職種

第二新卒の未経験から「SE」に転職する方法と成功の秘訣!

更新日:

Pocket

 

未経験でも「SE(システムエンジニア)」を目指す人は少なからずいるでしょう。IT関係の仕事がしたい!システムエンジニアとして活躍したい!と胸に秘めた思いがあるのではないでしょうか。

けれど、「新卒で未経験でも転職はできるのか」「異業種での転職でなんのスキルや経験もない」。こういった技術系の仕事は経験を求められる場合がほとんどですが、第二新卒だからこそ挑戦できる道もあるということも知っておいてください。

 

SE(システムエンジニア)の仕事

PCやアプリに作業をさせるための命令書はプログラムと呼ばれ、プログラミングを行い命令書を作成すのが「プログラマー」という仕事です。

しかし、そのプログラマーは、設計図がなければどんなプログラムを作ればいいのかわかりません。このプログラムの設計図を作成して指示を出すのが、「システムエンジニア=SE」なのです。

SEの主な仕事は、企業などから(セキュリティなどの)どんなシステムを導入・構築したいのかを依頼を受けます。その依頼に対して打ち合わせをし、依頼をまとめた書類を作成、プログラマーとともに設計図・アプリやシステムを作成していきます。

また、他の部署や企業で使うPCやネットワークの管理、外部ソフト製作会社への依頼などの窓口をしたりもします。

SEは、同じPCを扱う仕事の中でも、常に「人」と向き合っている仕事です。プログラマーは常にPCと向かい合い、ソフトやシステムを構築・作成していきますが、SEは顧客と向き合い、要望を聞き出したり依頼主のイメージを具現化することを主とします。

 

SEに向いている人、転職で活かせる職種

SEに向いている人は、人と接するのが好きな人の方が最近では向いている傾向があります。

SEの大事な仕事は、依頼主の意見や望みを噛み砕き、それをプログラマーに伝えることです。依頼主に寄り添って接することで、要望に答えるシステムやソフトを提供する。

プログラマーなどのPCに向かって仕事をする人の多くは、どちらかというと内向的で人と話すことが得意ではありません。そのため、依頼主と制作側をつなぐSEには、円滑なコミュニケーションができる人が求められるのです。

転職前の業種では、「営業」をしていた人はその経験を活かせることでしょう。

また、SEをしている友人に聞いたところ、「数字が好きな人」も向いているそうです。矛盾した答えになりますが、協力してシステムを作る制作側に寄り添えることも重要な要素ということですね。

 

SEは文系出身や未経験からでもなれる?

以前までは、基本のプログラムを一から作成しなければならなかったため、SEは理工系の技術者に限られていました。しかし、基礎ができて、その技術を応用する時代になった現代では、多くの文系出身者も活躍しています。

その背景には、技術力よりも企画力や発想力が求められるようになったからです。顧客の要望を具体的に引き出し、よりイメージに近いもの・顧客が満足のいくものを提供することの方が難しく、円滑な人間関係がなければできないからです。

さらに、プログラムを組み立てる作業は、1年間みっちりと仕事を通して学べば身につくようになったことも影響しています。SEになるための資格もないため、新卒の未経験や文系からでもなることができます。

転職を有利に運ぶためにも、「一ヶ月の短期集中で学べるスクール」のようなところもあるので、スキルや技術を習得しておくのもいいですね。

 

 

SEに転職するなら

未経験でも、第二新卒として若手を欲しがる企業はたくさんあります。

近年、SE(システムエンジニア)は重要が高まり、未経験でも若手を募集する企業は多いです。入社してから研修を行い仕事を学んでいけるため、未経験でも転職をした人はたくさんいます。独学やスクールで勉強し入社した人もたくさんいます。

何より「異業種への転職がうまくいく3つのポイント」でも述べていますが、未経験の転職ならなるべく早い方がいいというのが第一です。若くフットワークの軽いうちの方が、SEとしての技術や知識をたくさん吸収しやすいからです。

新卒でも異業種への転職をしたいなら、転職エージェントと共に進めることをおすすめします。業界の情報や持っている求人も、第二新卒を受け入れる企業ばかりを扱っているのが特徴です。まずは、情報収集から始めてみてはいかがですか?

⇒新卒の転職でおすすめの転職エージェントはこちら!

 

第二新卒として「SE(システムエンジニア)」を目指すあなた、「新卒だから」「未経験だから」と尻込みする前に、その仕事内容をもう一度確認し、自分の気持ちを再確認してください。

新卒でも未経験でも関係ありません。最後は、あなたの思い一つと努力次第なのですから。

 







おすすめ記事一覧

1

現在、新卒での転職をする人は全体の3割にもなります。世間一般では新卒での転職は厳しいものとされていますが、一度リタイヤしてしまった人や辞めたくてつらいという人を応援する風潮も高まっています。 そこで新 ...

2

新卒で入社して、まだ数ヶ月や1年で転職ってできるの?と考えている方は多いです。僕自身も新卒入社してわずか1年で転職をしました。新卒で、早いうちに転職をしておいて本当によかったと思っています。 新卒で転 ...

3

転職活動を行うときって、在職中にするか退職してからするかによって日程調整などのスケジュール管理が大変ですよね。ましてや企業によっては平日のみ、面接や説明会などがあるところもあります。 しかし、それらス ...

-職種

Copyright© 入社1年目の転職 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.