新卒の転職事情

新卒がミスマッチで転職する原因と次で失敗しないための対策

新卒で入社した会社で「合わなかった」「想像していた仕事と違う」などのミスマッチを感じ、転職しようか悩んではいませんか。

入社3年以内に辞める新卒は全体の30%になり、転職する理由は「給料や労働環境」の次に多いのが「仕事とのミスマッチ」です。

このページでは、ミスマッチが起こる原因と、転職先でも同じ失敗をしないための対策をご紹介していきます。

新卒の就職でミスマッチが起こる原因

新卒の勉強・理解不足

新卒の就活活動では、やりたいことや自分に合う仕事を把握している人は少ないです。多くの新卒が、とにかく内定をもらうことを第一に就職活動を行うため、どんな仕事をするかきちんと理解しないで入社してミスマッチが起こります。

また、テレビドラマや漫画のイメージだけで就職し、良いところばかりしかみていないために起こるミスマッチも多いです。

その仕事の良いところと悪いところをきちんと理解しておらず、入社後にどんな仕事をするのかを考えないで就職し、ストレスや不安により辞めてしまうケースが多いようです。

企業側がいいとこばかり見せてしまう

入社後のミスマッチは、何も求職者だけが悪いわけではありません。

人手不足の現代では、人材確保のために企業側も採用活動には力を入れています。インターネット上の企業情報や過度なキャッチコピー、面接時においても学生に良いところばかり見せてしまうため、従者後のイメージと異なり、ミスマッチを起こしてしまいます。

新卒は社会人として働いたことがないため、イメージや話の内容だけで判断するしかありません。企業側ともそうしたやりとりができる機会も少ないため、両者のすれ違いによりミスマッチが起こる場合も少なくないのです。

 

新卒が転職先でミスマッチを起こさないための対策

学生が新卒で入社した会社でミスマッチを起こし、転職を考える人も少なくありません。今は「第二新卒」という立場があり、新卒の転職もしやすくなっています。

ただ、転職先でもミスマッチを起こさないためにも、しっかりと対策しておく必要があります。

仕事内容は同業他社でも確認する

あなたがやりたい仕事は、会社によっても内容が違う場合があります。

例えば「営業」といっても、相手は「個人」なのか「法人」なのか、営業スタイルは「ルート」なのか「新規開拓」がメインなのかで全然違います。

さらに業界が違えば、必要な知識も関わる人たちも変わってきます。一口にこの仕事がしたいと思っても、「どんな風に仕事を進めているのか」「どんなことを勉強しなければならないのか」「1日のスケジュールは」など、ミスマッチを防ぐためにも、どんな仕事内容かをしっかり把握して置かなければなりません。

企業と接する機会を増やす

企業とのミスマッチを防ぐには、転職活動時にもっと企業側と求職者が接点を増やし、ウソがないように話し合えることが理想です。

面接時に聞けることが一番ですが、採用してもらいたいこちら側としては、なかなか聞き出すことは難しいです。ましてや企業側もつらいことやデメリットを話すと、内定を出しても断られてしまう可能性があるため、難しいでしょう。

とはいえ、実際に働いている人や採用担当と話すことでわかることや、どんな人たちが働いているかを知ることができます。少し話してみるだけでも、転職でのミスマッチを防ぐことはできます。

面接では難しくても、セミナーやイベント会場などで機会を増やしてみることも大切です。

内情をよく知ること

企業の情報や仕事内容は、主にインターネット上の情報をもとにしていることがほとんどでしょう。

もちろん誠実に記載している企業もありますが、インターネットで記載された内容だけでは、「職場の雰囲気」や「働く環境」「人間関係」などはわかりません。

これらを知ることがミスマッチを防ぐためには最も有効ですが、転職サイトなどの情報だけでは難しいでしょう。

そういったときには、企業との密接な関わりがある「転職エージェント」を利用するとよいです。転職エージェントは企業の内部情報をしっかり教えてくれます。

たとえば、転職エージェントの「いい就職.com」では、実際に専任スタッフが企業に足を運び、具体的な業務内容、組織体制、社内の雰囲気、給与、待遇面などを調べた企業の求人だけを扱っています。

