面接のポイント

第二新卒の面接で聞かれることは?僕が実際に受けた質問と活用術!

投稿日:2017年8月18日 更新日:

Pocket

新卒で早期退職し転職する際に、一番問題となるのが面接です。とくに第二新卒として転職する場合は、スキルや経験といったものがあまりないので面接が勝負所になります。

新卒の転職では、どんなことを聞かれるのか。実際に僕が新卒で転職する際に面接で聞かれた質問や、面接官としての立場から面接で聞くポイントをご紹介します。

 

面接ではどんなことを聞かれるの?質問は?

早期退職をして新卒の転職をする場合、面接では転職理由や前職でのことを重点的に聞かれることが多いです。第二新卒として、実際に僕が面接で聞かれたことは以下のことでした。

実際にされた質問

  • なぜ1年(以内)という短い期間で退職をしたのか
  • なぜ1年(以内)という短い期間で転職を決意したのか
  • リスクがあることは承知しているのか
  • なぜ我が社を選んだのか
  • (未経験であるなら)なぜこの業界を選んだのか
  • 前職を続けることで達成できたことはないのか
  • (やりたいことや目的があるなら)前職では叶えることはできないのか
  • 将来どんな○○(受けた会社の職種)になりたいか
  • 落ちたらどうするのか

など、当然のごとくネボリハボリ突っ込まれました。汗

新卒で職歴が短い人の場合は、その不安材料をどう乗り越えるか、どうプラスの印象を残して面接に臨むかが勝負になります。第二新卒の転職ならば当然のことですが、どこから突っ込まれても良いように準備しておく必要があります。

自分で面接官になったつもりで自分に問いかけたり、思いつく限りの質問を想定しておきましょう。

 

面接を乗り切る答え方のポイント

面接では退職理由など、その人の背景や今後のあり方などを見ています。

答えるときのポイントとしては、「これからどう頑張っていくか」「転職に踏み出した動機」など、「未来」にフォーカスして答えることです。

後ろ向きな態度や答えでは、面接側はまたすぐに辞めてしまうという不安を覚えます。一度リタイヤしてしまったがもう一度やり直したい、どうしても成したいことや目標があるのなら、その思いを伝えましょう。

例え、スキルや能力がなくとも、そのやる気や熱意を伝えることができれば面接官に響きます。

面接でやる気や働く意欲を見せることができれば、早期退職のマイナスのイメージを払拭できる可能性も上がるでしょう。また、自分がいかに会社に貢献できるかもポイントになります。

>> 久しぶりの面接はどうする?ブランクがあったときの面接必勝術!

 

面接は自分を分析する手段でもある!

僕が受けた会社では、3次面接までありました。

当時、最終面接で僕を面接した人はその会社を立ち上げ時からいる古株の人で、人を見る目や説得力のようなものがハンパなかったのを覚えています。特に強面などということではなく、優しい印象で落ち着きのある人だったのですが、聞いてくる質問や返答が的確でした。

どこから質問されても答えられるように準備はしていたつもりでしたが、その人は僕の全てを見抜き、何もかも見透かされてしまいました。

というのも、転職した理由はやりたいことをやるためでしたが、その背景には前職が向いていないことや、会社から逃げ出した気持ちが少しでもあったことに気付かされたからです。

面接で今まで気づかなかった自分の気持ちや、見えない自分を浮き彫りにされることはよくあることです。そういう意味では、面接は自分を分析する良い手段にもなります。

 

自分を受け入れる心をきちんと持つ

第二新卒の転職で大切なことは、弱い自分や欠点をしっかりと受け止めることです。自分のダメだったところや弱いところをきちんと理解してこそ、次のステップに進むことができます。

自分を責める気持ちは悪いことではありません。

ダメなのは、指摘されたことやあぶり出された自分の欠点を受け入れず、そのままにしていることです。自分の弱みや欠点を踏まえた上でこれからをどうするか、どうすればいいのかを明確にしておくことが面接を突破するカギとなります。

 

聞かれることを想定し弱みを強みに変える!

