新卒の転職事情

第二新卒の転職事情ってどうなの?転職市場での価値はあるのか!

更新日:

Pocket

「第二新卒って実際どうなの?」

新卒の人が転職する場合は「第二新卒」として扱われますが、第二新卒の転職事情はどうなのでしょうか。転職市場での価値は、どれほどあるのだろうか。ここでは、第二新卒の価値や転職事情とその背景を解説していきます。

 

そもそも第二新卒とは?

「第二新卒」という言葉は実は定義があいまいで、企業の人事担当者によって捉え方が違います。

一般的には、「25歳以下」もしくは「社会人3年以内」など新卒で入社して3年以内の人を指します。1〜2年半ほどで転職しようかなと動き始める、第二の新卒者たちを言います。

この第二新卒の転職市場は年々人気があり、2017年現在でも引く手あまたの存在です。第二新卒の転職市場が最も活発であり、辞める人が多い分、人手不足な企業も多いのです。そのため転職市場での価値も高く、積極的に取り入れようという企業も年々増えている現状です。

 

第二新卒の転職市場が人気の理由

社会人としての基礎ができている

たとえ1年でも会社で働いていた経験があれば、「報・連・相ができる」「ビジネスマナーを身につけている」「嫌な仕事でもきちんと取り組む」といった、社会人としての最低限のあり方が身についているとみなされる場合が多いです。

新卒で入社した社会人は、入社後は新人研修やビジネスマナーなどを学ぶことが多いです。また、社会に身を置くことで学生との違いを知り、社会人としての人格を形成し始めます。例え入社1年目でも社会人というものを身をもって知り、基礎が身についているので、仕事内容から教えやすいのです。

ただでさえ、学生から新人を育てるのには膨大なコストと時間がかかります。しかし、根本的なことが身についていればその分企業のコストは減りますし、育てやすくなるというメリットが企業側にはあるのです。

 

別会社の色に染まりすぎていない

そして、第二新卒が転職市場で人気の理由は、3年以内であれば以前の会社に染まりきっておらず、次の会社の色に「染め直す」余地があるからです。

同じ会社で働くうちに、人は誰しもその企業の文化や仕事のやり方に染まってしまいます。長く勤めて染まりすぎた人は、新しい職場に馴染みにくくなってしまいます。例えて言うなら、「色」は業種や会社によって違うため、第二新卒の染まりきっていない人材は非常に育てやすく重宝されるのです。

ただし、あくまでやる気や働く意欲のある場合に限られます。やる気のない人は、たとえ第二新卒の価値があってもその価値を見いだすことはできません。

 

第二新卒の価値は高いが、それなりに覚悟は必要。

第二新卒の転職事情はまだまだ明るいですが、それに甘えて意味のない転職は返って逆効果になります。

同じ状況になればすぐに退職する癖がつきますし、転職頻度が多いと「会社に馴染めない、続かない人」と思われてしまいます。また、転職に失敗しフリーターやニートになる第二新卒の人もいます。

そうならないためにも、第二新卒の転職事情をよく理解し、自分の中にきちんと軸を持つことが重要です。転職市場でも人気があるとはいえ、3年以内で辞めた人に対してやや厳しい目を向ける人も多いので、覚悟を持って転職に臨みましょう。

 







おすすめ記事一覧

1

現在、新卒での転職をする人は全体の3割にもなります。世間一般では新卒での転職は厳しいものとされていますが、一度リタイヤしてしまった人や辞めたくてつらいという人を応援する風潮も高まっています。 そこで新 ...

2

新卒で入社して、まだ数ヶ月や1年で転職ってできるの?と考えている方は多いです。僕自身も新卒入社してわずか1年で転職をしました。新卒で、早いうちに転職をしておいて本当によかったと思っています。 新卒で転 ...

3

転職活動を行うときって、在職中にするか退職してからするかによって日程調整などのスケジュール管理が大変ですよね。ましてや企業によっては平日のみ、面接や説明会などがあるところもあります。 しかし、それらス ...

-新卒の転職事情

Copyright© 入社1年目の転職 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.