いい就職.com」は第二新卒向けの転職エージェントなので、転職に不安がある新卒をマンツーマンでサポートしてくれます。

こうしたサービスを上手に利用することで、新卒でも転職のミスマッチを防ぐことがえきるでしょう。利用はすべて無料なので、使わないだけミスマッチを起こす可能性が大きくなります。

 

新卒の転職でミスマッチを防ぐおすすめ転職エージェント

自分がどんな仕事がしたくて、どんな仕事内容なら苦じゃないのかをしっかり整理するだけでなく、求人情報を鵜呑みにせず、しっかりと内情を伝えてくれるサポートを利用することがミスマッチを防いでくれます。

ここでは、私が第二新卒で転職した際に利用していた転職エージェントをご紹介します。

いい就職.com

いい就職.com」は、日本で初めて「第二新卒」向けの転職支援サービスを行った転職エージェントです。

全国14万人が利用する国内最大級の第二新卒転職サイトで、「いい会社を探すより、自分に合ったいい就職」を心情に、現在では既卒や新卒採用にまで幅を広げています。

最大の特徴は取り扱う求人企業で、第二新卒であることを前提にして、正社員採用のみに限定して企業を厳選しています。

離職率の高い企業や働きづらい企業などはすべて受け入れず、徹底的にブラック企業を排除専門のスタッフが実際に足を運んで調べた、若手や第二新卒が働きやすい企業だけを提供してくれるため、転職者のミスマッチを防いでくれます。

第二新卒であること理解している企業だけなので、転職しやすいのもメリットです。

また、全国4拠点(東京・横浜・名古屋・大阪)で、「無料セミナー」や履歴書の書き方から面接・スキルアップ支援などの「転職サポート」を毎日開催しています。経営者や採用担当者とも話す機会があり、しかも全て無料で受けられます。

転職のしやすさと充実した支援は、新卒で転職することに不安がある人におすすめです。僕もココのエージェントさんにはお世話になりました。

公式サイト:いい就職.comの登録はこちら

第二新卒ナビ(ウズキャリ)

ウズキャリ第二新卒」は、内定率が83%を超える第二新卒専門の転職エージェントです。

1ヶ月平均20時間の手厚いサポートが特徴で、書類通過率87%を超える独自の強みを伝える書類の書き方や、求人企業ごとにカスタマイズされた面接対策を無制限で行ってくれます。また、サポート体制は個別形式か集団で行うスクール形式を選ぶこともできます。

担当するキャリアカウンセラーは全員が元既卒・第二新卒なので、同じ経験をしてきた人だからこそ、教えられることやアドバイスなどで失敗しない転職をサポートしてくれます。

また、自社で独自の判定基準を設けており、基準に満たない企業やブラック企業を徹底排除しています。そのため、就職後の定着率は93%以上をキープしており、就職・転職をした人はミスマッチ等も少なく、安心して働いています。

自分が受けたい企業の「ブラック企業判定」も行ってくれます。

公式サイト:ウズキャリ第二新卒の登録はこちら

JAIC(ジェイエック)

JAIC(ジェイック)」は、厚生労働省より「職業紹介優良事業者」として認定された転職エージェントです。もともと企業や営業マンに研修事業を行っていたため、就活講座や面接会などの就職・転職支援が充実しています。

未経験から正社員への就職成功率は80.3%を越え、就職後も支援してくれるフルサポートを提供しています。ビジネスマナーや履歴書の書き方、面接や自己PRなどの入社後に役立つこともしっかり学ぶことができるため、スムーズに入社できたという人も多いです。

「未経験でもじっくり育てていこう」という優良企業だけを扱い、企業担当者が内情までしっかり教えてくれます。一度リタイヤしてしまった人や、転職先の企業では失敗したくないという人におすすめの転職エージェントです。

サービスは東京・神奈川・千葉・愛知・大阪・福岡・宮城・広島・熊本と関東圏〜九州地方まで対応しています。

公式サイト:JAIC/ジェイックの登録はこちら

こちらの記事もおすすめ