新卒の転職事情

新卒で転職することは本当に「甘え」や「逃げ」なのか?

今の職場にいることがつらい」「自分のやりたいことはここにはない

そういった理由で、新卒で入社した会社を1年目で辞める人が増えていますね。世間一般では、新卒で転職することは社会に対する甘えや逃げと捉えられることがほとんどです。

しかし、新卒で転職すること全てが本当に甘えや逃げなのでしょうか。

当時僕も「たった1年で退職するなんて甘えている」「逃げ出したいだけなんじゃないか」と当然のように自分へ問い詰めました。

実際、僕は新卒で入社した会社をわずか1年で転職しましたが、たとえそう思われても大きな決断をして一歩踏み出すことは、甘えでも逃げでもなく、とても大切なことだと学びました。

この記事では、新卒が転職することが本当に「逃げ」や「甘え」なのかを解決しながら、大切な心構えを解説していきます。

職歴が短い20代や、新卒の転職で悩む人の救いとなれば幸いです。

甘えや逃げだと思うことは真面目な証拠

「仕事辞めたい」という気持ちの裏には、様々な思いや考えが葛藤している場合がほとんどです。

辞めても次の仕事が見つかるだろうか、まだ新卒なんだし頑張って仕事を覚えるべきだろうか、今の職場で何を言われるだろうかなど、挙げたらキリがありません。

でも、あなたが仕事を辞めたいと思って踏みとどまっているのは、実は仕事や社会というものに真剣に向き合っているからです。

どうでもいいと考える人は、少なからず周りのことも気にせず、後先考えずに辞めていきます。それも正解ですが、新卒で辞めることを甘えや逃げと捉えるあなたはとても真面目な証拠です。

ただ先を考えずに突発的な気持ちだけで辞めてしまうのは逃げかもしれませんが、先を見据えて行動することは逃げでも甘えでもないということを覚えておきましょう。

 

甘えや逃げだと思われて当然だと理解する

世間一般では、新卒で入社した会社をわずか数ヶ月〜1年程度で辞めてしまうことは、あまり良いイメージを持たれないことを覚悟しておきましょう。

実際、僕も「たった1年で何がわかる」「そんなことじゃ辞めグセがつくぞ」「社会はそんなに甘くない」と言われたことがあります。悔しいですが、これは正論です。

石の上にも三年」という言葉がありますが、事実入社してから2〜3年は働かなければ仕事のことや会社のことを本当の意味で理解することはできません。

それは3年以上勤めた人間にしかわからず、それを知っている上司や会社の人間からすれば、新卒の転職など社会を甘く見ていると思われて当然です。

特に最近よく見る新卒社員は、自分の都合が合わなかったり、嫌なことがあればすぐに辞めてしまう傾向が強いです。

昔というか、以前まではそんなことがあまりなく、まさに「石の上にも三年」のように育ってきた人たちが作り上げてきたものが今の会社であるため、新卒で転職することを甘えや逃げだと思うのは仕方のないことなのです。

だけど、甘えや逃げだと思い込んでしまうことは真面目な証拠でもあります。きちんと社会と向き合い、理解しようとしている自分がいるだけ良いことです。

 

辞めたければ辞めてもいい。でもそれは、全部自分の責任。

新卒で転職を考えているのであれば、当然周りの言葉や社会の目が気になります。

けれど、自分の人生をどう生きるかは自分次第です。辞めたければ辞めればいいし、転職したいならすればいい話です。

あなたの人生ですから、あなたの好きに生きていいんです。周りの言葉は関係ありません。周りに嫌われたくなくて、評価されたくて自分が嫌だと思うことを続けるんですか?

確かに、正論としか言えないことを言われるでしょうし、投げかけてきます。

しかしそれは、あなた自身のために言われていることでもあるのです。世間では正論とされていることよりも、あなたの覚悟があるかという問いでもあるのです。

自分が辞めたい気持ちや転職したい意志は、周りに否定されたら諦めるほどのものなのでしょうか。

わずか1年で辞めることも、転職をすることも全て自分の責任です。誰も助けてはくれません。自分で決めたことであれば当然です。

新卒で転職する道がたとえ厳しいものだとしても、それを背負う覚悟と自分の強い意志がありますか?

