履歴書・職務経歴書

新卒が1ヶ月未満の職歴でも履歴書に書いた方がいい3つの理由とは?

新卒で入った会社を1ヶ月未満で辞めてしまった際に、再就職で悩むのが「履歴書」「職務経歴書」ですよね。

あなたが新卒で転職を考えている場合、

  • 1ヶ月未満の職歴は書いた方がいいのか
  • 書かなくてもいいとも言われるが、実際どうなのか

というように、履歴書の職歴欄で悩んではいませんか?

私も新卒1年目で転職し、採用担当などの経験から言うと、たとえ1ヶ月でも職歴や経験したことは履歴書・職務経歴書には書いた方がいいというのが結論です。

実際には書かなくても大丈夫なことが多いですが、書いた方がよい3つの理由があるためです。

このページでは、そんな1ヶ月未満という短い職歴でも、事実をきちんと書くことのメリットを解説していきます。すでに辞めてしまっている人も、これから退職に迷っている人も、短い職歴に悩む必要はありませんよ。

関連記事:入社1ヶ月で辞めた新卒の転職を成功させるためにやるべきこと

まずはじめに|転職における履歴書と職務経歴書の重要性

そもそも、転職において「履歴書」と「職務経歴書」がどれほど大切かを先にお話ししていきますね。

新卒入社して就業経験が1〜3年未満は「第二新卒」と呼ばれ、どれだけ短くても社会人として会社で働き、身を持って社会を経験した人間として扱われます。

就業経験のない学生から社会人になるための「就活」とは異なり、職務経歴書という仕事の経歴も求められるのが一般的です。

新卒が採用されやすい職務経歴書の書き方についてはここでは割愛しますが、職歴の短い第二新卒でも、経歴を知る職務経歴書と就活とは異なる視点で履歴書が必要になるでしょう。

特に履歴書は、就活時と同じような書き方をしては絶対に落とされるので注意してください。

履歴書とは、転職先したい企業とのファーストコンタクトです。

採用する企業側の第一印象を決める大切な書類で、仮に書類審査で落ちてしまえば、「人柄」や「ポテンシャル」で見る第二新卒の転職においては、それすらアピールできなくなッッてしまいます。

まずは面接に進むことが転職成功における第一歩なので、履歴書で落とされることがあっては、受かったかもしれない企業を棒にふることになるかもしれないのです。

参考:第二新卒の転職で落とされる履歴書と落ちない書き方の5つのルール!

実際は「雇用保険」に入っていなければバレない!

さて、1ヶ月未満の職歴についてですが、実際のところ「雇用保険」などの社会保険にはいっていなければ、ほとんどバレることはありません。

通常、社会保険などの手続きでは1ヶ月〜長くて2ヶ月程度かかるため、手続きの途中で辞めてしまえば履歴として残ることはありません。

たとえ1ヶ月未満の職歴を書かないでおいても、大丈夫という場合がほとんど。ただ、絶対バレないという保証はないので、書く書かないは本人次第です。

しかし、第二新卒の転職の場合は1ヶ月未満でも履歴書には書いた方がいい理由があります。

それを次の章でご紹介します。

1ヶ月未満という職歴でも履歴書に書くべき3つの理由!

履歴書や職務経歴書が大事な書類であるならば、「なおさら職歴の短いことはマイナスになるのでは?」と考えてしまうでしょう。

あえてすぐに辞めてしまった会社のことは書かずに、新卒として転職に臨んだ方がよいだろうと考える人が多いです。

ですが、たとえ1ヶ月未満という短い職歴であっても、履歴書や職務経歴書には書いた方がよい理由が3つあります。

少なくとも社会人を経験した経歴が残る

そもそも企業が「第二新卒」を採用するのは、新卒や若者の人手不足を補う目的もありますが、社会人経験があるため育成コストを削減できるというメリットがあるためです。

企業にとって、人材を育てるということはたくさんの育成コストがかかります。中でも「新卒」は研修やイベント、人件費などで一番お金がかかります。

しかし、第二新卒は短くとも社会人経験があり、他社での研修やビジネスマナーを習得しているため、新卒のように1から育てるよりもコストが大幅に安いです。

そのため、たとえ1ヶ月でも職歴がある方が企業側としても育てやすく、身を持って社会を経験しているため「今度は頑張ろう」という姿勢の若者に期待が持てるのです。

どこの会社であれ採用されたという評価になる

短すぎる職歴は、かえってマイナスになると思いあえて書かないようにしていませんか。

しかしそれは、「就職できなかったのか」「どこにも評価されない人材なのか?」と返ってマイナスになることがあります。

どんな会社であれ採用されたという経歴は、その人が社会的に期待されていた証となり、第三者の視点から価値を見出すことができるのです。

逆に職歴が履歴書に記載されていなければ、どこにも採用されなかったということになり、「どこからも採用されないのは何かあるのか?」といった不信感を抱きやすくなります。