入社して間もない新卒の転職では、面接で聞かれることや質問には偏りがあります。

普通の人のキャリアアップ転職であれば、前職での仕事ぶりや会社に貢献できるスキル・人柄などを面接では評価します。そのため、主に強みを重視していることが多いです。

一方、第二新卒の転職となれば、正直マイナスな理由で転職を決意された方の方が多い印象です。そのため、その弱みを自分で把握しどう受け止めているか、逆にどういった強みを持っていて今後に役立てていけるかを重視しています。

いわば、可能性にかけているわけです。

私は面接で自分の欠点や本当の気持ちを浮き彫りにされましたが、「だからこそ」というような覚悟とやる気を必死にアピールしました。おかげで、新卒入社1年の第二新卒として転職することができました。

>> 当時の僕の転職体験談はこちら

第二新卒の面接で聞かれることは、だいたいは想像できるはずです。大切なのはその質問を自問自答し、本当の自分の気持ちを浮き彫りにしておくことです。そしてそれをきちんと把握しておくこと。

新卒の転職を成功させるための面接で心がけておくべきこととは別に、質問に対する「自分の本当の気持ち」を本番の面接に向けてしっかりと胸に刻んでおきましょう。

 

第二新卒の面接が不安な人は

第二新卒の面接で聞かれることは、その道のプロが一番よく知っています。

僕もお世話になったこともある『転職エージェント』です。転職サイトとは違い、実際に担当者が転職の方法や市場情報に加えて求人を紹介し、書類の添削や面接対策で転職までをサポートしてくれます。

もちろんサービスは全て無料なので、新卒の転職や面接が不安な人はぜひ活用しておくことをお清めします。以下は第二新卒専門で、はじめての転職をしっかりサポートしてくれる転職エージェントです。

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20's

大手「マイナビ」が運営する、第二新卒などの20代を専門とする転職エージェント。他の転職エージェントにはない有名大手企業や、登録者だけが見れる非公開の求人も多く揃えています。エントリーや日程調整などの企業とのやり取りも全て代行してくれるため、在職中の転職活動が難しかった人でもスムーズに行うことができます。

もちろん、20代の転職市場を熟知したアドバイザーが一人一人に専任で付き、はじめての転職を一からフルサポートしてくれます。就活でもお世話になった人も多い大手マイナビの安心感と情報網は、ぜひとも利用しておきたいところです。

いい就職.com

全国14万人が利用する国内最大級の第二新卒転職サイトで、「いい会社を探すより、自分に合ったいい就職」を心情にしている転職エージェントです。

最大の特徴は取り扱う求人企業で、高離職率の企業や働きづらい環境のブラック企業を徹底的に排除し、働きやすい企業に絞っています。

扱っている企業や求人数は少ないですが、専門のスタッフが実際に足を運んで調べた働きやすい企業だけを厳選してるため、転職のしやすさやに不安がある人におすすめです。

ハタラクティブ

ハタラクティブ

フリーター・既卒・第二新卒の20代を対象に、「社会人経験のない人でも正社員を目指せる」就職支援を行っているエージェントです。

「早期退職の経歴が心配」「次こそは本気で働きたい」など、一度リタイヤしてしまった人や未経験の業界に挑戦したい人など向けに常に1000以上の求人を扱っています。

ただ、サービスや企業が関東圏、名古屋、大阪、福岡のみなので利用できる人には限りがあります。ですが、現在フリーターやすでに退職してしまった人には利用しておきたいおすすめの転職エージェントです。







おすすめ記事一覧

1

現在、新卒での転職をする人は全体の3割にもなります。世間一般では新卒での転職は厳しいものとされていますが、一度リタイヤしてしまった人や辞めたくてつらいという人を応援する風潮も高まっています。 そこで新 ...

2

新卒で入社して、まだ数ヶ月や1年で転職ってできるの?と考えている方は多いです。 僕自身も新卒入社してわずか1年で転職をしました。新卒で、早いうちに転職をしておいて本当によかったと思っています。 新卒で ...

3

転職活動を行うときって、在職中にするか退職してからするかによって日程調整などのスケジュール管理が大変ですよね。ましてや企業によっては平日のみ、面接や説明会などがあるところもあります。 しかし、それらス ...

-面接のポイント

Copyright© 入社1年目の転職 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.