本当の甘えというのは、自分の意志を持たずにただ流されて生きていくことです。

関連記事:新卒だから転職できない?迷うあなたの決意を引きだす10の質問!

 

新卒で転職をすること全てが甘えや逃げではない

新卒入社した会社を1年目で辞めてしまうことや、転職をすること全てが「甘え」や「逃げ」とはいえません。

自身の経験でもありますが、面接官をしていても感じたことでもあります。

ただ会社が嫌でする転職は逃げになりますが、あなたにやりたいことがあって、周りに非難されてもその目的に近づこうとする転職には意味があります。

早期退職や新卒で転職をする人の中には、きちんと目的があって行動する人がいます。

自分の理想とする人生があって、自分のやりたいことがはっきりしている。そういった目的のある早期退職・転職は甘えでも逃げでもなく、自分の人生を生きる強さです。

ただ、それを行動に移す勇気と覚悟があるかです。

全ては自分の責任、覚悟を持って行動すること。それがきちんとわかっているのであれば、決して甘えでも逃げでもないと僕は思います。

 

前向きでも後ろ向きでもいい、一歩を踏み出す。

同世代や同じ新卒入社の中には、会社に属さず夢を追う人や、早々に転職をして自分のやりたいことをしている人たちがいますよね。

中にはただ逃げてきたような人もいますが、前者の人たちはきちんと自分の中に軸を持っています。

自分が思った通りの人生が生きられなくてもそれを実現しようと必死に努力している人や、目標に向かってまっすぐに突き進む人がいますよね。そういった人たちはとても生き生きしていて、輝いて見えるものです。

それは、覚悟を持って自分の気持ちに向き合ったからです。

今を変えようと行動を起こしたから、変わる未来があります。怖くて前に進めない時には、きっかけをつかむために転職活動をしてみる方法もあります。

転職をすることで苦労をすることはありますが、それは今の会社にいてもつらい思いや苦労をするのと同じです。辞めても辞めなくても後悔はありますし、つらいこともあります。

だったら、覚悟を決めて人生の第一歩を踏み出してみてもいいんじゃないですか?

今のうちにしかできないことがありますし、30代、40代となっては動くに動けなくなります。どう動くは自分次第です。何事もやってみないとわかりませんから。

>> 今を変えるきっかけをつかむ!転職で失敗しないための準備マニュアル

 

行動することが大事!自分に甘えないために。

世間で「甘い」だとか「逃げ」だと言われても、それでも行動していくことが「甘え」からの脱却です。

僕から言わせてもらえば、毎日不平不満を言いながら何も行動しない人たちの方がよっぽど甘えています。行動することで見える未来やリスクから逃げているのは、いったいどちらでしょうか。

もちろん、きちんと意志や考えがあって続けている人はすごいと思いますし、尊敬もしています。しかしそういった人たちは文句や不満を言いません。だからかっこいいのです。

本当の「甘え」というのは、何も行動せずに逃げることです。

毎日少しずつでも、変わるための行動をしていくこと。

転職する決意ができたのなら、計画を立てて行動に移していきましょう。それにはまず「情報収集」。転職サイトやエージェントに登録して、相談してみてもいいですね。

初めての転職だから慎重に、一つ一つを大事に行動していきましょう。転職サイトや転職エージェントは、それぞれ扱っている求人に違いやアドバイザーとの相性がありますので、複数を利用してみるといいでしょう。

新卒1〜2年目の第二新卒におすすめの転職エージェントを教えよう!現在、新卒での転職をする人は全体の3割にもなります。世間一般では新卒での転職は厳しいものとされていますが、一度リタイヤしてしまった人や辞...

関連記事:第二新卒が転職エージェントに良い企業を紹介してもらうコツ!