空白期間に「何をしていた?」という疑問を持たれない

たとえ1ヶ月未満でも履歴書に職歴を記載していれば、きちんと大学を卒業し、会社というものに採用され働いていたという証明ができます。

しかし、何も書かれていなければそれは空白期間となり、「今まで何をしていたの?」「働く気がないのでは」といったマイナスイメージにつながります。

確かに短い職歴や、すぐに辞めてしまった事実を伝えることは怖いかもしれませんが、空白期間をうまく説明できる自信がない場合は、短くとも履歴書に書く方がいいでしょう。

仮に、空白期間が長くなってニートが続くようであれば、下記を参考にしてください。

参考:新卒で会社を辞めたニートからの転職活動を成功させる秘訣とは?

たとえ1ヶ月未満でも履歴書に書かなければ経歴詐欺になる?

プラス・マイナスイメージの以前に、履歴書は正式に企業に雇用されるための書類なので、正直に書かなければ「経歴詐欺」となります。

身分を偽って会社に入ったという事実は、企業側は法的な手段を取ることもできます。さすがに法的手段まで取る企業も少ないですが、解雇」「内定取消といったことになる「可能性は非常に高いです。

バレるバレないというよりも、嘘偽りで会社に所属し、いつかバレるのではないかという心配を抱えながら働けるでしょうか。

正直バレる可能性はかなり低いですが、上記で説明した「1ヶ月未満でも職歴は履歴書に書くべき3つの理由」があるように、書いていた方がメリットになることの方が多いです。

どうしても書きたくない場合は?

たとえ1ヶ月未満の職歴でも履歴書に書くメリットはわかっても、「やっぱりどうしても書きたくない」「書いた方が突っ込まれたときに苦しくなる」「履歴書がきれいになる」といった方もいるでしょう。

そういった場合は、きちんと期間中の説明ができるように準備しておきましょう。

新卒入社であれば「まだ就職したことがない」となり、転職した会社を1ヶ月未満で辞めたのであれば「空白期間」となります。

後者の場合は「転職活動をしていた」で流せますが、新卒の場合は「何をしていた」となってしまいます。今どき珍しくもないかもしれませんが、それを言ってしまえば1ヶ月未満で辞めるのも同じことです。

大切なのは、必ずポジティブな理由を話すこと

例えば、ベタですが留学していたとか、いろんなアルバイトで視野を広げていたとか、親の仕事を手伝っていた、など。

間違っても「なかなか採用されなくて…」といった、マイナスなことを言ってはいけません。それだけで採用担当には、落とす要素を与えてしまいます。

ただし、その理由に対して聞かれても答えられる内容にしておきましょう。

履歴書や職務経歴書の書き方に悩んだら?

履歴書と職務経歴書の書き方については以下でも解説もしていますが、実際には不安な人もいるでしょう。

履歴書にどう書こうか悩んでいたり、第二新卒の転職について相談をしたいときには、20代専門の転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

第二新卒・20代の転職市場を熟知したプロのアドバイザーが、履歴書・職務経歴書の書き方やコツだけでなく、面接対策や自分に合った求人探しなども無料でサポートしてくれます。

特に第二新卒の転職におすすめなのは、

この2つの転職エージェントは、担当者も親身になって相談に乗ってくれるので、転職に悩んでいいる新卒の方はぜひ一度相談してみた方がいいでしょう。

現在、新卒でも転職に悩み、何をしてても考えて前に進めないときに、その不安をフッと解決してくれるはずです。

まずは、一人で決断できないときや悩んでいるときは、転職のプロに相談してみるのも手ですよ。

1ヶ月という短い職歴でも転職できる企業が見つかるのが、第二新卒の転職なのですから。

>> 新卒1〜2年目の第二新卒におすすめの転職エージェントを教えよう!

〜入社一年目の転職講座〜
こちらの記事もおすすめ
履歴書・職務経歴書

第二新卒の転職で落とされる履歴書と落ちない書き方の5つのルール!

2017年8月31日
入社1年目の転職
新卒で転職するうえで難しいのが「履歴書」と「職務経歴書」ですね。新卒の転職で重要な面接に達するためには、この書類選考を通らなくてはなりません …
履歴書・職務経歴書

【第二新卒必見】採用担当の目にとまる職務経歴書の書き方と3つのポイント!

2017年9月2日
入社1年目の転職
第二新卒の転職を成功させるためには、「履歴書」と「職務経歴書」を突破していかに面接に進めるかが鍵になります。 特に職歴の短い第二新卒は …