与も低くて将来が不安。転職したいけど新卒だし自分の求めるものもわからないなど、悩む女性は多いものです。

特に新卒で入社して3年以内、第二新卒で転職するタイミングは女性が自分を見つめ直す時期でもあります。

20代の女性が抱えている悩みはたくさんありますが、それらを一つでも解決するためには、今を変える勇気を持つことが必要です。

「今の現状に満足していますか?」

このページでは、転職に悩む女性が新卒でも転職を成功させる秘訣をご紹介します。第二新卒は可能性が大きい時期でもありますので、人生を変えるきっかけになることを祈っています。

関連記事:女性らしい仕事がしたくて!新卒入社1ヶ月でOLへ転職した体験談

実は多い!第二新卒で転職する女性とは?

男女別に見る新卒の転職率」から見てもわかるように、新卒で転職する割合は実は女性の方が多いことがわかっています。

女性は結婚・出産などを考えるとバリバリ働ける年齢は、男性よりも若くて短いという人が多いです。そのため将来設計なども、男性よりも女性の方がシビアに考えているため、少しでも早く満足のいく職場を求める傾向にあります。

20代前半の女性はどんな人が転職してるの?

以下のグラフは、大手転職サイト「doda」が新卒から3年以内に、転職エージェントを利用して転職した女性のデータを集計したものです。

グラフを見ると、転職する前にしていた仕事の多くは、営業や販売などの対人業務が多いですね。さらに意外にも、人気職の事務やアシスタントも転職している割合が高いです。

就業状況を見ると、転職した人の7割が働きながら転職活動をしており、3割の人が離職してから転職活動を行っていたようですね。

今の給料が少なすぎる!将来が不安。

グラフからもわかるように、やはり職場環境や給与体系に不満やストレスが多く、新卒とはいえ時年収も300万円に満たない女性が3割以上いるようです。

たしかに賃金的には男性よりも女性の方が低いですが、女性の社会進出は今後もますます発展していきますし、企業によっても大きく違います。

あなたが「やっぱりこんなものか」と思っている以上に、女性も男性と同等以上に給料をもらっている会社はごまんとあります。

一度転職サイトや経験談を見てみるとわかりますが、視野を広げることで変わる未来があることを知っておいてください。今の会社で給料が手取り15万円以下の場合は、今後も上がる可能性は低く、将来的に安定は難しいでしょう。

劣悪な労働環境?人間関係は会社で決まる

また、女性の転職理由で多いのが、職場の労働環境や人間関係の悩みです。

詳しい情報は『男女別に見る新卒の転職率と退職理由』で書いていますが、女性は男性よりも協調性や関係性を大切にしますよね。

それゆえに抱えるストレスもたくさんあり、精神的に病んでしまったり、毎日どこかで涙を流していることもあるでしょう。

ですが、労働環境しかり人間環境はそう簡単によくなるものではありません。

人間関係が苦手だと思っていた人が、職場を変えるだけで改善されたという話はよくあります。それはつまり、自分の問題だけでなく、環境でも決まってきてしまうからです。

女性が求めるものは働きやすさと安定性

もちろん、男性にも負けないように職場を選ぶのもよいですが、女性としては働きやすさと安定性を求める方が女性として幸せになれることが多いです。

女性は男性と違って、将来的に結婚や出産などを考えることになります。

そのため、女性の活動をサポートしてくれる制度が充実している会社や、将来的にも安定した会社を選ぶことが女性らしく幸せでいられるかもしれませんね。

女性でも第二新卒は今と未来を変えるチャンス!

