新卒の転職事情

学生からの就活と第二新卒として転職することの違い

更新日:

Pocket

第二新卒として転職や再就職をする場合、職歴が短いことやないことで、学生時代の就活と何が違うのか疑問に思う方もいると思います。しかし、就職活動と転職活動には大きな違いがあります。

学生時の就活と同じ気分でいると失敗する可能性が高まりますので、就活と転職の違いをしっかりと理解しておきましょう。違いとともに、第二新卒の転職として役立つ知識もご紹介します。

 

新卒採用と中途採用の違い

学生が行う就職活動は、「新卒」枠での新卒採用になります。新卒採用は、年に一度の一括採用で数十人〜数百人の規模でまとめて採用が行われます。会社側としても新しく人を受け入れる体制を整えており、ビジネスマナーから業務の基礎まで一から育てようという姿勢で採用が行われます。

一方、転職者を採用する中途採用は、募集が不定期であり、必要な枠に欠員が出た時や人手不足のときに行うことが多いです。採用人数は会社によって違いますが、数人〜数十人の規模で不定期に採用されます。

中途採用では「即戦力」を求めている場合が多いので、第二新卒といえど、ビジネスマナーや社会人としての基礎ができていることを前提としています。新人の研修でも短期になる場合もあるでしょう。また、内定が出たらすぐにでも動けることが望ましいとされます。

第二新卒の場合はどちらの間口でも応募することはできますが、学生のときの就職活動と違うことを頭に入れておかないと、転職活動で大きく失敗する可能性があります。

 

就活と転職の大きな違い

学生時の就職活動と第二新卒の転職活動の違いは、見る視点が違います。

新卒採用ではその人の社会人としての「ポテンシャル」を考えて採用されますが、転職活動ではポテンシャルと同時に「前職で成したこと=収益性」「今後の定着性」が重視されます。

反対に、学生は収益を上げるために活動しているわけではありませんから、面接時には「こんなことを頑張ってきました」「こんな人格です」というような可能性を推し量って採用するのが、新卒の就職活動です。

 

35歳で行う転職と第二新卒の転職の違い

一方で、転職活動は、35歳くらいの人であればわかりやすく、実際に会社の利益にどう貢献したかを聞かれます。

「今までの仕事で何を担当していたか」「どのくらいの期間でいくらの収益を出したか」「今後当社に入社したら、どのくらいの収益性をもたらすのか」と聞かれるわけです。面接というより商談に近いですね。

一方で第二新卒という20代の転職は、就活と35歳の転職の中間になります。「どんな人間であるのか」ということと、「どんな成果が出せるか」のどちらも半分ずつ問われることになります。

 

第二新卒の転職で重要な「定着性」とは

定着性というのは、「今の会社を退職して、新たな会社に移りたいという理由」で判断されます。ほとんどの会社の場合、再度転職をされてしまっては困るからです。

「今の会社を辞めたい」「御社では頑張りたい」とただ言われても、面接官としては「なぜ、今の仕事を辞めるのか」のネガティブな面の理由が明確にならないと、不安で採用ができません。

なので、こういった不安を払拭するために、次のような答え方を面接ですると良いでしょう。

将来的な仕事内容の発展がないことが転職の動機です。私は不動産の仲介業として、個人向け物件の仲介を行っておりました。今後は、法人向け物件の仲介や売買業務に携わりたいのですが、現職ではその部門がなく、今後つくる方針もありませんので頑張ってもやりたい仕事にレベルアップすることができず、今後何十年も同じことの繰り返しです。

そのため、御社の法人向け仲介部門を志望します。初めは自分の強みを生かした個人向けの部門でも、実績次第で将来的に希望の仕事に携われる可能性があれば構いません。

つまり、「現職では頑張っても手に入らないもの、御社にはそれがあるから志望します」というメッセージが伝われば良いのです。

このように伝えることができれば、採用側も定着性も問題なしと判断してもらえるでしょう。

 

就活と転職の違いを理解した上での今後の進め方

学生の就活ではどうしても視野が狭くなりがちで、自分のことしか見えていないことが多いです。新卒採用の面接でも、「私はこんな社会人になりたいです!」「御社で成長したいです」といった、「自己都合」になってしまいます。

社会人を経験したあなたなら、その意味がわかりますよね。面接時に「働く意思」や「やる気」を見せることは大切ですが、就活生と同じ発言をすると採用が難しくなります。

ポイントは、「雇われたい側の目線ではなく、雇う側の企業の目線で考えること。転職するにあたって、企業側にどのようなメリットがあるのかを考え、企業に対する売り込み方も変えていくこと。」です。

 

その他「就活」とは違う「転職活動」の注意点

  • 情報収集や求人探しは自分で積極的に動く
  • 社会人としてのマナーや基礎は身につけておく
  • 転職先に自分がどう貢献できるか考えておく
  • 在職中は転職活動が難しい

特に、学生時の就職活動とは違って、転職活動に時間をフルに使えるとは限りません。すでに退職している場合は可能ですが、在職している場合はスケジュール調整などが難しくなります。そのため、転職活動のために会社の休みを取ったり、業務に支障が出ることもあります。

精神的にも体力的にも、疲れやストレスになるため、日程調整や企業とのやり取りなどを代行してくれる転職エージェントなどを利用するとよいでしょう。

 

⇒日程調整などを代行してくれるマイナビジョブ20's

⇒スケジュール代行で徹底サポート【ハタラクティブ】







おすすめ記事一覧

1

現在、新卒での転職をする人は全体の3割にもなります。世間一般では新卒での転職は厳しいものとされていますが、一度リタイヤしてしまった人や辞めたくてつらいという人を応援する風潮も高まっています。 そこで新 ...

2

新卒で入社して、まだ数ヶ月や1年で転職ってできるの?と考えている方は多いです。僕自身も新卒入社してわずか1年で転職をしました。新卒で、早いうちに転職をしておいて本当によかったと思っています。 新卒で転 ...

3

転職活動を行うときって、在職中にするか退職してからするかによって日程調整などのスケジュール管理が大変ですよね。ましてや企業によっては平日のみ、面接や説明会などがあるところもあります。 しかし、それらス ...

-新卒の転職事情

Copyright© 入社1年目の転職 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.