「転職って怖い」「新卒でも転職できるか心配」となる女性も多いのは確かです。なかなか踏み込めなくて悩んでいるのですから、簡単に転職できたら悩んではいませんよね。

しかし、第二新卒は転職するにはチャンスなのです。

第二新卒とは、「新卒から社会人3年以内」もしくは「25際以下」を指しますが、この第二新卒の転職市場は年々高くなっていて、引く手数多の存在になっています。

というのも、第二新卒は一度社会に出ており基礎があるため、新卒のよう採用コストがかかりません。第二新卒が採用される理由でも詳しく解説していますが、早期退職の場合は前職に染まっていないため、育てやすいというメリットがあるのです。

ただ、年齢が増すごとに求められるものが代わり、キャリアや特別なスキルがない限り、転職も難しくなります。

新卒で転職することはリスクに感じるかもしれませんが、それでも勇気を出して一歩を踏み出すことが、あなたの今と未来を変えてくれます。

第二新卒の女性が転職を成功させる3つの秘訣

男性と争うような職場は避けた方がよい

女性が転職する場合に、どうしても年収や給料の高さで選ぶ人がいます。

しかし、業界や企業での年収の高さは、悔しいことに男性がほとんどを占めています。あえて戦って勝ち取ることもできますが、強者達と戦うためわざわざライバルの多いところに行かなければなりません。

その分業務も大変で、女性に対する配慮や制度も欠けるところも多いので、身も心も不安定になりやすいです。

男性ライバルも多いため、倍率も高くなり、転職するうえでもハードルが高くなりがちです。そういった職場を見つけるには、内部情報を知っているサービスを利用するようにしましょう。

男性よりも大人な感性を持つ女性をアピールする

昔から、「女性の精神年齢は男性よりも3歳上」という説がありましたね。学生時代を振り返ってみると、男性に対して「男はこどもだな」と感じたことはありませんか。

男はいつまでも少年の心を持つと言われているように、男性はどうしても夢見がちで、いろいろなことに固執しがちになってしまいます。

しかし、女性は周りを見る感性や視野が広く、現実性が強いです。

第二新卒を採用するうえで、採用側が重視するのは「若さ」と「定着性」です。現実主義の女性は将来を見据えて長く働いてくれる傾向が強いため、男性に比べて定着性のあるイメージが湧きやすく、安心感を持ちやすいのです。

そのため、大人な考えを持つ女性は、第二新卒としての若さと安定して働くイメージをアピールすることで、転職成功率がグンと上がります。

自分をよく知り、転職する目的とはっきりさせる

第二新卒の転職において最も大切なのは、「自己分析」と「目的をしっかり持つこと」です。

自分が何を求め、どんな人生を歩みたいのかをはっきりさせなければ、新しい職場でも同じように悩んだり、面接で多角的に聞かれた質問に答えることができません。

目的を持つということは、あなたの中に「ブレない軸」を持つということです。

自分の中にしかない"軸"を持つことで、人生に行き詰まったときや想定外の質問をされたときでもブレることなく振る舞えるはずです。

そのためにも、自分が何が好きで何が嫌か、どんなことが得意で苦手なのかをしっかり自己分析しておく必要があるのです。

しかし、一人で悩んで解決できないこともあるでしょう。客観的な判断も必要になるので、周りの人や転職のプロに相談することも大切です。

まとめ!女性の転職は第二新卒のときにしておく方がよい!

新卒としてレールから外れることに不安はあるでしょう。

でもそれ以上に、今の仕事や会社に不安やリスクがあるのではないでしょうか。

第二新卒であれば社会のニーズも高く、何度か失敗したとしてもすぐにやり直すことができます。フットワークも軽くて動ける今だからこそ、手に入れられるものもあります。

女性だからこそ、将来の結婚や出産に備えて安定した働き方ができる職場が必要です。毎日の不安や葛藤に決別するためにも、第二新卒という武器が使える今のうちに挑戦してみてください。

新卒で転職を考える女性におすすめの転職サイトとは?「今の仕事や人間関係がつらい」「職場の雰囲気が合わない」「将来が不安」といった悩みを抱える女性はたくさんいます。 そんな中で、「新...
こちらの記事もおすすめ